企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数15041件   回答数32314

所定休日日に任意出勤した場合の取扱いについて

お世話になります。

弊社は従業員約170名の中小IT企業です。大手IT企業の下請作業が90%程度です。
従業員の大半が当社の客先に常駐しての作業であり、日常、全従業員間のコミュニケーションがなかなか取れないため、今後、毎月、基本第1土曜日について

(1)法定休日の日ではない(所定休日)
(2)就業体系はフレックスタイム制です(コアタイム13:00-14:00)。
(3)会社としては休日ですが、社員間のコミュニケーションを図ることを目的として、午後2~3時間のイベントを開催予定。参加はもちろん本人の自由とし、当然、参加しないことによるペナルティは一切なし。
 イベントの内容は以下のようなものです。
 ・バーベキュー大会
 ・ボーリング大会
 ・本社事務所内で日本酒利き酒大会
 ・本社事務所内でワイン利き酒大会
 (レクリエーション性の高い内容ですが、会社主催です)

(4)勤務日ではありませんが、イベント参加のために出てきた従業員は、イベント参加時間分は勤務時間としてつけてよいことにする。
(5)労使間で締結している「フレックスタイム制に関する協定」では、法定休日出勤時には休日割増賃金を支払う旨記載はあるが、法定休日日以外については記載っはなし(支給しない)

上記のルールで土曜日イベントを実施しようとする場合、
a.参加した従業員に対する休日出勤扱いの要否(休日割増賃金支給の要否 等)
b.参加した従業員が、もし参加時(開催場所までの移動時を含む)に発生した事故等により、怪我した場合の対応(労災認定など)の要否
について、ご教示願えませんでしょうか?

よろしくお願いいたします。

  • どんちゃんさん
  • 東京都
  • 情報処理・ソフトウェア
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:報酬・賃金
  • 投稿日:2017/11/07 16:54
  • ID:QA-0073329

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/11/07 20:57
  • ID:QA-0073341

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

参加自由の社内行事であるのに、参加者に対して、勤務時間として賃金を支払うということは、あまり例をみませんが、一見、太っ腹といいますかいい会社とも思えます。

しかし、賃金を支払うということは、業務命令であり、やはり、矛盾を感じます。参加自由ということであれば、賃金を支払わない方がバランス的によろしかろうと思います。参加費は無料で会社持ち程度でよろしいのではないでしょうか。

参加自由でバーべキュー大会などでは、業務起因性、業務遂行性がありませんので、労災は認められないでしょう。

  • 投稿日:2017/11/08 09:21
  • 相談者の評価:大変参考になった

明快な回答ありがとうございます。
「勤務時間としてつけてよい」という措置は、なるべく参加して欲しいという意思からですが、逆にこうしないとわざわざ土曜日に出てくる従業員も少ないということが想定されます。勤務時間ではなく、他の手段も検討してみます。ありがとうございます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/11/07 22:54
  • ID:QA-0073346

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、当該時間につきましては自由参加であり、かつその内容も業務に関係のないレクリエーションになりますので、一般的な食事会等と同じく勤務扱いとされる必要性はないものといえます。

従いまして、賃金支払は不要ですが、業務と無関係の為労災認定は通常されないものといえるでしょう。

尚、「勤務時間としてつけてよい」といった措置については、完全な自由参加と判断されない可能性が無いとは言い切れませんので、こうした誤解を招くような措置については避けるべきといえます。仮に何かを支給されたいとすれば、通常の賃金よりは低額となる臨時の日当のようなものとして恩恵的に渡されるのが妥当といえるでしょう。

  • 投稿日:2017/11/08 09:24
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
勤務時間として扱うという措置は、参加任意であればわざわざ土曜日に出てくる従業員も少ないということが想定されるためで、ご教示のように、勤務時間ではない他の手段も検討してみます。ありがとうございます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/11/08 15:48
  • ID:QA-0073363

人事・経営コンサルタント

業務性

社員旅行など参加者が少なく、取りやめにするなど、レクリエーションを設定しても参加が少ないというのは各社悩みの種です。強制性を持たせないという以上、給与支払いもしない方がわかりやすく、強制しないというのが建前ではないかという疑問を否定できます。
参加率を上げるには逆に強制にして、全員に等しく給与対象にする企業もあります。少し豪華な景品がもれなく当たる抽選など、あくまで自由意思で参加を増やすことができるのが一番だと思います。

  • 投稿日:2017/11/09 09:18
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
昔と違い、会社と社員(労使)の関係は
グローバル化も絡んで、考え方を変えないと時代についていけないですね。
更に検討してみます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
法定休日と一斉休日との取扱い
店舗を持つ弊社は1月1日は一斉休日としております。 当該日がシフトで法定休日にあたっている従業員へは、別途法定休日を与えなければならないのでしょうか? 初歩的な質問で申し訳ありません。よろしくお願いいたします。
休日出勤の割増賃金について
時間外労働の賃金は、 所定出勤日の時間外は、 22:00まで 1.25 22:00以降 1.50 (翌5:00まで) 休日出勤日は、 22:00まで 1.35 22:00以降 1.60 (翌5:00まで) で支給しております。 休日出勤(日曜日)をして、翌朝(月曜日:所定出勤日)まで徹夜勤務をした...
会社休日の研修会参加命令
会社休日の日に、研修会参加命令をしましたが、当日は休日出勤扱いとすべきなのでしょうか?当社では就業規則他の規程で特に規程していません。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

インナーコミュニケーション
「インナーコミュニケーション」とは、社内における情報伝達のことをいいます。会議や打ち合わせ、通達、社内報、社内イベント、会話など、社内で繰り広げられるコミュニケーションを総称したもので、社内広報と呼ばれることもあります。近年、インナーコミュニケーションは従業員間で自然に起こるものではなく、組織が設計...
フレックスタイム制
働き方改革への意識が高まるなか、労働者が柔軟に勤務時間を決められるフレックスタイムに注目が集まっています。法改正が進み、人事制度の充実に向けて導入の検討を進めている企業もあるでしょう。社員の最適な働き方を目指したこの制度は、労働者および企業にどのようなメリット・デメリットを与えるのでしょうか。また、...
逆求人
企業が求人募集をかけて学生を集める従来の新卒採用活動の流れとは逆に、学生側がイベントやインターネットなどを活用して自らをアピールし、興味をもってくれた企業からのアプローチを待つしくみのことを「逆求人」と言います。知名度は低いけれど採用意欲の高い中堅・中小企業と、人気企業にこだわらずより広い選択肢か...

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
勤怠管理システムを選ぶ6つのポイントとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

女性活躍推進法が改正!▼詳細はクリック▼ dodaで採用準備を始めよう
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/19
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


「勤怠管理」に役立つソリューション特集

勤怠管理システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く<br />
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

人工知能(AI)技術をはじめとする近年のITの発達は、人事業務のあり方...


管理職1年生日記 (第2回)

管理職1年生日記 (第2回)

営業課長へと昇進し、当初は個人目標がなくなったことへの戸惑いを見せたA...