企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

キーパーソンが語る“人と組織”

誤解、偏見、思い込み!?
達人が教える“本当のダイバーシティ組織”とは(前編)

株式会社イー・ウーマン代表取締役社長

佐々木 かをりさん

井佐々木かをりさん 株式会社イー・ウーマン代表取締役社長

ダイバーシティと聞くと、反射的に「女性活用」「女性活躍推進」を連想する人事パーソンも少なくないでしょう。しかし、株式会社イー・ウーマン代表の佐々木かをりさんは「ダイバーシティは必ずしも女性活用を意味するわけではありません」とおっしゃいます。働く女性向けサイトの草分け「イー・ウーマン」を主宰し、20年間続く「国際女性ビジネス会議」の企画・開催にらつ腕をふるうかたわら、内閣府規制改革会議委員をはじめ、多くの政府審議会委員も務めている佐々木さん。女性活躍推進の先駆者が力説するだけに、一般的な見方を覆す“ダイバーシティ≠女性活用”という指摘には強い説得力を感じます。では、本当のダイバーシティとはいったい何を意味するのか、なぜそれが必要なのか――。従来のイメージやこれまでに得た知識をいったん脇に措いて、じっくりとお話をうかがいました。

Profile

ささき・かをり●上智大学外国語学部比較文化学科卒業。米国ニューヨーク州エルマイラ大学に留学。2008年名誉文学博士号授与。 1987年、70言語対応の国際コミュニケーションのコンサルティング会社、株式会社ユニカルインターナショナルを設立。1996年からは毎年夏「国際女性ビジネス会議」を企画、実行委員長を務める。2000年株式会社イー・ウーマンを設立。Webサイト「イー・ウーマン」を通じて、スマートコンシュー マーの知恵を活用し、企業のブランドコンサルティング、コンセプト提案、商品開発などを行っている。2009年からは、表参道にて数々の講座提供および企業向け研修、講演アレンジメントも行っている。2013年、各分野で活躍する女性の講師、講演者、委員、女性社外役員などを紹介する「女性スピーカーズギルド」をスタート。テレビのコメンテーター、大学客員教授、各種政府審議会委員、上場企業などの社外取締役、社外監査役などを務める。著書は『必ず結果を出す人の伝える技術』(PHPビジネス新書)など多数。

なぜ必要? いまさら聞けないダイバーシティの意義とは

 企業にはダイバーシティが必要と言われて久しく、すでに各企業でさまざまな取り組みが進んでいます。しかし、そもそもなぜ必要なのか、わかっているようでわかっていない、学んだつもりがちゃんと腹落ちしていないという人も、案外多いのではないでしょうか。ダイバーシティの本質的な意義とは何か、あらためてご教示ください。

ご存じのように、ダイバーシティとは、日本語に翻訳すると「多様性」すなわち「たくさんのありさま」といった意味です。それがなぜ、いま企業に必要なのか、すごくざっくりいうと、多様性があるほうが健全だったり、安全だったり、また成長の可能性が大きかったりするからなんですね。ただ、かつてはそうではありませんでした。多様性は必ずしも、経済活動に必須ではなかった。いいえ、ないほうが便利だったと言っていいかもしれません。

 どういうことでしょうか?

これまで日本の社会では、ほとんどの組織において、ある特定の大学を卒業した、健康な日本人の男性たちがリーダーシップをとってきました。経済界も、政界も、そしてメディアも。彼らの間には皆、何かしらの関係があって、「あそこのトップは同級生だからよく知っているよ」とか「あの新聞記者は部下の後輩らしい」というように、業種業界を超えた、彼らだけのコネクションが効くわけです。いわゆる“ボーイズ・ネットワーク”と呼ばれるつながりですね。生まれ育った環境や家族構成も近いし、ある単一の、共通する価値観の下に教育されてきたので、何かを決めたり、進めたりする際にはまさに以心伝心。あうんの呼吸から互いを察し、スムーズに意思統一を図ることで組織をぐいぐいと引っ張っていきました。戦後、日本の驚異的な復興や力強い経済成長を導いたのは、この男性中心のネットワークのパワーではないかと、私は考えています。

 多様性を排したからこそ、物事がうまく運んだというわけですね。

組織も価値観も男性中心に偏っていたからこそ、いい意味での一枚岩になって、取り組むことができたと言えるでしょう。ですから、そんなふうにして日本がここまで成長してきたこと自体を、否定するつもりは毛頭ありません。しかし戦後50年、60年が過ぎ、グローバル化、さらにはIT化の進捗により、それまでと同じでは経営を守れない、成長につながらないという現実が、いやでも見えてきました。いまや消費者が持てる情報量は増大し、そのライフスタイルも多様化しています。世界に広がるマーケットの中で、株主も人材も国境を超えて流動化するようになりました。そうなると、これまで男性偏重の単一の価値観とネットワークで決めたり、進めたりして、うまくいっていたこともうまくいかなくなってくる。経営に多様性を組み込まなければ、これからの日本企業は立ち行かない。なぜダイバーシティは必要かという問いに、私は20年来、こう答え続けてきました。

