企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>
相談数15738件   回答数34192

社員ロッカーの取扱について

 当社は機械設備メーカーで事業所内の敷地に社員用の駐車場があり、建物内にロッカーがあります。
実態は自宅から会社ユニフォームを着用して私有車で出勤する者が多いためロッカーを使用しない者が数多くおります。
就業規則では就業中は会社ユニフォームを着用することになっていますが、通勤中の服に制限をしていません。結果として施錠できない使用されない古いロッカーばかりとなり、清潔面においても問題が生じます。
 いっそのこと使用を有料化して、同意しない者のロッカーを取り上げ、リニューアルしたいと考えますがいかがでしょうか。一部の人間だけ更衣室を有料で使用させることは問題があると思いますが、会社設備を有効活用するための良い策が見当たりません。
労基法上の問題ではありませんが、アドバイスいただければありがたいです。

  • あーさん
  • 愛知県
  • 機械
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:福利厚生
  • 投稿日:2017/11/17 19:35
  • ID:QA-0073515
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/11/18 12:21
  • ID:QA-0073519

代表者

有償化には賛成できないが、許可性の強化と定期清掃措置を

▼ 少々、分かり辛い点があります。それは、
① 私有車(自転車を含む)以外に、公共交通機関を使用する社員も、そこそこ居るのですか? その人達も、執務中はユニフォーム着用が義務付けられているのですか?
② 若し、そうなら、ロッカー有償化すれば、彼等は、否応なしに、費用負担増となり、他方、私有車出勤組では、益々、ユニフォーム着用出勤が増え、不使用ロッカーが増えるという構図ですか?
▼以上のいずれも YES なら、ロッカー使用を登録制とし、一定期間以上不使用の場合は、使用不可の措置を採ると共に、会社として衛生面から定期清掃措置を講じるようにしては如何がですか。
▼尚、ロッカーは、就労準備の場として不可欠の存在なので、有償化という考えには同意し兼ねます。使用者の遵守心得はシッカリさせなくてはなりませんが、ロッカールーム全体の管理はメンテ費用をを含め、会社の責任分野です。

  • 投稿日:2017/11/20 09:27
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございました。
よくわかりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/11/18 18:44
  • ID:QA-0073522

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、就業規則でロッカー使用についての取り決めがなく置いてあるものだから使っているということであり、ユニフォームをロッカーで着替える等の必要性もないという状況でしたら、ロッカーは会社の所有物ですのでそれをどのように取り扱おうとも会社の自由といえます。

それ故、ロッカーを有料使用にする事も、さらにはロッカー使用自体を廃止・撤去することでも差し支えございません。「同意しない者のロッカーを取り上げ」というと聴こえは悪いですが、そもそも会社の所有物を任意恩恵的に使用させていたに過ぎないものですので、そうであれば不当な行為ではないものといえます。まして、リニューアルして職場に役立つスペースとして有効活用されるということであれば、会社・従業員双方にとって大きなメリットがあるはずです。

但し、就業規則上でロッカー使用の権利が従業員に与えられているか、あるいは何らかの理由でロッカー使用が不可欠な従業員がいたりする場合ですと、既得権の喪失になるものといえますので、引き続き無償で必要最小限の利用については認められるのが妥当といえるでしょう。

  • 投稿日:2017/11/20 09:27
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありかとうございました。
考え方がわかりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
就業規則について
就業規則等で定める、いわゆる法令上の「会社」や「使用者」ですが、厳密には、これには役員だけではなく、管理監督者も含まれるのでしょうか?
会社で使用する文房具の負担について
会社で使用するノートやボールペン等の文房具は、会社が支給しなければならないのでしょうか? 現在、会社で支給しているのですが、経費削減を受け、やめたいと考えております。 ご多忙とは存じますが、ご回答の程、お願いいたします。
就業規則の届出について
弊社は社員数300名強。全国に数十箇所の支店を持っていますが、それぞれの支店は社員が10名おりません。 このような場合でも、すべての事業所で就業規則の届出を行なわないといけないのでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
プロパー社員
プロパー社員とは、「正しい、本来の」などの意味をもつ英語“proper”から転じた和製英語まじりの言いまわしで、いわゆる「生え抜き」の社員や正社員のことを指す、日本の企業社会特有の表現です。「プロパー」と略して使われることが多く、その意味するところは文脈や職場によって異なります。
サラリーマン法人化
会社員が法人成りして自営業者に変わり、会社との雇用契約をいったん白紙に戻して、改めて業務委託契約を結ぶこと。つまり、サラリーマン法人化した「元」社員は、会社での仕事はこれまでと同じまま、契約だけ変えて勤務することになります。会社は、雇用契約した社員=個人に給料を払うのではなく、業務委託した社員=法...
インディペンデント・コントラクター
サラリーマン時代に身につけた専門的な技術を元手に独立して、業務請負のかたちで複数の会社の仕事をします。アメリカでは、ホワイトカラーが独立するときの手段として一般的になっていますが、日本でも互助団体「インディペンデント・コントラクター協会」(本部・東京都港区 http://www.npo-ic.org...
定番のQ&Aをチェック
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

従業員の自律的なキャリア開発を支援する あなたの会社の健康労務費見直しませんか?
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:06/01~06/03
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


~誰しもが経験するつまずきを乗り越える方法とは?~<br />
新人がイキイキと働くために、人事ができること

~誰しもが経験するつまずきを乗り越える方法とは?~
新人がイキイキと働くために、人事ができること

「3年3割」と言われる若年層の早期離職問題。手間もお金もかけて採用した...


「ワーク・ライフ・バランス」実現に向けて<br />
~企業は何に取り組むべきなのか?

「ワーク・ライフ・バランス」実現に向けて
~企業は何に取り組むべきなのか?

近年、長時間労働の是正や育児支援制度の導入など、企業の「ワーク・ライフ...