企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

内定承諾書を回収し、音信不通となった場合の内定取消しについて

初めて相談をさせていただきます。

内定通知を出し、7月に承諾書を受け取っています。
その後連絡が取りづらくなりましたが、1週間ほど待つと返信があったので気にしていませんでした。
しかし1ヶ月ほど音信不通になりました。
事前に告知していた懇親会へは参加し、その後また音信不通になりました。

連絡手段は基本的にはLINEで、返信がない場合はLINE電話→会社から電話→携帯から電話です。
懇親会後に連絡が取れなくなった時は、流石に何かあったのかと思い、心配で親御さんにも連絡を入れさせていただきました。その際は1週間後くらいにLINEの返信がありました。しかし理由はよくわからないものでした、、

最後に連絡が入ったのは9月末です。
これから内定式や入社前研修なども控えていて、様々な準備をしているのですが、連絡がつかないことで支障をきたしてしまっています。

期限を決め、それまでに連絡がなかった場合に内定取消しになるという旨を
LINE/留守電/メール/郵送/ご家族への通知をした場合、取消しは有効になりますでしょうか。

承諾書を頂いてるので、取消しが容易なものではないとは理解しています。
ただ、もし可能性があるのであれば彼女の採用について再検討したいと考えているところです。
ご意見をいただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

投稿日:2019/10/17 15:42 ID:QA-0087760

人事採用担当さん
東京都/広告・デザイン・イベント

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、やはり内定取り消しを急がれる事なく引き続き状況確認される事が必要といえます。

「親御さんにも連絡を入れさせていただきました」という事ですが、文面を拝見する限り特に本人に何か事故等が有ったという事ではないようですので、電話等で連絡が取れない場合は遠方でない限り直接自宅を訪問される等当人との接触の努力をされる事が先決です。勿論接触出来た際には、こうした事情についてきちんと確認され今後のコミュニケーションの確保を図られることが不可欠です。

それでも尚全く接触が出来ず事情も不明という事であれば、取り敢えず内定取り消しはされず現状のまま保留とされる事で差しつかえないでしょう。単に当人が留守がちでルーズなのか、或は長期間海外旅行へ行かれているか等の可能性があるでしょうが、いずれも推測に過ぎませんし、本人に直接通知が出来ない以上御社側で内定取り消し等をされる必要性もないものといえるでしょう。そのまま入社日まで同じ状態であれば、単に入社に至らなかったという事で何もされずに済みますし、それまでに当人と連絡が取れた際にはその時の事情によって今後どのようにされるかを改めて検討される事でよいものといえます。

投稿日:2019/10/17 19:49 ID:QA-0087772

相談者より

ご回答ありがとうございます。
状況確認がまだ足りてないということで、自宅訪問なども手段に加えたいと思います。
トラブルに発展しないよう、慎重に進めていきます。
ありがとうございました。

投稿日:2019/10/18 14:14 ID:QA-0087800大変参考になった

回答が参考になった 1

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

一定の時期にこちらも腹を括る

▼コミュニケーションの主導権が当該本人に握られた形になっている状況では、本人の善意、悪意に関わらず、採用側である御社でも、相手の対応状況に応じて、クール、且つ、メリハリの効いた、対応が必要です。
▼御社が、確実な入社を前提に準備を進めているにも関わらず、こちらの連絡に、オン&オフの反応しない相手は、ネガティブリスト化し、不採用でも構わない腹積りができた時点で、超強気で、最終応諾の期日指定を設定しましょう。
▼相手が、急に、焦り反応を示すのか、それでもダンマリを決め込むにが、匂ってくるものです。ダンマリなら、承諾書を返却し、サッパリ見切りましょう。兎に角、会社の人的組織構築が第一です。

投稿日:2019/10/18 09:23 ID:QA-0087775

相談者より

ご回答ありがとうございます。
「メリハリの効いた対応」とても響きました。
自分の言動に責任を持ち、誠実に、きちんと対応していきます。
採用して終了ではなく、入社後の彼女の未来、そして会社の未来について考えながら最善を尽くします。

投稿日:2019/10/18 14:11 ID:QA-0087799大変参考になった

回答が参考になった 1

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

内定の段階で連絡が取りづらいや音信不通とありますが、具体的にはどのようなことで会社としてお困りでしょうか。

内定式や入社前研修については、あらかじめ内定通知書に日時を記載し、やむを得ず欠席の場合には、前日までに連絡すること等記載しておけば足りると思われます。

内定取消についても、就業規則に記載し、承諾書にも以下の場合には内定を取消す場合がある等根拠を記載しておかないとトラブルに発展するケースがあります。

有効かどうかは詳細にもよりますが、
期限を決め、それまでに連絡がなかった場合に内定取消しになる場合があります。といったことを通知しておくことは必要です。

投稿日:2019/10/18 12:41 ID:QA-0087787

相談者より

ご回答ありがとうございます。
弊社のイベントは形式的なものだけでなく、例年内定者を巻き込んだ形で行なっています。
そのため準備に時間をかけていて、内定者と連絡を取り合うことも多々あります。他のメンバーの準備が完了していく中で、1人全く進められていない状況です。。
返信がない中、立て続けに連絡を入れているのも心苦しく、早めに白黒をつけられないものか(現時点で入社意思があるのかどうかの確認)と思い、相談をさせていただきました。
頂いたご意見を参考に、存在するリスクについてしっかりと考えた上で行動していきます。
本当にありがとうございました。

