企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数15033件   回答数32296

災害時の臨時休業日に有給休暇を出していた社員への対応

大型台風により会社を臨時の休業日としました。その際、偶然にも事前に有給休暇の申請を出している社員がおりました。その際は臨時とはいえ会社が休業になったので有給休暇は消化されないという対応が一般的なのか。休業日だが通常通り、有給休暇を一日消化したとするのが一般的なのか、どうなのでしょうか。

  • 投稿日:2019/10/11 20:01
  • ID:QA-0087625

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/10/15 11:08
  • ID:QA-0087647

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、事前申請しているの処理済みであれば消化扱いになるものといえます。但し、その場合でも会社が任意で取り消される分には差し支えございません。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/10/15 11:36
  • ID:QA-0087652

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

原則として、休業日とした以上は、労働日ではなくなりますので、有休は差し戻す必要があります。

ただし、自然災害による休業の場合には、休業手当の支給は義務付けられておりませんが、賃金についてどのような扱いにするのかにもよります。

特に欠勤控除しないようであれば、有休は差し戻すべきでしょう。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/10/15 19:30
  • ID:QA-0087676

代表者

労働義務が存在しない日を有休対象とはできない

▼休業日には取得すべき労働義務が存在しません。従い、突発的、且つ、臨時とは言え、当日の有給休暇取得は、非現実的です。
▼当日の有休申請は、自動的に消滅します。現に存在しない労働義務を存在するものと見做し、有休で対処するのは矛盾した考えです。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/10/16 09:25
  • ID:QA-0087685

人事・経営コンサルタント

一般論

法律では無く、社員のモチベーション上、皆が特別休になるのであれば有休取り消しとされてはいかがでしょうか。その義務は会社にはありませんが、社員として得になる方が結果として会社のメリットかと思います。

  • 投稿日:2019/10/17 16:53
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。参考になりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
有給休暇について
当社のパートが有給休暇申請をしました。 その日に大きな地震で会社は停電となり、作業が何もできず、あえなく休業となりました。 停電は電力会社の発電所が止まってしまったため その場合の有給休暇の取り扱いはどのようになるのでしょうか? 会社は休業したので有給申請は却下されるのか? またはその人だけ有給...
有給休暇日数について
就業規則に定められた有給休暇日数が、部長以上と、それ以外の社員とで異なります。 部長以上は日数が多いのです。 これまで勤めていた会社では日数は社員一律でしたが、よくあることなのでしょうか。 ご教示のほど、よろしくお願い申し上げます。
有給休暇の承認・否認について
いつもお世話になっております。 有給休暇の申請についてですが、申請のあった有給休暇について 会社として承認しないという判断はできるのでしょうか? 原則、できないと認識しておりますがもしできるのであれば どういった基準で判断したら良いのでしょうか? 例えば、体調不良や何らかの理由により当日欠勤した場合...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 計画停電と労基法第26条(休業手当)について ~人事担当者が労務管理上、留意すべき点とは?~
    「東日本大震災」に伴い、厚生労働省より『計画停電が実施される場合の労働基準法第26条の取扱いについて』が発出されています。今回の記事では、実務上の労務管理で留意すべき点について、紹介します。
  • 坂本 光司さん:“社員を“幸せ”にする企業経営のあり方とは
    ベストセラー『日本でいちばん大切にしたい会社』の著者である、法政大学大学院・坂本光司教授は、企業経営とは「社員とその家族」「社外社員とその家族」「現在顧客と未来顧客」「地域社会・地域住民」「株主・出資者」の五人を幸せにすることだと説かれています。今回はこの中から、坂本先生が第一に幸せにしなければなら...
  • 育児・介護支援制度の最新実態
    民間調査機関の労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、各企業の育児・介護休業等の最新実態を調査しました。今回はこの中から育児休業・介護休業それぞれの「期間」「休業中の月例賃金の取り扱い」について紹介します。

あわせて読みたいキーワード

有給休暇
2019年4月から、労働者に対して年5日の年次有給休暇を確実に取得させることが使用者の義務となりました。有給休暇は、労働者の働き方を考える上で大変重要ですが、使用者側からは「取得時季を変更させたい」「有給休暇取得時の理由を聞いてもよいのだろうか」といった声も聞こえてきます。ここでは、現場からの疑問や...
サラリーマン法人化
会社員が法人成りして自営業者に変わり、会社との雇用契約をいったん白紙に戻して、改めて業務委託契約を結ぶこと。つまり、サラリーマン法人化した「元」社員は、会社での仕事はこれまでと同じまま、契約だけ変えて勤務することになります。会社は、雇用契約した社員=個人に給料を払うのではなく、業務委託した社員=法...
時季指定権
「時季指定権」とは、労働者が年次有給休暇をいつ取得するか、その時季を指定できる権利のことです。日本では労働基準法に基づき、従業員に時季指定権が付与されています。したがって従業員が本権利を行使して年次有給休暇を請求する場合、使用者は原則として従業員の指定する時季に有給休暇を与えなければなりません。ただ...

定番のQ&Aをチェック

従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
勤怠管理システムを選ぶ6つのポイントとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

ジョブ・カード制度 総合サイト 女性活躍推進法が改正!▼詳細はクリック▼
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/17
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


「勤怠管理」に役立つソリューション特集

勤怠管理システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く<br />
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

人工知能(AI)技術をはじめとする近年のITの発達は、人事業務のあり方...


大介護時代、到来!日本の“働き方”を変えるためにICTはここまで進化した

大介護時代、到来!日本の“働き方”を変えるためにICTはここまで進化した

いわゆる団塊世代が75歳以上の後期高齢者になると、日本は「大介護時代」...