企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数14821件   回答数31698

営業員の車での移動

弊社の営業員が客先へ社有車を使用し移動する際について質問させていただきます

客先への移動時間等を考えて、従業員の住居先から客先へ向かうことがあります
その際、前日に会社から自宅へ社有車を使用して帰宅し、当日自宅から客先へ社有車で移動
その後、客先から自宅へ社有車で帰宅し、翌日は自宅から会社へ社有車を使用して出社というケースがあります

客先へ移動する際や客先から自宅へ帰宅する際の時間は所定労働時間外となる場合もあります

この場合、労働時間や社有車の使用方法等について違法性は考えられるでしょうか
営業職のため営業手当は支払っております

ご教示いただけると助かります
よろしくお願いいたします

  • 投稿日:2019/09/05 09:03
  • ID:QA-0086621

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

人事会員より
  • 投稿日:2019/09/05 14:21
  • ID:QA-0086634

オフィスみらいさん
  • 大阪府
  • その他業種

問題は、客先へ移動する際や、客先から自宅へ帰宅する際の時間が労働時間にあたるか否かという点です。

基本的な考え方としましては、「労働時間とは労働者が使用者の指揮命令下に置かれている時間」ということになります。

例えば出張のための移動や、出張先から別の出張先への移動の場合においても、単なる移動である限りは、この間、使用者が労働者を「労働させた」ことにはならず、労基法上の労働時間にはあたらないということになります。

つまり、これらの出張中の旅行日、移動日における使用者の支配は、直接的なものではなく観念的に及んでいるにすぎないから、労働時間と認められるまでには至らないということになります。

以上の前提でいいますと、客先へ移動する際や客先から自宅へ帰宅する際の時間が所定労働時間外となったとしても、割増賃金は発生せず、問題はございません。

社有車に関しましても、それが社有車管理規定の定めに従って運用する限りは、特に問題はございません。

  • 投稿日:2019/10/11 09:25
  • 相談者の評価:大変参考になった

コメントが遅くなってしまい申し訳ありません
非常にわかりやすい説明ありがとうございました

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/09/05 22:53
  • ID:QA-0086644

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、単に社有車を利用しただけであれば直行直帰の場合は通勤時間としまして労働時間扱いされる義務まではございません。

但し、仮にマイカーや公共交通機関等で時間的にも支障のない別の通勤手段があるにもかかわらず社有車使用を会社から命じるとなれば、会社の指揮命令下に入るものとして労働時間扱いされるべきといえるでしょう。

  • 投稿日:2019/10/11 09:26
  • 相談者の評価:大変参考になった

コメントが遅くなってしまい申し訳ありません
ご回答ありがとうございました
社有車の使用を命じるというところがカギになるとことですね
その点については今一度確認してみたいと思います

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/09/06 11:25
  • ID:QA-0086680

人事・経営コンサルタント

判断

営業手当の中身が、本件のようなみなし勤務を想定したものなのか、またこうした事例が日常的に頻繁にあるものか、営業車で自宅に行くことを会社が命じているのかなど、明確な規定があれば直ちに問題はないでしょう。
恒常的に発生しているのであれば、規則化明文化は必要です。

  • 投稿日:2019/10/11 09:27
  • 相談者の評価:大変参考になった

コメントが遅くなってしまい申し訳ありません
あまり頻度は高くないため、今まで特に問題にしていませんでした
営業手当の中身をもう一度考え直してみる必要があると感じました
ありがとうございました

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
社有車を移動させるための休日出勤は労働時間か
当社の営業社員が、金曜日に社有車を直帰のため持ち帰りましたが、自宅には適した駐車場がないため、翌日土曜日(所定休日)に会社の駐車場に社有車を移動させました。この際社有車を移動させた行為は、休日出勤にあたるのでしょうか。
社有車の休日使用について
当社では営業担当者にリースの営業車を社有車として貸与しております。 長年、休日の組合活動の際にも使用を認めてしまっている状態なのですが、想定されるリスク・問題点をご教授ください。
社有車の移動は業務時間になるか。
弊社では、営業先から帰社に時間がかかる場合、直帰をさせ車両を自宅に持ち帰らせています。しかし金曜日など休日前日に社有車を自宅に持ち帰ると、翌週まで自宅に駐車することになり、それが難しい社員は、翌日(例えば土曜日)に社有車を会社駐車場に異動させるケースが見受けられます。 このような場合 ①これは業務に...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

通称使用
通称とは、戸籍上の本名ではないけれど、日常生活で使用し、世間一般にも通用している氏名のこと。特に仕事など社会的活動の場で、既婚者が便宜上、結婚後も旧姓を通称として使う慣行を指して「通称使用」といいます。日本では夫婦別姓制度が導入されていないため、旧姓の通称使用を認める職場が増えていますが、納税や社会...
労働時間貯蓄制度
「労働時間貯蓄制度」とは、主にドイツなどで導入・実施されている労働時間モデルの一つで、職場で定めた契約上の労働時間と実労働時間の差、すなわち残業や休日出勤など所定外の労働時間をあたかも銀行預金のように勤務先の口座に積み立て、後日、従業員が有給休暇などに振り替えて利用できるしくみのことです。労働需要の...
インディペンデント・コントラクター
サラリーマン時代に身につけた専門的な技術を元手に独立して、業務請負のかたちで複数の会社の仕事をします。アメリカでは、ホワイトカラーが独立するときの手段として一般的になっていますが、日本でも互助団体「インディペンデント・コントラクター協会」(本部・東京都港区 http://www.npo-ic.org...

定番のQ&Aをチェック

会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

POSITIVE最新版にAI搭載 研修費ゼロの人材育成
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:11/01~11/14
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。