企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

内定辞退について

入社予定の2ヶ月前に内定をいただき、入社前日に内定を辞退いたしました。入社にあたり入社書類をいただきましたが、入社しないと決めたため、書類すべて捨ててしまいました。書類はすべて返却してほしいとのことで、先方に捨てたことを話ましたが、損害賠償責任の可能性があると話をされました。一般的に入社時に求められる誓約書、身元保証書、雇用契約書等です。他に資格証明書や保育園等の証明書も先方の会社に依頼し作成していただきました。勝手ながら損害と思われるのは郵送代とコピー用紙代、証明書の写真代と思うのですが、如何でしょうか。勝手な行動で迷惑をかけてしまったことは後悔しています。

投稿日:2020/10/23 13:48 ID:QA-0097746

uvさん
山形県/保安・警備・清掃

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、やはり事前に処分を約していなければ返却されるのが妥当な措置といえます。

通常であれば深く陳謝される事で解決になるものと思われますが、話がこじれるようでしたら軽度の要求であれば応じられるのが妥当といえるでしょう。但し余りに過剰な要求をされるようであれば、安易に応じられることなく弁護士にご相談される事をお勧めいたします。

投稿日:2020/10/24 22:45 ID:QA-0097764

回答が参考になった 0

人事会員からの回答

オフィスみらいさん
大阪府/その他業種

損害賠償を求める場合、どんな損害がどれだけ発生したのか、損害額はいくらになるのかは、求める側(企業側)が立証しなければなりません。

今回、損害賠償責任の可能性を示唆されているのが、ご相談者様が入社前日に入社を辞退したことに対してなのか、あるいは、返却書類を破棄したことに対してのみなのかはハッキリしませんが、少なくとも採用内定後に内定者が一方的に辞退するということは、契約不履行ということになります。

したがって、採用内定に至るまでの間のリクルート費用等の負担を考えると、内定を一方的に辞退された場合、企業が掛けたこれらの費用は無駄になり、これらの損害の賠償請求をしたいと考えることにも一理はあります。

内定者による一方的な解約が、その時期、理由等によっては、解約権の濫用であると評価されるような場合は、採用内定者による解約が違法であるとして損害賠償請求することも理屈上は可能でしょうが、この場合であっても損害の範囲ないしその実損額が問題となり、せいぜい、採用内定の解約により必要となった新たな採用のための費用などが損害として認められるに過ぎないでしょう。

一方で、単に返却を求められた書類を破棄したという事実に対してのみの請求であれば、実損額を算定するのは、非常に困難であるといわざるを得ず、郵送代とコピー用紙代、証明書の写真代が損害にあたるかどうかは判断のしようがありません。

勝手な行動で迷惑をかけて後悔しているということであれば、丁寧にお詫びをするのが得策かと存じます。

投稿日:2020/10/26 07:42 ID:QA-0097783

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
入社式と入社日は違う日でもよいのか?
たとえば3/30に入社式を行い、しかし入社日は4/1としたいのです。 保険の適用等も4/1からにしたいです。 可能でしょうか?
内定式と入社式の同時実施について
人事の方にご相談です。 本年度より入社の時期(10月・4月)を2回分けるようにしようと思いまして、そうなると10月に入社式と内定式が重なるようになります。 いまだかつて、内定式と入社式を同時に進められた企業は ありますでしょうか。 どちらとも、祝いの席ではあるのでおかしくはないかなぁとは思うので...
出向者の入社祝い金について
毎月の給与はもちろん出向先が負担しますが、入社祝い金については出向元に入社した人の場合でも 出向先が支払わないといけないのでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
関連する書式・テンプレート
この相談に関連する記事
  • 「今ならまだ引き返せる」入社前対応の難しさ
    4月は新入社員研修の季節。せっかく新人研修を行うなら、同時期に入社する中途採用人材の研修も併せて行いたいと考える企業は珍しくない。さらに一歩踏み込んで、「もうすぐ入社する人材」の研修まで一緒に行いたい、と考えるところもある。しかし、これが意外に大きな問題へと発展してしまうケースがある――
  • 人材紹介会社のフォロー範囲
    人生の大きな決断である転職。転職先で企業文化の違いに驚いた、場合によってはカルチャーショックさえ受けた、という話は珍しくない。早期退職を防ぐため、入社後も転職者をフォローする人材紹介会社は多いが、人事は採用した社員に人材紹介会社とつながりを持ってほしくない、という気持ちが強いようで――。
  • 配属先を意識して選考を行っている企業ほど、社員の活躍割合が高い
    人事担当者に「新卒の選考に際して、入社後の配属を意識しているか」「入社後の活躍割合」を聞いた。それらの相関関係を探ると、配属先を意識して選考を行っている企業ほど、社員の活躍割合が高いことがわかった。
あわせて読みたいキーワード
内定ブルー
「内定ブルー」とは、企業から内定を得て、就職活動に区切りがついた学生が、内定式の前後などに、「本当にこの会社でよかったのか」「この会社で活躍できるのか」といった不安や迷いに苦慮している状態を表す言葉です。結婚を控えた花嫁が漠然とした不安感に襲われる「マリッジブルー」になぞらえて、「内定ブルー」と呼ば...
配活
就職活動で内定を得た学生がそこで活動を終了せず、入社後希望通りに配属(職種や部署、勤務地など)されるよう企業研究を続けたり、さまざまな機会をとらえて内定先にアプローチしたりすることを配属活動、略して「配活」と呼びます。若者の労働観、就労観を反映した新しい動きとして注目されています。 (2013/8...
新卒切り
深刻な就職難をくぐりぬけて入社したばかりの新入社員が、上司からの理不尽な要求や、パワーハラスメントなどを受けた上で自主退職を迫られるケースが増加。「新卒切り」と呼ばれ、「派遣切り」「内定取り消し」に続く社会問題として注目されています。 (2011/2/14掲載)

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援 会社の法律Q&A
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/26
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


管理職1年生日記 (第2回)

管理職1年生日記 (第2回)

営業課長へと昇進し、当初は個人目標がなくなったことへの戸惑いを見せたA...