無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了!
※登録内容はマイページで確認・変更できます。

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

既に会員の方はこちら

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

【ヨミ】ダイバーシティ

ダイバーシティ

ダイバーシティとは?

ダイバーシティとは、「多様性」を意味する言葉です。年齢や性別、国籍、人種、教育、職歴、価値観など、属性が異なるさまざまな人々が共存している状態を示します。ダイバーシティの推進は、組織の成長や競争優位性の確保といったメリットをもたらします。多様な人材が活躍できる環境を整えることはイノベーションにつながるため、企業にとって重要課題の一つです。

更新日:2024/03/27

ダイバーシティとは

ダイバーシティとは、「多様性」を意味し、さまざまな属性を持つ人々が共存している状態を示します。性別、年齢、人種などは、ダイバーシティの代表例です。

ダイバーシティの概念は、1960年代~70年代のアメリカで行われた、アフリカ系アメリカ人による公民権運動によって広がりました。人種や宗教、性別に関係なく人は平等であるという訴えから、ダイバーシティが広まったのです。

日本社会におけるダイバーシティ

日本では2000年代に入ってから、ダイバーシティについて議論されるようになりました。「日経連 ダイバシティ・ワークルール研究会」 では、ダイバーシティを以下のように定義しています。

「ダイバシティとは 『従業員の多様性』 のこと。性別, 人種, 国籍, 宗教など, 異なる背景や価値観を持つ人々がともに働くことで生産性を向上し,創造性を高めていこうという考え方」 (労基旬報平成 15 年 10 月 15 日号)。

近年は経済のグローバル化が進み、変化のスピードが激しく、予測不可能な時代と言われます。企業の競争優位性を高める手段として、ダイバーシティは大きなポイントの一つになっています。

ダイバーシティの種類

ダイバーシティは、表層的ダイバーシティ、深層的ダイバーシティの二つに分けられます。

  • 表層的ダイバーシティ
    外見から識別できるもの。例:年齢、性別、人種など
  • 深層的ダイバーシティ
    外見からは判別しにくいもの。例:パーソナリティ、価値観、習慣、職歴、スキルレベルなど

表層的ダイバーシティはデータで示しやすいため、対外的なアピールで効果を発揮します。たとえば、取締役に外国人を登用したり、女性役員を就任させたりすると、組織が変わった印象を与えることができます。

一方、深層的ダイバーシティには目に見える変化はありませんが、価値観が多様化することによって、プロダクトやサービスに変化が生まれます。プロダクトイノベーションや、プロセスイノベーションに対する効果を期待するのであれば、深層的ダイバーシティを意識する必要があります。

ダイバーシティとインクルージョンの違い

ダイバーシティと並べて語られることが多いのが「インクルージョン」です。インクルージョンは「包括」という意味を持つ言葉で、もともとはヨーロッパにおいて、社会的弱者を支えるための社会政策のコンセプトとして発展してきました。

日本でインクルージョンがダイバーシティとセットになったのは、2010年に入ってからです。2010年には経団連が「企業行動憲章実行の手引き(第6版)」で、以下のようにダイバーシティとインクルージョンについて述べています。

「バリアフリーやノーマライゼーションの促進なども含めて、意識・風土の改革などを進めながら、国籍、性別、年齢、障害の有無等を問わず、多様な人材が十分に能力を発揮できる職場環境を整備する 」

ダイバーシティが重視される背景

ダイバーシティが会社で重視される背景には、労働人口構造の変化、市場変化の速さ、グローバル化などがあります。

少子高齢化

2022年の高齢化白書によれば、65歳以上人口は全人口の28.9%。高齢者が増える一方で、日本の全人口は減少傾向にあり、2053年には1億人を割り込むと試算されています。高齢者の増加、現役世代の減少と、働く人が少なくなるなかで、多様な従業員が働くようになり、「正社員・フルタイム勤務・出社」という一つの働き方が正解とはいえなくなりました。

女性社員比率や障害者採用枠の増加、ミドル・シニア世代の採用の強化などで、働く人の多様化はますます進んでいます。さらにフルリモートや時短勤務など、働き方の多様化を進めて、さまざまな人が働きやすい職場を作ることが求められています。

グローバル化

グローバル化は、企業成長の大きなチャンスです。近年はデジタル変革により、海外市場に進出するチャンスも増えています。輸出の拡大、海外企業との連携など、新しいビジネスモデルを担う人材を獲得するため、組織のダイバーシティが求められています。

VUCA

現代は、VUCAと呼ばれる、先行きが不透明で予測が困難な時代です。企業は従業員が変化に適応して柔軟に働けるよう、人材育成や職場環境の整備に注力しなければなりません。さまざまな価値観を有する人々が属する組織は、新たなサービスや市場の変化に柔軟に対応できる可能性が高くなります。

ダイバーシティ推進のメリット

ダイバーシティを推進する企業や組織は、多様なニーズに対応しやすくなります。市場が大きく変化する時代において、素早く新商品をリリースしたり、既存サービスを改善したりすることは、企業業績の継続的な向上につながります。異なる組織文化や異なる仕組みを持った企業同士が合併した際も同様です。

ダイバーシティ推進のデメリット

ダイバーシティを推進し、企業パフォーマンスを向上させるには、多様な人材が働ける環境作りが重要です。柔軟な働き方、多様な勤務体系、異文化への理解など、さまざまな場面で、ハード面の整備やソフト面の理解が求められます。環境整備が不十分な職場では、チームワークの乱れや衝突が発生し、生産性が低下する恐れがあります。

