企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数14829件   回答数31716

半日有給の考え方について

いつも拝見しております。
今までも何度か半日有給の取得について質問がでていますが、改めて質問させていただきたいと思います。

当法人 8時30分~17時30分(休憩1時間)を1日の勤務と定めています。(時差出勤等ありますが)
休憩は、業務の関係上各職場によって異なっており、12時00分~13時00分のところろ、12時30分~13時30分のところがあります。
就業規則において、1日の有給時間を8時間と定めており、半日有給の場合は4時間としております。

①今までは、半日有給の場合は職場の休憩時間にかかわらず4時間の勤務をするべきと考えて、午前有給の場合は13時~17時までの勤務。午後有給の場合は8時30分~12時30分までの勤務としていました。

今回、ある職場からその職場の休憩時間に応じて半日とするべきという意見が出ました。
②休憩が12時00分~13時00分のところは、午前有給の場合は13時~17時までの勤務。午後有給の場合は8時30分~12時00分までの勤務。
休憩が12時30分~13時30分のところは、午前有給の場合は13時30分~17時までの勤務。午後有給の場合は8時30分~12時30分までの勤務。

半日有給の取り決めに関しては、法に触れない限り各法人で決めることができますが、前者①と後者②の考え方のどちらが妥当でしょうか?
法人の総務内でも考え方が分かれており、ご指導いただければと思います。

  • のんのーんさん
  • 福島県
  • 医療・福祉関連
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:福利厚生
  • 投稿日:2018/11/01 13:21
  • ID:QA-0080140

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/11/01 20:35
  • ID:QA-0080149

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、半休の区切り方につきましては厳格な措置が定められておりませんので、いずれでも差し支えないですし、どちらの方が客観的に見まして妥当であるという事も申し上げられません。時間の厳格な等分という観点からしますと①がよいでしょうが、職場の運営事情の観点から②の方が取得し易いという事でしたら②を選択されるのが望ましいという事になります。

つまり、あくまで御社での考え方次第という事ですので、社内でいずれの観点を優先されるべきか検討された上で決められるべきといえます。

  • 投稿日:2018/11/02 10:04
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。
法人内で意見を取りまとめて決定したいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/11/01 21:58
  • ID:QA-0080152

代表者

「鼻の差」で ② をお薦め

▼ 一般的には、午前・午後をそれぞれ半日とするのが適当であるという考えがあります。このほうが労働者の休養にあてるという年次有給休暇の趣旨からしても、昼の休憩時間を境にすれば半日休暇が取りやすいという面はあるでしよう。
▼ 他方、午前、午後いずれの有休であれ、周囲の社員の休憩時間帯に合わせる②の方式は。半休取得者の疎外時間帯がなく、職場雰囲気の観点から、私見として「鼻の差」でお薦めかなという処です。

  • 投稿日:2018/11/02 10:06
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。
私としては、①の方が職場間で不利益が出ないのとで良いのかと思っておりました。
法人内で十分協議をしたいと思っております。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/11/02 11:45
  • ID:QA-0080172

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

半休制度は、時間単位の有休とは違いますので、そこの区別としましては、午前・午後でわけるのが原則となりますので、②が原則といえます。

①の場合には、労働者の合意が必要となりますので、話し合いを経て、合意のもと規定・周知する必要があります。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
翌日に跨ぐ勤務時間について
基本的な質問になるかと思いますが、 勤務時間が0:00を跨ぐ場合で、翌日が休日の場合、0:00から5:00までは休日かつ深夜労働とみなすべきでしょうか? 例えば平日の9:00~翌日(休日)3:00まで勤務した場合の0:00~3:00までの勤務時間についてです。 宜しくお願いいたします。
有給の取得に関して
有給取得について1件教えてください。 弊社には週によって勤務日、勤務時間ともに 異なるシフト制の時給者がいます。 勤続年数も長いので当然有給が発生しているのですが、 こういったものが有給を取得する場合、勤務時間は 何時間として給与計算をするものでしょうか? よろしくお願いします。
半日有給休暇について
標準勤務時間9:00~18:00、休憩時間12:00~13:00の場合、 半日有給休暇を下記のように設定することは可能でしょうか。 ・午前半休   9:00~13:00 勤務時間 13:00~18:00 休憩無し ・午後半休   13:00~18:00 勤務時間 9:00~13:00 休憩無し
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

コンプレストワークウィーク
「コンプレストワークウィーク」(Compressed workweek)とは、「圧縮された週労働時間」という意味。1週間の所定労働時間は変えずに、1日あたりの就業時間を長くして、その分就業日数を少なくする勤務形態のことです。たとえば週40時間労働で通常は1日8時間×週5日勤務のところを、1日10時...
分断勤務
「分断勤務制度」とは、1日の所定勤務時間を分割して働くことができる勤務形態のことで、「分割勤務」と呼ばれることもあります。これまでの勤務形態は、昼休憩は挟みつつも「連続して8時間」などが通常でしたが、会社外での勤務を認めるリモートワークが広がり、「オフィスで4時間+自宅で4時間」といった柔軟な働き方...
勤務間インターバル規制
「勤務間インターバル規制」とは、時間外労働などを含む1日の最終的な勤務終了時から翌日の始業時までに、一定時間のインターバルを保障することにより従業員の休息時間を確保しようとする制度です。恒常的な長時間勤務や不規則な勤務体系の改善を目指す業界を中心に、ワーク・ライフ・バランス推進の具体策として注目を集...

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング 研修費ゼロの人材育成
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:11/01~11/14
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


変わる、就職・採用!大量に集めて大量に落とすモデルの限界

変わる、就職・採用!大量に集めて大量に落とすモデルの限界

「厳選企業と優秀学生をつなぐスカウト型のエージェントサービス」IROO...


これからのビジネスに欠かせない「経済知力」とは?

これからのビジネスに欠かせない「経済知力」とは?

変化のスピードが速い現代において、過去の“経験則”だけでは通用しないの...