 多様性がないと経営が守れないとは、具体的にどういうイメージでしょうか。

いま、私の目の前にティーカップが一つあります。カップのこちら側の面には、実は取っ手がついていて、小さなマークも描き込まれていますが、そちら側(対面している取材者)からはそれが見えませんよね。誰かが私たちの真横からカップを見れば、取っ手もマークも見えるけれど、また別の見え方になるでしょう。多様性とは、そういうことなんです。物事は、視点や見る角度によって、違って見えるのが当たり前。それなのに、特定の価値観に基づく特定の視点から、ある一面だけを見て何かを決めたり、進めたりする経営手法は、決して健全ではなく、むしろ極めて危険だと言わざるをえません。なぜなら、消費者や株主はいまや360度、さまざまな角度にいて、企業を見ているからです。同じカップを、男性はそちら側からしか見ていないけれど、女性はこちらから見ているかもしれないし、外国人は横から、子どもや若者は下から、あるいは“斜め上”から見ているかもしれない。経営を多様化するとは、そうした多様な視点を組織に入れることであり、大切なのは「視点のダイバーシティ」であるというのが、私の考えです。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

キーパーソンが語る“人と組織”のバックナンバー

本田茂樹さん:
緊急事態宣言が全面解除
次の感染ピークを想定して今から取り組んでおきたい職場の感染症対策
新型コロナウイルス感染症の世界的流行により、私たちの暮らしは様変わりし、企業でも休業や自宅待機、在宅勤務などの対応に追われました。過去にも新たな感染が流行したこ...
2020/06/04掲載
宍戸拓人さん:
「対立」はイノベーションの源泉
組織を前進させるコンフリクト・マネジメントとは
異なる流儀や価値観を持つ個人の集まりである以上、組織内で起きる「対立」は避けては通れないものかもしれません。組織をマネジメントする立場の人からすれば、社員同士の...
2020/05/15掲載
高橋俊介さん:
不確実性の時代に企業や人事はどう行動すべきか
「変化対応能力のある組織」をつくるダイバーシティとキャリア自律
グローバル化によるビジネス環境の急速な変化、少子高齢化にともなう人手不足、働き方改革への対応、さらには突然の大規模災害や感染症に備えての対策まで、企業はさまざま...
2020/05/08掲載

関連する記事

日本の人事部「HRアカデミー2019」夏期講座
従業員の「仕事」と「育児」の両立支援~いま、人事が取り組むべきこと~
従業員の仕事と育児の両立を支援するうえで欠かせない「育児休業制度」。しかし、その利用状況を見ると、男女間に大きなギャップが存在する。女性の育休取得率が80%台で...
2019/10/21掲載イベントレポート
女性活躍推進が成果を「上げている」企業は約半数。
「上げていない」と答えた企業では、女性従業員の「昇進意欲」や「モチベーション向上」が課題
多くの企業が女性活躍推進に取り組んでいる。その成果については、「上げている」(8.9%)「どちらかといえば上げている」(36.6%)が合わせて45.5%と、半数...
2018/08/02掲載人事白書 調査レポート
いま考えるべき人事の「未来像」
~新しい時代における人事の存在意義とは~
グローバリゼーションやテクノロジーの急激な進化により、いま世界は大きく変わろうとしている。企業もビジネスモデルの変革を余儀なくされているが、こうした環境の中にお...
2018/06/11掲載注目の記事
社員53人で100億円を売上げる驚異の生産率
女性活躍を推進し、チームの力を最大に高める秘訣とは
オリジナル化粧品「マナラ」を展開する、株式会社ランクアップ。従業員は53人と少数精鋭ながら、100億円近くの売上を計上する同社では、増収増益を続けているにもかか...
2017/12/06掲載編集部注目レポート
「女性管理職増加」「多様性の達成」は通過点 マタハラにいち早く取り組んだプルデンシャル生命に聞く“多様性のその先”
プルデンシャル生命保険株式会社は、2008年頃には管理職の3割を女性が占めるなど、女性活躍推進に関して先進的な企業として知られます。現在は数字からは見えない、真...
2017/09/20掲載編集部注目レポート

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

あなたの会社の健康労務費見直しませんか? 従業員の自律的なキャリア開発を支援する

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


短期留学で新たな価値観や習慣と触れる<br />
~“変革的”リーダー育成術

短期留学で新たな価値観や習慣と触れる
~“変革的”リーダー育成術

グローバル化に伴う競争激化、さらにはリーマンショック後の世界同時不況な...