企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数12755件   回答数26580

中国子会社への出張→出向手続きに伴う具体的留意点について

いつもお世話になります。さて現在複数名が弊社の中国子会社へ長期出張という恰好で従事していますが、既に通算で5か月以上経過し、同国の個人所得税に斯かる183日に抵触する虞がありますので、出張ではなく「出向」という形に切り替えようと考えています。つきましては出向手続きに斯かる留意点(課税面、法制面、就労ビザの申請取得、子会社との合意形成や契約書の有無? 等)をご教示いただけませんでしょうか。宜しくお願い致します。

  • 人事担当者Tさん
  • 大阪府
  • 食品
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:雇用管理
  • 投稿日:2018/05/15 17:21
  • ID:QA-0076551

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2018/05/15 19:42
  • ID:QA-0076559

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、当方からは人事労務面からの回答のみになる旨ご了承ください。

その上で申し上げますと、出張と出向の最も重要な相違は、期間の長短ではなく、指揮命令権をいずれの会社が持っているかという点になります。

すでに5カ月以上の出張になるという事ですが、出張である以上現行の指揮命令権は中国子会社ではなく出向元が保持している、つまり御社から出された指示に基づいて出張社員は業務を遂行していることになっているはずです。そうであれば、これを現行の業務運営のままで出向に切り替えることは出来ません。

従いまして、まずは最優先事項として、中国子会社と協議の上、今後については子会社側で業務に関わる指示・命令を出して頂くことについて了承を得ることが必要になります。その場合は当然ながら出向契約書を取り交わしますが、海外出向により日本の労働法令の適用が原則なくなり、中国の労働法令が適用されることになりますので、そうした点についても違法性が生じないよう現地法令に精通したスタッフまたは専門家のサポートを受けられた上で対応される事が重要といえます。

  • 投稿日:2018/05/17 15:07
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。おっしゃる通りで向こうの法務に精通したコンサルサービスを受けるのが近道かもしれません。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/05/16 18:09
  • ID:QA-0076586

人事・経営コンサルタント

雇用管理

出向になるということは子会社の社員として働くことになりますので、雇用の実態が変わるはずです。中国の会社に入社するのに必要な雇用契約やビザ申請などが必要になるでしょう。日本ではなく中国の法規制下に入りますので、中国の法律に詳しい専門家の指導を得ることが必要と思います。おそらく日本ではなく現地でふさわしいサービスを探すことになるのではないでしょうか。

  • 投稿日:2018/05/17 15:08
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。現地でそういうサポート可能か検討してみます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
転籍出向者の出向について
弊社の子会社に転籍出向させている者を、得意先に対して出向させる(二重出向)ことの是非についてご教示願います。 出向契約は、弊社子会社と出向先会社となります。
出向者の労災保険手続きについて
出向者の労災保険手続きについて教えてください。 出向先で弊社から出向中の社員がケガをした場合、監督署への手続きは出向先で行うのか、出向元である 弊社で行うのか、どちらで行うべきなのかをご教授願います。 よろしくお願い致します。
出向に関する注意事項
出向契約をする際、通常、出向元の会社が出向者へ給料を支払い、出向先より出向元の会社へ 出向料を支払いますが、この出向料を支払わない場合、法律上、問題はありますでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 莫邦富さん 「中国進出」の日本企業が成功する条件
    今後、日本企業が中国に根を張った成功を収めるためには、課題も少なくありません。たとえば、現地の有能な人材をどうマネジメントしていくか。アメリカなど他の国の企業に比べると日本企業は、中国人の社員を経営層に抜擢したり、その能力を十分に引き出したりするケースが少ないという指摘もあります。中国に進出した日本...
  • 出張におけるグリーン車と航空機の利用基準を調査 ~90年代前半と比べ、グレードダウンが顕著~
    90年代後半から2000年代にかけて、出張費用の削減に取り組む企業が増え始めました。その後もコスト意識の徹底が進み、出張におけるグリーン車と航空機の利用基準のグレードダウンは顕著のようです。今回は、最近3年間における国内出張費用の削減状況の調査結果をご紹介します。
  • 実は不安の裏返し? 採用条件に細かい外国人求職者
    日本で働く外国人が増えているが、それに伴って、国内で転職するケースも増えてきている。転職に際しては、外国人は人材紹介会社をよく利用する。その割合は、日本人よりも高いかもしれない。もともと海外では、日本に比べて人材紹介の普及率が高く、外国人が利用することに慣れている、というのもある。紹介会社はさまざま...

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
19卒採用支援ソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

仕事と介護の両立支援セミナー
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:05/01~05/25
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


19卒採用支援ソリューション特集

本特集では、今からでもご活用いただける、19卒新卒採用に役立つソリューションをご紹介します。
貴社の19卒採用にぜひご活用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


優秀な人材の流出を未然に防ぐ ~リテンション・マネジメントの最新技術とは~

優秀な人材の流出を未然に防ぐ ~リテンション・マネジメントの最新技術とは~

「日本は雇用の流動性が低い」とよく言われます。「流動性が低いことは問題...