企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

歩合給の割増賃金の計算方法

いつもお世話になります。

例えば、固定給与が17万円で1月平均所定労働時間が170時間の場合、
170,000円÷170時間=1,000円が1時間あたりの賃金となり、

そして、この社員が所定労働時間168時間の月に12時間の残業があり、歩合給が36,000円だった場合、

◆固定給の割増賃金
1,000円×割増率1.25×時間外労働12時間=15,000円

◆歩合給の割増賃金
歩合給36,000円 ÷ 総労働時間180時間(168時間+12時間=180時間)×割増率0.25×時間外労働12時間=600円

◆割増賃金額

15,000円+600円=15,600円

となりますが、歩合給の割増率が125%でなく、25%になる点について、「出来高払制等による場合、時間当たり賃金、すなわち1.0(100%)に該当する部分は、既に基礎となった賃金総額に含まれているから」(昭23.11.25 基収第3052号)という記述がネット検索しているとみられます。

これはどういった意味か教えていただけないでしょうか。

上記例で言えば、時間当たり賃金1,000円の部分は固定給の割増賃金を計算する際、「1.25」と「時間外労働時間12時間」に乗じていますので、

歩合給部分は「0.25」と「時間外労働時間12時間」に乗じるだけでよいということでしょうか。

よろしくお願いします。

投稿日:2020/09/01 20:50 ID:QA-0096330

newyuiさん
神奈川県/その他業種

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、挙げられた行政通達の意味につきましてはご認識の通りです。

すなわち、固定給の計算で既に基本賃金部分(×1.0)は計算済みですので、歩合給に関しましては割増部分のみの計算をされる事になります。

投稿日:2020/09/02 09:46 ID:QA-0096352

相談者より

いつもお世話になります。
大変参考になりました。
ありがとうございました。

投稿日:2020/09/02 10:55 ID:QA-0096359大変参考になった

回答が参考になった 0

人事会員からの回答

オフィスみらいさん
大阪府/その他業種

月に180時間労働(所定労働時間168時間で12時間が時間外労働)して、36,000円の歩合給を得た場合、この労働者は36000円の歩合給を得る為に180時間を費やしたことになりますね。

だから、1時間当たりの賃金単価は36,000円÷180時間=200円となります。

そして次に、この180時間のうちには、12時間の時間外労働が含まれているわけですから、当然12時間分の割増賃金を支払う必要がありますが、時間外労働部分に対する通常の賃金、つまり、割増賃金として支払うべき通常賃金の1.25倍のうち1.0倍の部分は、すでに歩合給の賃金総額である36,000円の中に含まれて支払われていることになっていますので、(180時間の労働に対して36,000円が支払われている)時間外労働の12時間分に対しては0.25を乗じた割増賃金のみを支払えばよいということになるんです。

再度、分かり易い数字に置き換えて説明しますと、

例えば労働者がある日10時間労働(1日の所定労働時間が8時間で2時間が時間外労働)して10000円の歩合給を得たとします。

この場合、この労働者は、10000円の歩合給を得るのに10時間を費やしているわけですから、1時間当たりの賃金単価は、10000円÷10時間=1000円となりますね。

この10時間の内の2時間の時間外労働に対しては当然割増賃金を支払う必要があるわけですが、この時間外労働部分に対する通常の賃金、すなわち、割増賃金として支払うべき通常賃金の1.25倍のうちの1.0倍の部分は、すでに歩合給の賃金総額である10000円の中に含まれて支払われているんです。

つまり、10時間の労働に対して10000円が支払われているということですから、時間外労働の2時間分については、0.25を乗じた割増部分のみを支払えばよいということになるんです。

あまり難しく考える必要はありません。

こういう計算方法を採るんだということをよく理解しておいてください。

投稿日:2020/09/02 10:02 ID:QA-0096355

相談者より

ありがとうございました。

投稿日:2020/09/02 14:50 ID:QA-0096377大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
週40時間超えの休日賃金について
現在、当社では40時間を超えた部分の割増賃金をクラウドソフトを使用して管理しているのですが その際に月~日まで勤務した際に16時間の割増賃金を払う計算になるのですが、日曜日には休日割増を支払った上で40時間超えの割増を払う必要があるのでしょうか? 休日賃金を払えば割増は支払う必要が無いと見たことは...
割増賃金について
割増賃金の対象に住宅手当は含まれないと言われていますが、仮に住宅手当が全社員に支給されている場合、割増賃金の計算の対象に入れるべきなのでしょうか?
昭和63年 基発第150号について
いつも大変お世話になっております。 さて表記18-03「割増賃金の計算における労働時間の端数処理 」の中で「(3)1か月における時間外労働、休日労働、深夜業の各々の割増賃金の総額に1円未満の端数が生じた場合」とあります。 これは①「時間外労働における割増賃金+休日労働における割増賃金+深夜業にお...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
みなし残業制度
「みなし残業制度」とは、あらかじめ一定の残業代を給与に入れておく制度で、固定残業制度とも呼ばれます。企業と従業員の双方にメリットがある仕組みですが、正しく運用しなければ、労使間のトラブルや法律違反に発展することがあるため、注意が必要です。
残業
残業とは、既定の勤務時間を超えたあとも残って仕事をこなすことであり、超過勤務とも呼ばれます。働き方改革が進み、日本の労働環境は大きく変わろうとしています。2019年4月からスタートした「時間外労働の上限規制」に対応するため、各企業は残業に代表される長時間労働の問題を早急に解決しなければならない状況に...
ラッカープラン
「ラッカープラン」とは、企業が創出する付加価値を基準にして従業員の賃金総額を決定する手法のことです。米国の経営コンサルタントであったアレン・W・ラッカーによって提唱されました。企業の付加価値と人件費総額との間にある高い相関関係に着目して賃金総額を管理するのがラッカープランの考え方で、付加価値に標準労...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/27
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。