企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数13046件   回答数27280

育児休業期間中の資格取得について

いつもいつも大へんお世話になっております。
Q&Aの内容等、実務の参考になるもの多々あり感謝している次第です。

小職はIT企業の人事部門で資格取得推進を担当しております。
近年、女性社員を中心に育休中に資格取得をしたいとの要望が増えてきており
ダイバーシティの観点からも対応せざるを得ない状況になりつつあります。

弊社社員で資格を取得する場合、業務上の必要性の有無を上司等が判断しその了承を得て
資格を取得するため、取得に要した受験日や必須研修受講は勤務扱いとなります。
また取得に要した費用も会社が精算いたします。(事後ですが)

よって、育休中(そもそも休業中です)の資格取得を今後進めていく場合の取り扱いについて
次の2点についてアドバイスいただきたくお願い申し上げます。

①労務の観点
下記厚労省のパンフレットでは、月当り就業している日が10日以内、かつ就業している時間が
80時間以内であれば育児休業給付金を支給するとあります。
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000178877.pdf
資格取得に要した日数や時間を就業とみなして、この育児休業給付金を支給するために考慮すべき点
などご教示ください。(例えば、日数や時間のカウントの仕方、支給の仕方、等々でしょうか)

②費用精算の観点
これはもしかしたら、社内の費用精算のルールに則ることかもしれませんが、
考慮すべき点などご教示いただければ幸いです。

他社様の事例などでも構いません。
どうか宜しくお願いいたします。

  • chirano1さん
  • 東京都
  • 情報処理・ソフトウェア
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:雇用管理
  • 投稿日:2018/02/14 15:57
  • ID:QA-0074885

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2018/02/15 13:17
  • ID:QA-0074898

代表者

「テレワークに関わる勤務規則例」をキーワードに検索しては

▼ 業務命令の出し方、在宅自己研修の方式、実績把握、受講に関する報告手順、費用の発生、支払、証憑の提出、賃金計算と支払い等、研修・受講実務に関するルールは、本件実情に詳しい御社にて作成して頂かなければなりません。
▼ と言っても、ゼロから作成するのは非効率ですね。「テレワークに関わる勤務規則例」などのキーワードを使って検索すれば、2~3の参考になりそうな事例が引っ掛かるかも知れません。
▼ 尚、厚労省パンフ拝見しましたが、賃金が、「賃金月額の・・・80%未満の場合」、児休業給付金が支給されますが、支給額は、「(賃金月額×80%)と賃金の差額」となりますね。余りご期待に沿った回答にならず、恐縮です。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/02/15 20:01
  • ID:QA-0074911

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、御社の場合「資格取得に要した日数や時間を就業とみなして」という取扱いでしたら、そうした日数及び時間はそのまま労働時間として通常勤務と同様に賃金を支払う必要がございます。また、当該時間が法定時間外または法定休日労働に該当する場合には、時間外または休日労働割増賃金の支払いも必要です。

但し、通常の勤務と異なり労働時間を会社側で把握する事が困難とも思われますので、その場合は労働者に自己申告して頂くか、或は事業場外のみなし労働時間としまして1日の所定労働時間勤務したものと取り扱うか、いずれかの方法を採る事になります。

そして、費用清算につきましても、勤務扱いとされている以上、資格取得の為に利用された講座や教材・交通通信費等の費用負担も会社側にて行うべきといえます。尚、清算に関わる手続・処理面については経理上の事柄ですので、経理担当に確認されるとよいでしょう。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
4週4日を取得できない場合の対応
休日については労基法で4週4日が定められていますが、例えば4週で2日しか休日を取得できなかった場合、残りの2日は休日勤務として割増賃金(35%)を支払うというのは問題ないのでしょうか? それとも何が何でも4週4日を取得しないといけないのでしょうか? 初歩的な質問ですみません。
有給一斉取得時の給与に付いて
今年度有給一斉取得を4日実施しています。 途中入社の方は、有給が無く一斉取得日にあたった場合、その分の給与は支給しないといけないのでしょうか。
代休の取得時間について
当社では、休日労働だけでなく、時間外労働が50H/月を超えた場合でも、代休を取得することができます。 そこで、もし社員が代休を取得した場合、三六協定上の時間外労働としてカウントする時間から代休取得分の時間をマイナスすることはできるのでしょうか。 ご教示の程宜しくお願い致します。
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 会社は社員の「資格取得」をどこまでサポートしてくれる?
    働く社員の側にとっても、自己のキャリアアップにつながる資格取得に会社が何らか援助してくれることは大歓迎だと思いますが、では実際にその援助は今、どこまで進んでいるのでしょうか。企業の資格取得援助をめぐる事情について、労務行政研究所の調査をもとに探ってみます。
  • 転職と資格取得の関係
    「資格取得」を転職やキャリアアップの強力な武器と考えている人は多い。メディアを見ても、資格取得のためのスクールや通信講座などが、「資格を取れば人生大逆転も可能!」とでもいうような勢いで、連日派手なPR合戦を繰り広げている。しかし、実際に採用する企業サイドは、あくまでも実務経験優先が基本という姿勢を崩...
  • 育児・介護支援制度の最新実態
    民間調査機関の労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、各企業の育児・介護休業等の最新実態を調査しました。今回はこの中から育児休業・介護休業それぞれの「期間」「休業中の月例賃金の取り扱い」について紹介します。

定番のQ&Aをチェック

従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
課題解決のノウハウが満載!『日本の人事部』注目のセミナー特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:08/01~08/15
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


課題解決のノウハウが満載!『日本の人事部』注目のセミナー特集

下期や来期に向けて、新たな人事ソリューション導入を検討されている企業様向けに、『日本の人事部』が厳選したセミナーをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。