企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数13206件   回答数27653

皆勤手当

弊社では皆勤手当を1万円支給しております。1日の休みだと半額の5千円になり、かつ、固定給1日分の欠勤控除。2日の休みだと0円になり、固定給2日分の欠勤控除を行っております。
ところが先日、1日欠勤した従業員に上記の通り、皆勤手当を半額に、1日分の欠勤控除を行ったところ、「皆勤手当は労いの報酬なのに欠勤控除を行うのは皆勤手当の主旨に反している。」と指摘されました。
確かに言われてみると、「労いの手当」なのに固定給を控除するのは矛盾している気がいたします。
本来はどちらが正しいのでしょうか?ご教示いただけると幸いです。

  • こじますたーさん
  • 北海道
  • その他業種
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:賃金
  • 投稿日:2018/07/13 09:36
  • ID:QA-0077794

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2018/07/13 13:36
  • ID:QA-0077821

代表者

両者は矛盾せず両立可能、但し、皆勤手当に呼称変更を

▼ 「欠勤控除」は、「ノーワーク・ノーペイの原則」、「問題の手当」は、「高出勤率へのご褒美」ということで、両者は、両立し得るものです。
▼ 誤解を生むのは、後者の「皆勤手当」という呼称です。皆勤は出勤率の「全勝」ですが、1日欠勤は「敢闘」と言った処でしょう。従い、「精勤手当」と改称されるのが良いと思います。

  • 投稿日:2018/07/13 13:44
  • 相談者の評価:大変参考になった

早速ご回答いただきありがとうございます。
精勤手当という呼称に変更したいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/07/13 16:43
  • ID:QA-0077825

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

まず、欠勤した場合には、その分の賃金控除はあたりまえの話です。

次に皆勤手当のルールは会社によって異なりますので、賃金規程等の規定に則した結果が文面のとおりであれば、何ら問題はありません。

  • 投稿日:2018/08/18 09:45
  • 相談者の評価:大変参考になった

皆勤手当のルールを書面にて明示しようと思います。ご返答ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/07/14 22:34
  • ID:QA-0077835

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、皆勤手当の支給と固定給の欠勤控除については基本的に全く別の事柄になります。

従いまして、欠勤分の控除をされるのはノーワークノーペイの原則から通常有効であって、皆勤手当の支給有無によって左右されるものではございません。

但し、社員から指摘がなされたのは、御社規定上で欠勤控除があたかも皆勤手当と関係があるかのような定めをされていることによるものと思われます。そうであれば、確かに紛らわしい定め方ともいえますので、欠勤控除については固定給の規定部分において別途定めるよう変更されるのが妥当といえるでしょう。

  • 投稿日:2018/08/18 09:46
  • 相談者の評価:大変参考になった

皆勤手当のルールを書面にて明示しようと思います。ご返答ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/07/17 10:43
  • ID:QA-0077849

人事・経営コンサルタント

名称

皆勤手当という名称がおかしいという指摘とすれば、それは確かに正確な表記ではないでしょう。しかしそれは会社の一義的決定なので効果自体何の問題もありません。
ただわかりづらい名称を放置するメリットもないので、名称変更は考えて良いと思います。

  • 投稿日:2018/08/18 09:49
  • 相談者の評価:大変参考になった

そうですよね皆勤という手当を半額出す。ということは事業主が1日休みでも皆勤とみなしている。と思われますよね・・・なのに欠勤控除するのはおかしい。とスタッフに言われるのは何となく分かります。精勤手当に名称変更したいと思います。ご返答ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
欠勤控除について
固定給の者が、私傷病で1ヶ月間全ての出勤日を欠勤した場合、日数で欠勤控除し給与を支払うべきなのか、全くの無給で良いのかを教えていただけないでしょうか?
傷病手当金について
いつも御世話になっております。 傷病手当金の申請で、「継続した欠勤の4日目から」とありますが、 例えば・・・   2/1 欠勤 2/2 欠勤 2/3 欠勤 2/4 公休 2/5 欠勤 というふうに欠勤した場合、2/5から傷病手当金が発生すると思いますが、 2/1 欠勤 2/2 出勤 2/3 出勤 ...
欠勤控除
欠勤控除が可能かどうかご指導ください。 当社は、 ・給与は月末締めの締月の25日払い ・就業規則では、欠勤控除はしない。ただし、賞与で欠勤日数に応じてとあります。 退職日が5/31の場合、有給消化が月中で終了した場合は、ノーワークノーペイの原則で欠勤控除ができるのでしょうか。それとも、就業規則にある...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 燃料手当、寒冷地手当の設定内容と改定状況――支給状況、改定頻度、手当額の決定方法など
    原油価格高騰に伴い灯油、ガソリンなど石油製品価格が値上がりを続けていることを受けて、労務行政研究所では、2007年12月に「灯油、ガソリン高騰下における燃料手当、マイカー通勤手当の対応アンケート」としてウェブによる調査を実施しました。本記事では、同アンケートで調べた燃料手当、寒冷地手当に関する設定内...
  • 私傷病欠勤・休職制度の最新実態──欠勤・休職期間は勤続10年で約2年
    業務上の傷病とは異なり、私傷病については法的な雇用保障はなく、健康保険法による傷病手当金の給付が規定されているだけです。とはいえ、社員が万が一私傷病で長期にわたる休みを余儀なくされても安心して療養できるよう、就業規則等において雇用や生活の保障を整備しておくことは重要です。本記事では、労務行政研究所が...
  • 「残業手当」100%支給にこだわる求職者
    裁量の範囲が大きいオフィスワーカーや開発職などで、「みなし労働時間制」を導入している企業は多くあります。ところが最近、残業手当の有無や支給状況を気にする人が現れてくるようになりました。勤務時間が長くなりがちなIT業界、特にエンジニアなどにその傾向が目立つといいますが、その理由とは――。

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
新しい働き方を実現するソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

管理者が成長するために必要なこと リクナビHRTech
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:09/01~09/21
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


新しい働き方を実現するソリューション特集

いま、『日本の人事部』が注目する『働き方改革』についての記事・セミナーやサービスをご紹介します。



定着率を高め、自発的に行動する新入社員を育成するソリューション特集

本特集では、自発的に行動し、早期に戦力となる新入社員を育成するための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーや資料請求のお申込みも可能です。万全の体制で春を迎えるために、ぜひご活用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


2020新卒採用の“傾向”と“対策”

2020新卒採用の“傾向”と“対策”

大卒求人倍率は7年連続して上昇、300名未満の中小企業の求人倍率は9....