企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

出向社員の取扱いについて

弊社は大手グループ会社の子会社で、親会社より出向社員を受け入れております。

現在は、出向社員は親会社と弊社の間を行き来しており、出向社員とプロパ社員の給
与の差があることについては問題ないと思います。

しかしながら、このたび親会社の業務の外注拡大が決定し、親会社の特定の部門の社
員を殆ど出向社員として受け入れることとなりました。
ここで問題だと思うのは、
①入社して短期間(入社後すぐ~数か月)で出向させ、定年まで出向させ続けること
は問題ないのか。
②①の状態で、出向社員とプロパ社員の(福利厚生を含めて)給与等が異なる場合、
同一労働同一賃金の原則に反しないか。(なお、出向社員もプロパ社員も殆どが生涯
平社員のままです)
以上、2点よろしくお願いします。

投稿日:2019/02/18 17:42 ID:QA-0082479

綾小路さん
福岡県/建築・土木・設計

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
人事・経営コンサルタント

取り扱い

出向自体は中身が正当な業務であるなら有効といえます。
また同一労働同一賃金は正規雇用者と非正規雇用者の間の問題で、どちらも正規雇用者であればあてはまりません。給与がどこから出るのか不明ですが、福利厚生が親会社同等ということは、給与も親会社持ちなのであれば一般的に差があるのは普通です。

投稿日:2019/02/18 18:59 ID:QA-0082491

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

出向というのは、一定の目的をもって行うものです。その目的のために10年、20年と出向させるということはまずありえません。

社員は出向元に入社したわけですから、入社後すぐ出向させ、定年までそのままということは問題があります。

目的達成のために、長引くようでしたら、交替制にすべきでしょう。

投稿日:2019/02/18 19:43 ID:QA-0082492

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、まず①につきましては、出向期間に法令上制限がないとはいえ、ほぼ入社から定年までの出向期間という事であれば、出向という状況とは実態上かけ離れているものといえます。

従いまして、このような出向の場合ですと、労働者から異議を唱えられ紛争になる可能性が生じますので避けるべきです。労働契約法第14条でも「使用者が労働者に出向を命ずることができる場合において、当該出向の命令が、その必要性、対象労働者の選定に係る事情その他の事情に照らして、その権利を濫用したものと認められる場合には、当該命令は、無効とする。」と定められていますので、最悪出向自体が無効と判断される可能性もあるものといえます。

そして②に関しましてですが、同一労働同一賃金の問題は正社員と非正規社員の格差是正に関わるものですので当事案については特に関係ございません。

しかしながら、①で触れましたように仮に実態上から適法な出向と認められず無効であると判断されますと、当然ですが出向元とは雇用関係が成立しないことから労働条件は全て出向先基準に従うこととなりますので注意が必要です。

投稿日:2019/02/18 21:27 ID:QA-0082496

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

▼恒常的出向は無効

① 「出向」という利便性に富む労務利用形態は、その濫用を防ぐため、労働契約法で厳しく制限されています。(14条)。「入社短期間後~定年迄の継続」は、最初から永久出向要員としての採用であり、出向命令は、「権利乱用による無効」となります。
② 「同一労働・同一賃金」の原則は、「同一の価値観と賃金体系を有する組織体内」においてしか通用しません。出向元の親会社の価値観に基づく賃金を恒常的に出向先に持ち込めば、当然、賃金格差も恒常化し、同原則に反する結果になります。

投稿日:2019/02/18 22:17 ID:QA-0082498

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
出向
出向社員が何名かいるのですが、毎年契約書を更新し 現在長い社員で3年経とうとしています。 出向させる期間の上限等は決まっているのでしょうか。
子会社へ出向させた社員
親会社の本社(出向元)から子会社(出向先)へ出向している社員が子会社と親会社の支店が業務委託を結んだ為、出向している身分のまま、出向先から更に出向する状況になってしまうのですが、これに問題はないでしょうか?
転籍出向者の出向について
弊社の子会社に転籍出向させている者を、得意先に対して出向させる(二重出向)ことの是非についてご教示願います。 出向契約は、弊社子会社と出向先会社となります。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
出向
「出向(在籍出向)」とは、一般的には企業が社員との雇用契約を維持したまま、業務命令によって社員を子会社や関連会社に異動させ、就労させることを指します。出向の場合、対象となる社員の籍と給与の支払い義務は出向元企業にあり、社員に対する業務上の指揮命令権は出向先の企業が有します。人事異動の形態としては、企...
プロパー社員
プロパー社員とは、「正しい、本来の」などの意味をもつ英語“proper”から転じた和製英語まじりの言いまわしで、いわゆる「生え抜き」の社員や正社員のことを指す、日本の企業社会特有の表現です。「プロパー」と略して使われることが多く、その意味するところは文脈や職場によって異なります。
ぶら下がり社員
「ぶら下がり社員」とは、いわゆる問題社員の類型の一つで、仕事や組織へのコミットが弱く、指示された用件や与えられた仕事はこなす反面、求められる以上の役割はけっして果たそうとしないタイプの社員を指します。目的意識や成長への意欲に欠け、現状維持に安住したがる傾向が強いため、会社や上司には従順ですが、自らが...
定番のQ&Aをチェック
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:07/01~07/10
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...