企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

派遣スタッフからの苦情につきまして

弊社はとても小さな人材派遣会社なのですが、今回派遣先さまでコロナの影響もあって人員の整理の依頼があり、1部の弊社派遣スタッフに対して契約任期の更新をしない旨の連絡が入りました。弊社では残念ではありますが雇い止めとなる事を弊社派遣スタッフに伝えましたところ、「なぜ私だけなのか」「派遣先で私だけが嫌がらせや差別されて嫌われていたからなのか」「不当解雇だ」と本人から申し入れがありました。
派遣先さまとのお取引は長く、今まで勤務先でそのようなクレームが発生した事はありません。実際派遣先の担当者やそこで勤務している派遣の方にも実態の確認をいたしましたが差別、嫌がらせなどの業務上の問題点は確認できませんでした。逆に派遣先でそのスタッフからのお金の借り入れのお願いなど、弊社のスタッフに問題がある事もわかってまいりました。スタッフと弊社との関係はわりと良好でして、本人の怒りは派遣先へ大きく向いている状況です。派遣先さまは弊社といたしましては大変大口で、このままですと派遣先さまと弊社の良好な関係に大きな問題が生じる可能性が大きいと判断しております。
労働者保護の観点から派遣先さまへの労働問題の有無のインタビューや次の就業先の検索など、ことの事態を穏便に収めるための対策を講じているつもりなのですが、スタッフは「派遣先の社長へ苦情の電話を入れる。会社に乗り込む」などと言い出しております。
今回、私も弊社担当営業と派遣先へお伺いし、ことの状況の確認と現状のご説明にあがりましたが、派遣先さまも現在ではかなり立腹の状態となってきております。お尋ねしたいのは

派遣スタッフに対して派遣先さまへのいわれのないクレームはやめてほしい。
やめてもらえない場合はこちらも営業妨害?などで争わなくてはならない。

このような事を派遣スタッフへ派遣元として伝えいいものなのかが知りたいです。今回の問題の起きている派遣先さまは、弊社の派遣事業部の売り上げの多くを占めており、派遣先さまへのご迷惑となる事は厳に控えたいと経営をする側といたしましては考えております。スタッフに対しては穏便に粘り強く交渉をして参りましたが、いかが対応をすれば良いのか困惑しております。
どうぞよろしくお願いいたします。

投稿日:2020/08/26 05:36 ID:QA-0096079

希望匿名さん
東京都/人事BPOサービス

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

話し合い

>スタッフと弊社との関係はわりと良好
とありますが、一方で
>派遣先でそのスタッフからのお金の借り入れのお願いなど、弊社のスタッフに問題がある事
とはどういうことでしょうか。関係性とは、問題行動が起きないような管理も含めてビジネス上良好でなければ意味がありません。単に表面的な関係であれば、本来果たすべき指示ができていなかったとも考えられます。
また顧客への直談判など言語道断であり、スタッフがこの後他社で本当に稼働できるのか、再度検証が必要なのではないでしょうか。
極端な性格など、話し合いが難しい問題児の場合は、一方的な申し伝えではなく、事情を聞く態度で、一方の問題行動や顧客を失うリスクなど説明して納得させるしかないでしょう。最悪は顧客を取るかスタッフを取るかまで考えておく必要もあるかも知れません。慎重かつ確実に説得を進めるべきと思います。

投稿日:2020/08/26 12:24 ID:QA-0096095

相談者より

つまりは、労働者の問題行動について、根気よく説得し続けるしかないということでしょうか。単純に派遣元を困らせてお金をせびる型のクレームへの対応と言う事ですね。まだ具体的にせびられてはおりませんが、多分そういうことなんだと感じております。
派遣先か、スタッフかどちらかを選択しなければならない
ここは、よくわかりません。
派遣先さまは大口のお客さまですから選択から外すことはできません。スタッフの方に対して落とし所(金銭)をみいだすだけなのかなと、再認識いたしました。
質問は、そのスタッフが派遣先さまへわたしたちを飛び越して過度な苦情の申し入れをした場合に、最悪こちら側も法的手段を取らざるを得ないですよ。とお伝えしてよいかどうかでした。