投稿日:2019/10/18 14:06 ID:QA-0087798参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

対応

音信不通になる内定者を採用するのは無理ですので、本当に音信不通になれば内定取り消しも可能となってきます。
そのためには正式な手段が欠かせませんでの、現状からすればラインなどではなく、配達証明郵便などで、締切までに返答を要求し、必要なアクションを取れること、必要なら呼び出して、打ち合わせることなど誓約させる化、できなければ内定取り消しとなることを明確に伝え、その証拠を残す必要があります。
もちろん一方的に「明日来い」とか48時間以内に反応せよといった無理な要求は無効なので、1週間以上余裕を持って、さらには不都合あれば1週間以内に返答させるなど、二重三重に安全策を施し、貴社の立場を固めておく必要があります。

投稿日:2019/10/18 15:11 ID:QA-0087805

相談者より

ご回答ありがとうございます。
やはり先手先手で公式な手段をとる必要がありますね・・・
しっかりとこちらの立場を固めた上で対処を進めたいと思います。
貴重なアドバイス、参考にさせていただきます。

投稿日:2019/10/18 19:22 ID:QA-0087813大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
内定通知書について
お世話になっております。 間もなく10年度卒業の学生に対し、内定を出すのですがその際に、内定通知書をお渡しするつもりです。 10月には改めて内定式を行う予定なのですが、その場合には再度内定通知書を渡すものなのでしょうか? 2度内定通知書が渡されるのは不自然ですか? それとも10月以前の内定通知書...
派遣社員を連絡網に組み込むことについて
いつも参考にさせていただいております。 当社では災害に備え、緊急連絡網を作成しています。 社員でない派遣社員を緊急連絡網に組み込み、有事の際(契約時間外)、連絡網に沿って連絡するよう指示することはできますか?
採用内定書をタイミングと10月以降の採用内定解禁時の内定書
今年度大学卒新卒者を6月に採用、採用の旨口頭で連絡済みですが、内定通書を出すタイミングと10月以降の解禁日以降の内定通知書をまただす必要があるかどうか。
定番のQ&Aをチェック
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 転職活動と電話
    ビジネスにおいての連絡手段といえば「電話」であった時代は過去のものとなり、現在の主役は「電子メール」。近年では「いきなり電話するのは失礼だ」と考える人も少なくない。人材紹介においてこの状況は、色々と困ったことを引き起こしている――。
  • 学生の視点を意識したコミュニケーションが新卒採用を変える  内定から入社後まで、効果的なフォローを実現するツールとは
    目標達成、生産性向上のためには「円滑なコミュニケーション」が欠かせないという認識がますます強まっています。特に新卒採用、内定者フォローといった業務では、採用に携わる社員同士はもとより、インターンや内定者など社外とのやりとりもきわめて重要です。これまでは電話やメールといった手段が中心でしたが、近年では...
  • 「内定者フォロー」とは ~その目的
    新卒採用では、母集団形成や面接・選考といったプロセスがクローズアップされがちだ。しかし、内定を出した学生を確実に入社させ、また入社後の新人研修にスムーズにつなげていくための最終段階「内定者フォロー」も、決して無視できない大切なポイントである。
あわせて読みたいキーワード
内定辞退
多くの選考プロセスを経て出した内定を辞退されることは、採用担当者にとって避けたい事態の一つです。しかし、新卒採用が空前の売り手市場といわれる現在、就職活動中の学生が複数の内定を持っているのはもはや珍しいことではなく、近年は内定辞退率が高まっています。
内定ブルー
「内定ブルー」とは、企業から内定を得て、就職活動に区切りがついた学生が、内定式の前後などに、「本当にこの会社でよかったのか」「この会社で活躍できるのか」といった不安や迷いに苦慮している状態を表す言葉です。結婚を控えた花嫁が漠然とした不安感に襲われる「マリッジブルー」になぞらえて、「内定ブルー」と呼ば...
内定後インターンシップ
「内定後インターンシップ」とは、すでに就職活動を終え、就職先が内定した学生が卒業までの間に取り組むインターンシップのことです。就活後の残された学生生活を、学業や遊びに費やすのではなく、内定先企業とは異なる会社や団体での就業体験に活かすという選択肢が、若者の就労観をめぐる新しい動きとして注目されていま...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

人事リーダー育成講座
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/19
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。