企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14489件   回答数30776

午前と午後で勤務場所が異なる場合の通勤手当について

いつも大変お世話になっております。

給与で支払う通勤手当の考え方について教えてください。

当社で勤務している職員のシフトが、「午前中がA事業所、午後がB事業所」である場合について、
自宅からA事業所に出勤する交通費(ガソリン代)に加えて、AからBへ移動する交通費(電車運賃)も本人に支給します。その場合、給与で支払う通勤手当としては前記の合計額を支払うのが正しいのでしょうか?もしくは、「自宅からA事業所に出勤する交通費(ガソリン代)」を通勤手当で「AからBへ移動する交通費(電車運賃)」を小口現金等で本人に支払うべきでしょうか?

また、今回のパターンだけではなく、自転車でA事業所まで出勤して午後に電車でB事業所へ移動するパターンもあります。

このような場合、どうするのが適切なのでしょうか?

以上
宜しくお願い致します。

  • 投稿日:2018/12/12 13:36
  • ID:QA-0080984

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2018/12/12 16:12
  • ID:QA-0080993

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

まず、AからBは通勤手当ではなく、交通費経費精算となります。

次にA事業所まで自転車のときもあるとのことですが、この辺は規定に則り、原則どちらなのか決めておくべきといえます。
シフト詳細や規定にもよりますが、A事業所までについても、その都度交通手段により精算しているようであれば、全て交通費精算でもよろしかろうかと思われます。

  • 投稿日:2018/12/12 16:44
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答頂きありがとうございます。

やはり、出勤した後の移動に関する費用は交通費経費という事ですね。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/12/13 19:50
  • ID:QA-0081024

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、通勤とは自宅から職場への行き帰りを指す行為になります。労災保険における通勤の概念を考えて頂ければよいでしょう。

従いまして、通勤手当に関しましては自宅から事業所A及び事業所Bから自宅の間の費用について支給されるのが妥当といえます。そして、事業所間の移動につきましては、通常の交通費支給(小口現金精算等)で対応されるのが妥当といえるでしょう。

  • 投稿日:2018/12/14 09:18
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとございます。
やはり事業所間の移動費用を通勤手当で支給するのはおかしいですよね。
現在、通勤手当で支給している人がいるので訂正しようと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
出向者の健康診断について
当社(A社)は、B社より出向者Cを受け入れています。この場合、出向者Cに健康診断を受けさせなければならないのは、当社(A社)でしょうか、それともB社でしょうか。あるいは、A社でもB社でもどちらでもよく、A-B社間で、任意に取り決めればよいのでしょうか。
転籍や出向の際の辞令を通知する会社は元会社か先会社なのか?
いつもお世話になります。 転籍や出向の際の辞令を通知する会社は元会社か先会社なのかということについて以下3点ご質問です。 ①A社からB社へ転籍する場合、弊社の辞令では『A社の社長名でB社勤務を命じます。』としています。正しいでしょうか。 ②A社からB社へ出向する場合、弊社の辞令では『A社の社長...
同時期に2社で勤務する特定派遣契約は可能ですか
特定派遣の派遣元企業です。 このたび同時期に同一人物を2社、『A社』とA社の100%出資のグループ会社『B社』に派遣できないかとの依頼がありました。依頼元は『A社』です。 例えば月~水はA社、木~金はB社といった感じです。 指揮命令権はA社にいる時はA社、B社にいる時はB社となります。 2社に勤...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

サラリーマン法人化
会社員が法人成りして自営業者に変わり、会社との雇用契約をいったん白紙に戻して、改めて業務委託契約を結ぶこと。つまり、サラリーマン法人化した「元」社員は、会社での仕事はこれまでと同じまま、契約だけ変えて勤務することになります。会社は、雇用契約した社員=個人に給料を払うのではなく、業務委託した社員=法...
給与公開制
従業員に支払われる給与は、一般的に各社の給与テーブルによって決められます。しかし、どの程度評価をされればどれだけ給与がもらえるのか、従業員に給与テーブルをはっきりと示していない企業は多いでしょう。一方で近年は、給与テーブルの完全オープン化を試みる企業が現れ始めています。給与額を公開する狙いは、不公平...
就労継続支援A・B型事業所
「就労継続支援事業所」とは、障がい者自立支援法に基づく就労継続支援のための施設。一般企業への就職が困難な障がい者に就労機会を提供するとともに、生産活動を通じて、その知識と能力の向上に必要な訓練などの障がい福祉サービスを供与することを目的としています。同事業所の形態にはA、B二種類あり、「A型」は障...

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
健康経営を戦略的に推進するステップとは?取り組み事例と外部サービスの選び方

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:08/01~08/22
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


健康経営の実践に必要なステップ、外部サービスを選ぶ際のポイント

健康経営を戦略的に推進するための必要なステップや取り組み事例、外部サービスを選ぶ際のポイントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。