ダイバーシティの推進方法

従業員比率と採用計画の見直し

現状の従業員比率、社員構成を見直します。会社によっては、男性正社員が9割以上という職場もあります。経営戦略に基づき、望ましい従業員比率を考え、採用計画を見直します。採用広報の打ち出し方を変えるなど、入り口からのダイバーシティ推進に取り組むことが第一歩です。

人事制度の改定や柔軟な働き方の整備

たとえば、配偶者の転勤や妊娠などの理由で出社が難しい女性社員がいる場合、フルリモートワークを導入することで、仕事を継続することが可能です。フルフレックス、時短勤務の拡大など、柔軟な働き方が組織のダイバーシティを支えます。

研修の実施

新入社員や管理職など、対象別に研修を行います。ダイバーシティやインクルージョンの概念を理解してもらうことはもちろん、それぞれの立場・役職からするべきこと、するべきではないことなどを学びます。

企業のダイバーシティ推進取り組み事例

10年ぶりの大規模な人事制度改革|三井住友銀行

三井住友銀行は、大規模な人事制度改革の一貫として、全従業員がいきいきと働ける制度作りに取り組みました。2020年に同社が大幅に人事制度をアップデートした背景には、従業員の価値観やマーケットの変化があります。

例えば、女性社員が多く在籍するBC職(一般職)では、「キャリア像がみえない」という課題があがっていました。かつては、結婚や妊娠で退職する社員が多かった同職ですが、近年は復職する社員が増えており、中長期的なキャリアプランが課題となっていました。

そこでBC職を、基幹職に当たる「総合職」と「総合職(リテールコース)」に統合。意欲と能力次第でフィナンシャルアドバイザー(FA)や、ウェルスマネジメントバンカー(WMB)、法人営業などの業務に挑戦できるようになりました。部長や支店長といった管理職へのキャリアアップも可能になり、キャリアパスが広がりました。

年齢を問わず採用する「第四新卒採用」|森下仁丹

森下仁丹株式会社では、2017年に「第四新卒採用」と銘打って、40代〜50代を中心とした中途採用を展開しました。その背景にあったのは、2000年代の採用控えから続く、中堅社員の人材不足です。とくに事業の中核を担う人材が不足しており、若手を牽引(けんいん)するミドル・シニア層を求めていました。

実際に「第四新卒社員」が入社すると、そのやり方や仕事ぶりに影響を受ける既存社員が出ました。組織成長のために、人材の多様化を進めるというトップの姿勢・目的が組織に浸透した結果といえます。

全社員を対象に毎年行う研修|ジョンソン・エンド・ジョンソン

ジョンソン・エンド・ジョンソンでは、ダイバーシティとインクルージョンを経営上の重要戦略としています。組織主導での研修実施のほか、現場の社員が行う活動が、同社のダイバーシティを支えています。

たとえば、毎年同社が実施している研修の一つに、アンコンシャスバイアス研修があります。ある状況に置かれたとき、社員としてどのような振る舞いをするのが正しいのかを考える研修です。「ハードな仕事は女性には気の毒」というような、無意識の偏見に各従業員が気づくことに役立っています。

また、同社には、「エンプロイー・リソース・グループ(ERG)」と呼ばれる、いわゆる社員会のようなものがあります。LGBTや障害に関するグループなど、特定のトピックに情熱を持つ社員が集まり、活動を展開。単なるボトムアップだけでなく、トップからのサポートや制度による支援も行われます。

企画・編集:『日本の人事部』編集部

HRペディア「人事辞典」

HRペディア「人事辞典」

? このジャンルの新コンテンツ掲載時に通知します このジャンルの新コンテンツ掲載時に通知します
フォロー

無料会員登録

フォローすると、対象ジャンルの新着記事が掲載された際に通知します。
利用には『日本の人事部』への会員登録が必要です。

メールアドレスのみの登録で、15秒で完了します。

用語の基本的な意味、具体的な業務に関する解説や事例などが豊富に掲載されています。掲載用語数は1,400以上、毎月新しい用語を掲載。基礎知識の習得に、課題解決のヒントに、すべてのビジネスパーソンをサポートする人事辞典です。

この記事ジャンル 女性活躍推進

無料会員登録

会員登録すると、興味のあるコンテンツをお届けしやすくなります。
メールアドレスのみの登録で、15秒で完了します。

この記事を既読にする

無料会員登録

「既読機能」のご利用には『日本の人事部』会員への登録が必要です。
メールアドレスのみの登録で、15秒で完了します。

この記事をオススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

オススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

「女性活躍推進」に関する記事

「女性活躍推進」に関する人事のQ&A

女性活躍推進法および次世代法の届出に関する罰則

いつもお世話になります。

会社が合併し、将来的に従業員数が増えた場合に必要となるものについて調べていたところ、

①女性活躍推進法に基づき、従業員301人以上の大企業は労働局へ 「一般事業主行動計画...

newyuiさん
神奈川県/ その他業種(従業員数 31~50人)
2019/04/01 16:51 ID:QA-0083465 人事管理 回答終了回答数 2 件

会員情報追加


メールアドレス
 
氏名

 人

※おおよその数字で構いません

担当する業務と人事経験年数を入力してください

都道府県

※内容はマイページで変更できます

「女性活躍推進」に関する書式・テンプレート

女性活躍推進、戦力化のポイントとNGポイント

女性活躍推進、戦力化のポイントと阻害要因についての解説です。

男女格差の度合いを示すジェンダー・ギャップ指数では日本は常に世界最低ランク。女性の活躍を妨げている要因はさまざまですが、上司や先輩、同僚の些細な言動が原因になっていることも少なくありません。

ここでは女性のやる気をそぐNGなポイントと、女性を活躍させるポイントを箇条書きにまとめています。

ダウンロード