無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

誤解、偏見、思い込み!?
達人が教える“本当のダイバーシティ組織”とは(前編)

株式会社イー・ウーマン代表取締役社長

佐々木 かをりさん

売れすぎて販売休止!? 大ヒット商品も働く女性の視点から

経営に「視点のダイバーシティ」が入っていないと、多様化する消費者や株主が何を求めているかを正確に見極めることができないので、IR活動にも大きなリスクを伴います。例えば不祥事や事故を起こした企業の謝罪会見などを見ていて、「どうしてそういう言い方しかできないの」「お詫びの場でそれを言ったら逆にカチンとくる人もいるのに……」などと、不快に思われたことがあるんじゃないでしょうか。あれもやはり、特定の価値観を持った人たちが特定の視点から見て、「すばらしい」「完璧だ」と思っただけの、偏ったお詫びのしかたなんですね。事前に、多様な視点からのチェックを入れておけば、もっと多くの人の心に届くように、最低でも不快にすることがないように配慮が利いて、健全で安全なコミュニケーションができるはずです。

 冒頭、経営に多様性があるほうが健全・安全なだけでなく、成長の可能性も大きい、というお話がありました。これについてはいかがですか。

佐々木かをりさん Photo

多様性は、イノベーションの創出にも欠かせません。たとえば、これまでにない画期的な商品やサービスを開発する「プロダクト・イノベーション」。これを起こそうと思ったら、多様化する市場や消費者を、既存の視点で見ていてはダメなんですね。単一の同じ角度からいくら眺めても、新しいものは見えてきませんから。先述のティーカップの例えで言うと、死角になって、あるのに見えていない取っ手や模様の存在にどうやって気づくか。そのために、従来とは違う多様な視点や発想を確保することが、プロダクト・イノベーションのカギだといっていいでしょう。私たちイー・ウーマンも、クライアント企業に対し、“働く女性の視点”という新しい角度の発想を提供してさまざまな新商品開発をサポートしています。たとえば、2014年に味の素さんが発売した「トスサラ」Ⓡをつくりましたが、“粉末タイプのドレッシング”という画期的な商品で、大ヒットしました。

 売れに売れて生産が追い付かず、一時、販売休止にもなりましたね。

働く女性は当然、毎日忙しい。忙しいけれど、いいえ、忙しいからこそ、それを言い訳にしたくない。自分と家族の健康管理に欠かせない野菜をもっとおいしく、楽しく、しかも手軽に摂りたいという思いが強いんですね。そんな働く女性ならではの視点をインプットして、開発されたのが「トスサラ」Ⓡでした。企業内の既存の視点からは見えないけれど、私たちからは見えているものを提案して、一緒につくっていったわけです。

またダイバーシティは、そうしたプロダクト・イノベーションだけでなく、業務の流れや進め方を一新する「プロセス・イノベーション」も促します。特定のネットワークに所属する男性たちが、単一の価値観とあうんの呼吸で、自分たちのやりやすいように牛耳ってきたのが伝統的な日本の職場でした。そこへ女性たちが進出し、活躍するようになれば、当然、仕事の進め方や各自の働き方、コミュニケーションの取り方なども、従来通りというわけにはいきません。LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー)をはじめ、マイノリティーへの配慮を重視するなら、なおさらでしょう。外国人が加われば、宗教上の理由から、勤務時間中に数回仕事を中断してお祈りをしなければいけない、といったケースも出てくるわけですから。あらゆる人材を活かすためには、さまざまな角度から業務プロセスを見直し、仕事そのものを改革していかなければなりません。ダイバーシティの導入が、古い組織体質に風穴を開ける可能性は、決して小さくないと思います。

キーパーソンが語る“人と組織”

キーパーソンが語る“人と組織”

? このジャンルの新コンテンツ掲載時に通知します このジャンルの新コンテンツ掲載時に通知します
フォロー

無料会員登録

フォローすると、対象ジャンルの新着記事が掲載された際に通知します。
利用には『日本の人事部』への会員登録が必要です。

メールアドレスのみの登録で、15秒で完了します。

さまざまなジャンルのオピニオンリーダーが続々登場。それぞれの観点から、人事・人材開発に関する最新の知見をお話しいただきます。

この記事を既読にする

無料会員登録

「既読機能」のご利用には『日本の人事部』会員への登録が必要です。
メールアドレスのみの登録で、15秒で完了します。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

キーパーソンが語る“人と組織”のバックナンバー

関連する記事

【用語解説 人事辞典】
日本企業がイノベーションを生み出すためには何が必要か
健康寿命
L字カーブ
ビロンギング
ダイバーシティ・マネジメント
ぶら下がりシニア
ジェンダーギャップ指数
4R
ESG
出生時両立支援助成金