企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

実勤務時間に応じた振替休日について

日頃参考にさせて頂いております。

当社は、土、日曜日の週休2日制を取っておりますが、土曜日に外部から講師を依頼されることがあり、半日勤務することがあります。(当社の1週間は土曜日から金曜日までとする旨を就業規則で定義しています。)
こうした場合、週40時間の労働時間を超過しないよう同一週内において振替休日で対応しており、前任者の時代から「休日=暦日」との認識により、半日の勤務に対して丸1日を振替える運用をしております。
今回質問としては、日曜日は休日として暦日で確保している以上、土曜日の半日勤務分は半日振替えでも問題ないかという点になります。

過去に同種の質問を拝見したような記憶があるのですが、ご教示いただけますよう宜しくお願いいたします。

投稿日:2019/12/02 17:03 ID:QA-0088798

**匿名希望**さん
山形県/その他業種

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答5
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

振替休日といいますと、休日は1日となりますので、

さしずめ、半日振替制度あるいは半日の代休制度といった制度を会社としてルール化しておけば問題はありません。

投稿日:2019/12/02 19:02 ID:QA-0088816

相談者より

ご回答頂きましてありがとうございます。
ご回答を参考に、従来どおりのままとするか、制度化するか、慎重に検討していきたいと思います。

投稿日:2019/12/03 12:03 ID:QA-0088856大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、法定外の休日になりますので、半日分の振替をされる事自体は差し支えございません。

但し、これまで決まって1日分の休日振替を行われていたとしますと、これを半日分に減らす事は労働条件の不利益変更に当たりますので、労働者の同意を得て変更される事が必要となります。

また頻繁に土曜の半日勤務があるようですと、週休2日制が形骸化してしまい今日の働き方改革の要請にも反する措置になるものともいえますので、いずれにしましても望ましくない措置であると踏まえるべきでしょう。

投稿日:2019/12/02 21:17 ID:QA-0088824

相談者より

ご回答頂きましてありがとうございます。
従来のやり方を変更するかは未定ですが、ご回答を参考に慎重に検討していきたいと思います。

投稿日:2019/12/03 12:06 ID:QA-0088857大変参考になった

回答が参考になった 0

人事会員からの回答

オフィスみらいさん
大阪府/その他業種

まず、休日を振り替えるためには、その休日が法定休日である必要があります。

法定休日に半日だけ労働させ、半日を他の日に振り替えたとしても、その振替によって新たに休日とされた日が半日であった場合に、残りの半日は労働しなければならないとすると、休日の条件である暦日を満たさないことになり、このような振替は原則認められません。

ただし、週休2日制の場合においては、法定休日に半日勤務をさせ、その半日勤務分を他の労働日に振り替えても、残り1日の休日が暦日で確保されている限り問題はありません。

投稿日:2019/12/03 07:48 ID:QA-0088830

相談者より

参考になりました。
ご回答頂きましてありがとうございます。

投稿日:2019/12/03 11:59 ID:QA-0088855大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

不利益

就業規則で「半日勤務分は半日振替え」とされていれば対応はできるでしょう。しかし前任者時代から慣例で「半日勤務分は全日振替え」で対応していたとすれば、不利益変更となる可能性が高く、現場対応ではなく就業規則での明文化含む、全社員への説明と合意を得るべきと思います。

投稿日:2019/12/03 09:38 ID:QA-0088835

相談者より

ご回答頂きましてありがとうございます。
従来のやり方を変更するかは未定ですが、変更する場合には同意等然るべき段階を経て対応したいと思います。

投稿日:2019/12/03 15:20 ID:QA-0088862大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

半日単位の振替できるのは法定外休日だけ

▼振替休日は半日単位で取得することは出来ません。半日で取得できるのは、法定外休日の場合のみのみです。
▼因みに、代休の場合は、法定休日と法定外休日と共に半日での休日取得が可能です。

投稿日:2019/12/03 10:22 ID:QA-0088844

相談者より

以前は代休の制度があったのですが、かなり前に代休制度を廃止したため、当社では休日出勤は全て振替休日で対応している状況でした。
ご回答を参考に今後の対応を検討していきたいと思います。ありがとうございました。

投稿日:2019/12/03 15:47 ID:QA-0088863大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
翌日に跨ぐ勤務時間について
基本的な質問になるかと思いますが、 勤務時間が0:00を跨ぐ場合で、翌日が休日の場合、0:00から5:00までは休日かつ深夜労働とみなすべきでしょうか? 例えば平日の9:00~翌日(休日)3:00まで勤務した場合の0:00~3:00までの勤務時間についてです。 宜しくお願いいたします。
就業規則の「深夜勤務」について
 以下は、当社の就業規則の「深夜勤務」の条文です。 「満18才未満の社員には、深夜勤務をさせることはない。ただし、交替勤務制により勤務する満16才以上の男子社員については、この限りでない。」 この条文は男子のみの記載となっておりますが、問題ないでしょうか。
半休の場合の割増無の時間
派遣勤務者は、本社と勤務時間が異なります。半休を取得して残業を行った場合、派遣勤務先の勤務時間が9:00~17:00の7時間勤務、本社は8:30~17:30の8時間勤務、派遣勤務者は午前中半休、13:00~22:00まで勤務すると×1.25が1時間、×1.00が4時間となるのでしょうか?本社勤務者は...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • “働き方改革”で注目を集める 勤務間インターバル 制度設計と就業規則
    現在、長時間労働是正の策の一つとして注目されている「勤務間インターバル」制度。どのような制度で、先行企業ではどのように導入されているのでしょうか。また、導入の際の法的問題点や社内規定の作り方とは?各項目について、詳しく解説します。
  • フルタイム以外の人材紹介
    子育てや介護などでフルタイムは働けない人の場合、これまではパートタイマーのような簡単な仕事を選択することがほとんどだった。しかし、「短い時間でもキャリアを生かしたい」という企業側と人材側、双方のニーズが高まってきている。人材紹介会社にも「多様な働き方」への対応が求められるようになってきたのだ。
  • 海外勤務者の安全対策の実態
    一般財団法人 労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、2013年3月に「海外勤務者の安全対策に関するアンケート」を実施。海外勤務者の安全対策に企業がどのように取り組んでいるのかを調べました。本記事では、その中から「海外勤務の状況」「海外勤務の安全対策」を中心に取り上げます。
あわせて読みたいキーワード
コンプレストワークウィーク
「コンプレストワークウィーク」(Compressed workweek)とは、「圧縮された週労働時間」という意味。1週間の所定労働時間は変えずに、1日あたりの就業時間を長くして、その分就業日数を少なくする勤務形態のことです。たとえば週40時間労働で通常は1日8時間×週5日勤務のところを、1日10時...
振替休日
「振替休日」には、大きく分けて労働基準法上の振替休日と、カレンダー上の振替休日があります。このうち、労働基準法上の振替休日の意味を理解していないと、給与計算を間違えたり、トラブルになったりすることがあります。また、休日の割増賃金が発生する「代休」との違いについての理解も欠かせません。これらは賃金の増...
短時間勤務
短時間勤務(時短勤務)とは、一日の労働時間を短縮して勤務することをいいます。育児・介護休業法の改正により、短時間勤務制度の導入が各事業主に義務づけられたのは、2009年のこと。以来、仕事と子育てや介護などの理由から、通常の勤務時間で働くことが難しい人たちを支える制度として、多くの人に利用されてきまし...
定番のQ&Aをチェック
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:07/01~07/13
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...