企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数15098件   回答数32466

社員教育

社員教育の一貫として電話対応等のマナー講習を考えております。出張研修をおこなっている会社を教えて頂けないでしょうか。
よろしくお願い致します。

  • *****さん
  • 神奈川県
  • 情報サービス・インターネット関連
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:育成・研修
  • 投稿日:2007/07/11 16:16
  • ID:QA-0009054

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2007/07/17 10:29
  • ID:QA-0009105

堤 由紀子
ヒューマンキャピタル総合研究所 主任

電話応対研修(クレーム応対)によるCS向上研修が得意です

初めまして、株式会社クイックの堤と申します。

弊社は電話対応等のマナー講習をはじめとした研修を、出張と公開コースと両方で提供させていただいております。

電話応対は企業の印象を左右する重要なものです。
弊社の研修では、電話応対を録音できる研修機材を使用して、実際に自分の声を聞いていただき、実践トレーニングを行います。
特にクレームを顧客満足に繋げるような対応の研修を得意としております。

ご興味がございましたら、一度ご連絡いただければと思います。

  • 投稿日:2007/07/17 10:29
  • 相談者の評価:参考になった

 

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2007/07/18 16:11
  • ID:QA-0009134

この回答者の情報は非公開になりました

【社員教育】

ご担当者様

はじめまして。株式会社イプセの水戸大介と申します。よろしくお願いいたします。

弊社の電話対応マナー研修では、マナーはもちろん、それが組織の中でいかに重要か
という点を含めて、電話対応の重要性を理解してもらう研修です。

というのも、言葉遣いが丁寧であっても、機械的では印象はよくありません。
ご担当者様も、そのような電話対応を経験されたことは何度もあるかと思います。

そうではなく、電話対応であったとしても、直接のお客様対応となんら変わりありません。
そういった、サービスの視点を持って教育することにより、突発的な問題にも対応できる、
応用力のある電話対応ができるようになります。

そのようなコンセプトを持った電話対応マナー研修ですが、ご興味がありましたら、
一度、ご相談ください。お付き合いいただけるかどうかは別として、お話しする中で、御社にとって、何が大切かが明確になると思います。

また、何か資料等ご希望でございましたら、ご郵送もさせていただきますので、おっしゃってください。
(もちろん、無理な営業は一切ありませんのでご安心ください。)

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
社員教育研修費の年間平均額はどれくらい
日本における従業員一人当りの年間社員教育研修費は会社規模にもよると思いますがどれ位か教えて下さい。また、関連サイトがあれば合わせてお願いします。
新人教育担当者(OJT)の教育
はじめまして。 4月からの新人教育担当者の教育についてお聞きしたいと思います。 弊社は、ようやく社内教育を始めた小さな会社です。 まだ、定期的には多少の新人研修しか行えていません。 3年目ですが、新人だけを教育しても現場に行くと挨拶などもなくなってしまいます。 新人教育担当者への教育について何か...
契約社員就業規則の同意をもらう社員の範囲について
質問いたします。弊社では現在社員300名、うち10名が契約社員です。このたび契約社員就業規則を改正するにあたり、同意をとろうと思います。その際同意をとる社員は契約社員だけでいいのでしょうか。もしくは全社員の方がいいのでしょうか。ちなみに、正社員を対象とした就業規則を改正する場合、全社員を対象に同意を...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 近年の新入社員教育(研修)の傾向と課題
    ここでは、新入社員の気質、経営環境の変化に対応した新入社員教育の必要性、採用活動から配属後フォローまで一貫した体制作り、など近年の新入社員教育(研修)傾向と課題を整理する。
  • 新入社員教育(研修)とは何か?
    新入社員教育(研修)は内定者フォローの後、4月入社前後に実施される。これまでの学生という消費者の立場から、生産者としての社会人となることに伴い、まずは意識の転換を図り、会社組織において職務・業務を遂行する上で必要な基本的な知識・スキル、ビジネスマナーなどを身に付けてもらうために実施されるものである。...
  • 新入社員教育(研修)の実務:内製化、外注化
    新入社員教育の内製化・外注化、それぞれのメリットとデメリットを整理し、導入時のポイントをまとめた。

あわせて読みたいキーワード

プロパー社員
「プロパー社員」とは、「正規の、本来の」などの意味をもつ英語のproperから転じた和製英語まじりの言い回しで、いわゆる“生え抜き”の社員や正社員のことを言う、日本の企業社会に特有の表現です。「プロパー」と略して使われることが多く、その意味するところは使う文脈や職場によって異なります。中途入社や出向...
ROI
「ROI」とは、return on investment(リターン・オン・インベストメント)の略で、「投資利益率」「投資収益率」などと訳されます。投下した資本に対して得られる利益の割合を示し、企業の収益性や事業における投下資本の運用効率を評価する際に用いられる基本的な指標です。基本的な式は〈ROI...
研修内製化
近年では研修を外部に委託せず、自社で内製化する企業が増えています。研修内製化することで、どのような効果が期待できるのでしょうか。また、どのように研修を内製化すればよいのでしょうか。研修スタイルの変遷を追いながら、今、求められる研修のあり方を考えます。

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
勤怠管理システムを選ぶ6つのポイントとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

高尾の森わくわくビレッジ 電車が遅延?間に合わない時はWeb会議で
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/28
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


「勤怠管理」に役立つソリューション特集

勤怠管理システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ITエンジニアの「最適育成」と「最適配置」 ~スキル可視化が生み出した新しい可能性~

ITエンジニアの「最適育成」と「最適配置」 ~スキル可視化が生み出した新しい可能性~

ITエンジニアのスキルの細分化、高度化が進み、人事が知りたい「実務力」...


健康経営を加速する「コラボヘルス」という新発想<br />
企業と健保が強みを活かしあう協働の仕組みとは

健康経営を加速する「コラボヘルス」という新発想
企業と健保が強みを活かしあう協働の仕組みとは

社員一人ひとりの健康づくりを支援することによって、医療費の適正化と生産...