企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数13940件   回答数29444

休憩時間中に移動を必要する際の休憩時間変更について

標題の件で質問させて下さい。

弊社、製造業の約50人の会社です。
就業時間は8:30 ~ 17:30 (昼休憩 12時 ~ 13時の1時間)の8時間勤務(就業規則上)ですが、
実態としては10時、15時より15分づつの計30分の休憩があり、
休憩時間計 1時間30分となり、実質は7時間30分労働という形を創業より続けております。

昨今、13時より客先にて打合せの為、
休憩時間中に移動を要する案件が発生しており、判断に悩んでおります。

例えば、
10時 ~ 10時15分まで休憩 (15分)
12時 ~ 12時30分まで休憩 (30分)
(12時30分より社用車にて移動開始、13時より客先にて打合せ、14時30分頃 帰社)
15時 ~ 15時15分まで休憩 (15分)
した場合、
通常より30分、休憩時間は短くなりますが、法定の60分の休憩は取得できています。

そこで、弊社役員間で論点となっているのが
①法的には問題なく別途30分休憩の必要は無い。
②法的には問題なくとも他社員より休憩時間少なく当人に不利益な為、別途休憩取得すべき。
です。

私的には、運転するとはいえ、移動時間は半分休憩の様な格好ですし、
①の考えなのですが。

煩雑な文章で申し訳ありませんが、
先生方のご意見を頂ければと存じます。

宜しくお願い致します。

  • 投稿日:2019/03/14 11:17
  • ID:QA-0083085

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2019/03/14 13:10
  • ID:QA-0083097

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

10時と15時の休憩について、実態とルールが異なる状況だと思われますので、このことについて明確にしてくべきでしょう。

すなわち、給料についても7時間30分に対してなのか8時間に対してなのか曖昧ですし、労使双方デメリットも生じます。

ご質問の件も本来60分の休憩を30分しか取らせなかった場合ですが、他で30分とらせていれば法的問題はありません。

ただし、10時、15時の休憩の有り方について会社の考え方、ルールを明確にしておかないと、慣例であればさらに30分与えるなければならない必要も出てきます。

  • 投稿日:2019/03/14 14:29
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございます。
全て8時間として運用しており、
30分はサービス休憩の様な扱いです。
時間外も17時30分より発生しております。

その運用方法ですと、
30分別途取得させた方が良さそうですね。

ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/03/14 21:23
  • ID:QA-0083125

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、労働基準法の定めについては同法第1条にも示されている通り最低基準を示しているものに過ぎませんので、これを上回る取扱いがなされている場合にはその通りにされる義務がございます。規定化されていなくても常態として追加の休憩が与えられているとすれば、そうした実態の方が優先されることになりますので注意が必要です。

加えまして、移動時間ということで業務に従事されていないとしましても自由度が低くなる事からも、当事案に関しましては別途休憩を付与されるのが妥当と考えられます。

  • 投稿日:2019/03/15 09:17
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
理解しました。
ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
休憩時間について
いつもご回答ありがとうございます。 さて、休憩時間に関する質問です。 現在、勤務時間と休憩時間の変更を検討しており、以下のとおり考えています。    現在  8:30~17:00 7時間半    変更後 8:30~17:30 8時間    休憩時間はどちらも12:00~13:00 この際に、終業時...
休憩時間について
いつも利用させていただいております。 さて、労基法では8時間超えの労働時間で1時間の休憩を与える義務があります。 その後残業時間が長くなった場合に休憩時間を与える義務は生じますか。 ちなみに当社では以下のように休憩を与えておりますが問題ありませんか。ご回答のほどお願いします。 所定労働時間:9時~1...
休憩時間について
労働時間が6時間超は45分間以上の休憩、8時間超は60分以上の休憩を与えなくてはならないのは承知しているのですが、例えば、9時から12時迄、13時から18時迄の所定内労働の8時間勤務後18時から引き続き22時まで残業した場合は13時以降に休憩時間を設けなければならないのでしょうか。13時から22時だ...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
新年度に向けた情報収集に!注目のダウンロード特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

成功報酬なし!攻めの採用 高尾の森わくわくビレッジ
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:03/01~03/25
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


新年度に向けた情報収集に!注目のダウンロード特集

今『日本の人事部』が注目するサービス・調査データ・事例など、業務で役立つ資料をご紹介します。
貴社の課題解決のヒントに、ご活用ください!


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

HRの領域ではその時々、トレンドとなるワードがあります。最近は「AI」...