企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14899件   回答数31934

労使協定の記載内容について

いつもお世話になっております。
タイトルの件について、ご教授いただけますでしょうか。

★前提
 当社営業部門は、現在、事業場外労働に関する協定書の締結により、みなし労働制を適用している。
 今回、労働時間の適正把握を進めたいため、みなし労働制を廃止する。
 みなし労働制を廃止し、新たにフレックス勤務制を導入する。フレックス勤務制の導入にあたって
 フレックス勤務に関する協定を締結する。

 上記前提のもと、①事業場外労働に関する協定書の文面見直し(営業部門を対象からはずす)
 ②フレックス勤務に関する協定の新規作成を進めています。

★質問事項
 ・フレックス勤務に関する協定の中に「これまでみなし労働だったのを廃止する、これまで支給
  していたみなし労働手当は廃止する」といった文言を入れる必要があるか?(入れても協定と
  して違和感がないか?)
  →フレックス勤務に関する協定の内容とは少しずれるが、これまでの経緯をうたっておきたい
   という考えから。

  当方(人事担当)としては、フレックス勤務に関する協定はあくまでもフレックス勤務に関する
  協定なので、経緯を協定の中にうたうことには違和感があります。経緯については、事業場外
  労働に関する協定書の文面見直しにて事足りると考えていますが、そうではない意見もあり、
  落としどころを決めかねている状況です。

  • 投稿日:2019/04/05 16:37
  • ID:QA-0083619

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/04/05 20:25
  • ID:QA-0083627

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、フレックスタイム制導入に関わる労使協定の締結事項については法令で定められていますので、それ以外の事柄の記載については当事者間での任意ということになります。

従いまして、御社内で協議された上で決められるべき事柄ですのでいずれでも特に差し支えはございません。仮に変更経緯には触れておきたいけれども労使協定に入れるのには違和感があるという事でしたら、別途労使間で覚書等の形式で記載し取り交わされてもよいものといえます。

  • 投稿日:2019/04/08 09:13
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。
大変参考になりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/04/06 11:46
  • ID:QA-0083630

代表者

フレックスタイム制の労使協定への記載内容

▼「事業場外労働に関する協定」(届出必要)と「フレックスタイム制に関する労使協定」(届出不要)は、全く、別物です。後者の導入に際し、前者の廃止理由や経緯を、後者の協定書に記載すべき必要性は全くありません。
▼落し処などに就いて、悩むことはありません。どうしても記録に残したいというのであれば、(推薦はしませんが)協定書の末尾に、備考として、「本協定の締結をもって、事業場外労働に関する協定を廃止する」とでもメモっておけば十分でしょう。

  • 投稿日:2019/04/08 09:13
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。
大変参考になりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
36協定
36協定は、時間外労働と休日労働を分けて協定するようになっていますが、休日労働の時間数は、時間外労働の時間数に算入しなくて良いのでしょうか?
翌日に跨ぐ勤務時間について
基本的な質問になるかと思いますが、 勤務時間が0:00を跨ぐ場合で、翌日が休日の場合、0:00から5:00までは休日かつ深夜労働とみなすべきでしょうか? 例えば平日の9:00~翌日(休日)3:00まで勤務した場合の0:00~3:00までの勤務時間についてです。 宜しくお願いいたします。
36協定の休日労働
36協定の休日労働について、法定休日に仮に1時間だけ労働したとしても、 それは1日としてカウントされるという認識で正しいでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

コンプレストワークウィーク
「コンプレストワークウィーク」(Compressed workweek)とは、「圧縮された週労働時間」という意味。1週間の所定労働時間は変えずに、1日あたりの就業時間を長くして、その分就業日数を少なくする勤務形態のことです。たとえば週40時間労働で通常は1日8時間×週5日勤務のところを、1日10時...
短時間勤務
短時間勤務(時短勤務)とは、一日の労働時間を短縮して勤務することをいいます。育児・介護休業法の改正により、短時間勤務制度の導入が各事業主に義務づけられたのは、2009年のこと。以来、仕事と子育てや介護などの理由から、通常の勤務時間で働くことが難しい人たちを支える制度として、多くの人に利用されてきまし...
勤務間インターバル規制
「勤務間インターバル規制」とは、時間外労働などを含む1日の最終的な勤務終了時から翌日の始業時までに、一定時間のインターバルを保障することにより従業員の休息時間を確保しようとする制度です。恒常的な長時間勤務や不規則な勤務体系の改善を目指す業界を中心に、ワーク・ライフ・バランス推進の具体策として注目を集...

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

タレントパレット ジョブ・カード制度 総合サイト
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:12/01~12/05
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


会社の新しい挑戦を支えるために<br />
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築
new

会社の新しい挑戦を支えるために
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

第一三共株式会社は2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グルーバル...


「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加<br />
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成
new

「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

急速に変化する市場環境の中で競争力を維持・向上させていくためには、人材...