企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A
相談数15397件   回答数33255

中途採用内定者の内定取り消しについて

弊社は製造メーカーで、製造機械オペレーターの欠員の補充のため6/26(水)に面接し、就労中のため採用日は8/5(月)ということで口頭で内定を出しました。
8/2(金)に電話が有り、引継ぎのため入社日を10/1(火)まで伸ばして欲しいと申出があり、承諾しました。
引継ぎに2ヶ月掛かるということ自体非常識だし、他社との併願で単なる引き延ばしに過ぎず、本来はその時点で断るべきでしたが、若くて積極性も有り将来性に期待できる人材と思いましたので、承諾したというところです。
9/2(月)に状況確認のため、携帯電話に架電しましたが応答も返信もありません。
1ヶ月待っても入社する可能性は低いと思いますので、内定取り消ししてきちんと整理したいと思っていますが、これからどういう手順を踏めば良いかご教示願います。

  • kei3333さん
  • 香川県
  • その他メーカー
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:中途採用
  • 投稿日:2019/09/03 17:19
  • ID:QA-0086584
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/09/03 21:41
  • ID:QA-0086586

人事・経営コンサルタント

文書

すべてのやりとりが口頭のみで行われていたとすれば、責任の一端は負わなければなりません。
内定のような重要な決定は、雇用条件や内定有効期間など詳細な取り決めを明文化する必要があります。
不信感をもったことで内定取り消しを一気に出したいところですが、これまでの記録がないのであれば、今回音信不通ということで、1週間程度猶予を設定し内容証明などで確実に連絡する必要があるでしょう。

  • 投稿日:2019/09/05 13:14
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございます。内容証明の文書にて対応します。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/09/03 23:19
  • ID:QA-0086590

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、まず電話連絡は一度きりではなく、時間帯を変えて少なくとも5回以上は架けられるべきです。

その上で、何ら応答がない場合でも、一旦10/1入社で承諾された以上、一方的に内定を取り消される事は避けるべきといえます。

確かに推測は概ね的を得ているように感じられますが、あくまで推測の域を出ない事に変わりございませんので、基本的には10/1まで待たれるべきといえるでしょう。どうしても取り消しされたい場合ですが、少なくとも当人宛に10/1入社の意思確認の為誓約書等を特定記録郵便等で送付される等、慎重に対応される事が不可欠といえます。それでも尚トラブルになる可能性はないと言い切れませんので、今後は安易に入社日延長を認められないよう注意が必要です。

  • 投稿日:2019/09/05 13:35
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございます。
今後入社日延長はしないようにいたします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
人事会員より
  • 投稿日:2019/09/04 10:50
  • ID:QA-0086605

オフィスみらいさん
  • 大阪府
  • その他業種

承諾した経緯はどうであれ、基本的には、10月1日まで伸ばしてほしいという申し出に対して承諾をした以上、その日まで待つ必要がございます。

たとえ、電話での承諾とはいえ、双方に合意があったことは相違ありません。

ただし、ただ黙って待っている必要は無く、定期的(毎日でも可)に架電し、返信が無ければ内容証明郵便等で、10月1日入社の意思確認を求めることになります。

その際、必ず回答期限を設け、期限までに何らかの回答がなければ、内定を取り消すこともあり得る旨の文言は必ず入れてください。

内容証明郵便はこちらの本気度が伝わる効果があります。

もし、何も回答がなく10月1日になっても出社してこなかった場合は、入社辞退として処理することになりますが、出社してきた場合は入社を拒否することはできません。

なお、何月何日何時に架電したが応答がなかった場合はその旨、応答があった場合はどんなやり取りをしたかは、必ず記録にのこしてください。

まずは、以上の手順で進めてください。

  • 投稿日:2019/09/05 13:39
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
毎日架電し記録を残し、内容証明郵便でも意思確認するようにいたします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
入社式と入社日は違う日でもよいのか?
たとえば3/30に入社式を行い、しかし入社日は4/1としたいのです。 保険の適用等も4/1からにしたいです。 可能でしょうか?
内定の応諾前の内定取り消しについて
お世話になっております。 以下の場合の内定取り消しについて問題ないか ご教授下さい。 ・メールにて内定を連絡。 ・内定者から内定への応諾について10日間程度の猶予依頼(理由は他社選考中の為) ・10日後に内定辞退となった場合に備えて、採用活動を再開したい。 ・再開の際に、今回の内定を一旦取り消す...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 「今ならまだ引き返せる」入社前対応の難しさ
    4月は新入社員研修の季節。せっかく新人研修を行うなら、同時期に入社する中途採用人材の研修も併せて行いたいと考える企業は珍しくない。さらに一歩踏み込んで、「もうすぐ入社する人材」の研修まで一緒に行いたい、と考えるところもある。しかし、これが意外に大きな問題へと発展してしまうケースがある――
  • 中途採用の「実務」【6】内定後の対応
    優秀人材は逃がさない!内定は出しても油断は禁物。スムーズな入社につなげるために必要な内定後対応とは?
  • 「内定者フォロー」とは ~その目的
    新卒採用では、母集団形成や面接・選考といったプロセスがクローズアップされがちだ。しかし、内定を出した学生を確実に入社させ、また入社後の新人研修にスムーズにつなげていくための最終段階「内定者フォロー」も、決して無視できない大切なポイントである。
あわせて読みたいキーワード
内定取り消し
「内定」は、企業が卒業予定の学生を採用する際の慣行として、卒業後の正式な雇用契約の前に行う通知。法律上、「解約権留保つきの労働契約の成立」と見なされるため、企業側の自己都合による内定取り消しは契約の一方的破棄にあたり、合理的理由が認められないかぎり無効となります。
内々定
「内々定」とは、「内定前の内定」という意味で、企業などが就職を希望する新規学卒者などに対し、正式な採用通知に先立って、非公式の採用予定通知を出すことをいいます。政府が「2020年度卒業・修了予定者等の就職・採用活動に関する要請」において、新卒採用者に対する内定通知は卒業・修了学年の10月1日以降(2...
内定ブルー
「内定ブルー」とは、企業から内定を得て、就職活動に区切りがついた学生が、内定式の前後などに、「本当にこの会社でよかったのか」「この会社で活躍できるのか」といった不安や迷いに苦慮している状態を表す言葉です。結婚を控えた花嫁が漠然とした不安感に襲われる「マリッジブルー」になぞらえて、「内定ブルー」と呼ば...
定番のQ&Aをチェック
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:04/01~04/01
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは
new

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...