投稿日:2020/08/26 17:47 ID:QA-0096117参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

1.コロナ過での人員整理ということであれば、派遣元としては、派遣契約に基づいて、休業手当等が発生すれば、その分の損害賠償請求をするのが通常です。

2。派遣スタッフの苦情については、派遣元責任者、あるいは派遣元の苦情処理担当者がよく聞いてあげることです。その上で、内容により、派遣先に確認したり、派遣スタッフがやってはいけない言動については、会社の就業規則を根拠に説明してください。

投稿日:2020/08/26 16:42 ID:QA-0096111

相談者より

ありがとうございます。
休業補償については、弊社の顧問社労士からも進言をいただきました。このあたりを材料に話し合いを深めていきたいと考えております。

投稿日:2020/08/26 17:52 ID:QA-0096118参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
職場での派遣料公開について
スタッフより相談があったのですが、派遣先で派遣先社員が「あなたの派遣料知ってる?」「凄く高いんだよ」と具体的な数字は出していませんが、スタッフとしては「高い派遣料を払っている分、働け」と言っているように捉えています。 このような派遣先の行動は、そもそも許される事なのでしょうか。 派遣先へ、そのような...
派遣先での業務についての教育について
お世話になります。 弊社から派遣をしているスタッフに他社から派遣されているスタッフへの教育を派遣先から強要されています。こういう事態は違法状態ではないのでしょうか?対応に苦慮しており、ご教示頂けると幸いです。 どうぞ宜しくお願い致します。
社会保険
お世話になります。 現在弊社に派遣されているスタッフで労働時間が弊社スタッフの3/4以上の方で社会保険に未加入の方が数名おります。(いずれも外国人のスタッフ) 社会保険等は派遣元が管理すべきものだと考えてはいるのですが、加入を促すよう派遣元に依頼すべきなのか迷っております。 ご意見よろしくお願い致し...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 派遣スタッフへの対応
    派遣スタッフに気持ちよく働いてもらうために心掛けておくこと
  • 派遣の終了・更新・解除の実務
    スタッフの雇用安定措置にかかわる法律を把握した上で、講ずべき対応とは
  • 6. 人材派遣会社の選び方と契約
    人材派遣サービスを利用する場合に企業は、派遣開始から終了までの期間、派遣会社と継続的に良い関係を保っていかなくてはならない。長期的な関係が前提となる人材派遣会社を選ぶ際には、細かい気配りをしてもらえそうかどうか、つきあいやすい会社かどうかなどを、じっくり見きわめていく必要がある。
あわせて読みたいキーワード
紹介予定派遣
労働者派遣事業と職業紹介事業を組み合わせたもので、派遣先と労働者との雇用関係斡旋(職業紹介)を予定した派遣です。派遣期間中に派遣先企業は労働者の能力を見きわめ、労働者は自分に合う仕事かどうかを判断して就職できるメリットがあります。
労働契約申込みみなし制度
「労働契約申込みみなし制度」とは、派遣先企業が違法派遣と知りながら派遣労働者を受け入れている場合、違法状態が発生した時点から、派遣先が派遣労働者に対して直接雇用を申し込んだものとみなす制度のことで、「みなし雇用制度」ともいわれます。申込みの実体がなくても、自動的に派遣先が派遣労働者に対して労働契約の...
特定目的行為
「特定目的行為」とは、労働者派遣契約の締結に際して、派遣先企業が派遣労働者を特定することを目的とする行為のことで、労働者派遣法26条7項により禁止されている違反行為です。具体的には、労働者派遣に先立つ事前面接や履歴書の送付要求、性別や年齢による派遣労働者の限定などが、これに含まれます。派遣法が特定目...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援 会社の法律Q&A
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/26
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


異文化対応と自己表現を重視した「英語教育」が<br />
真のグローバル人材を生み出す

異文化対応と自己表現を重視した「英語教育」が
真のグローバル人材を生み出す

多くの日本企業がビジネスをグローバルに展開していますが、海外での日本企...