企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14821件   回答数31698

海外駐在帰任支度金

当社には海外現地法人や駐在員事務所が10拠点あり、30数名の駐在員がおります。海外駐在員規程も定めており、長年運用していますが、そうした規程も都度検討を行い、役員会承認を経て改定をしています。

今般、家族帯同の駐在員が帰任するにあたり、初めてのケースが発生し、その支度金につき相談です。規程の中には、帰任支度金も定めており、本人(役職別)、配偶者、子女の個々に金額を定めて支給してきました。今までは全て帰任地に家族共に着任するケースでしたが、今回は会社の人事の都合上、本人が単身で家族と別れて着任する配属となりました。会社が単身赴任を認めた形態ですが、その理由は子女の就学校の地域が、本人の帰任地とは違う実家のある地域だったためです。

本人からの問い合わせは、家族と一緒に住める帰任、配属であれば所帯が一つではあるが、単身赴任を余儀なくされ、家電などの準備も二重にしなければならない。規程では帰任支度金が定められているが、それは一所帯を想定したものではないか、単身赴任になる二重所帯には、別途追加支給をしてもらえないか、というものです。当社には別途、転勤規程を定めており、そこには単身赴任の準備金の項目も存在しますが、それを組み合わせることには疑問もあります。

例えば、就学等の都合で家族が先に帰任する、その後本人に帰任辞令が出され、帰任地が家族とは違う支社等になった場合、家族の帰任支度金は先に支払われており、その後本人の支度金も規程に従って個別の金額を支払うことになります。それが単身になったとしても家族のもとに帰ったとしても同額となります。今回は、帰任時期が家族と同じになり、いきなり単身赴任になった初めてのケースのため、こうした問い合わせになっています。

考え方、一般の事例等、アドバイスをお願いします。

  • けいえいきかくさん
  • 大阪府
  • 繊維製品・アパレル・服飾
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:福利厚生
  • 投稿日:2017/10/13 16:21
  • ID:QA-0072920

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/10/13 20:38
  • ID:QA-0072929

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、会社が任意で支給される手当になりますので、支給要件の定められた内容についての解釈によって判断せざるを得ないものといえます。

そして、当事案の場合ですと、帰任支度金(海外から帰任する場合に支給される手当)と単身赴任準備金(家族と離れ単身にて着任する場合に支給される手当)とは、支給要件も異なりますので個別に支給可否について判断されるべきものといえます。

文面を拝見する限りでは、当該社員につきましては、海外から帰任しかつ会社によって単身赴任も命じられていますので、上記2つの手当の支給要件を個別に各々満たしているものといえます。

従いまして、確かに手厚い支給になる感も否めませんが、逆に支給しない事の明確な規定上の根拠が存在しない以上、当人の要求は正当なものといわざるを得ないというのが私共の見解になります。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/10/15 12:18
  • ID:QA-0072936

代表者

帰国命令と単身赴任命令の同時発令は可なり酷、一定の配慮が必要

▼ 海外赴任帰国に関する単身・家族帯同を動機・態様別に考えると、事例は、可なり多岐に亘ります。従い、通常、規程化出来るのは、発生可能性の大きい場合に限られますので、特殊な状況の場合は、支給手当の趣旨に沿った個別対応が必要になります。
▼ ご説明だけでは正確な状況把握はできませんが、要は、「会社命令による帰任時期は本人・家族同時」だが、「家族の帰国後住居は本人の帰任先と異なる」ことに依り、「帰国命令と単身赴任命令が同時に発令された」状態になると理解して差支えないでしょうね。
▼ 同時発令と言っても、実際は、本人を含め家族全員が、一旦、主たる居住地に移動し、住居条件を整備した上で、可及的速やかに、本人が会社発令先に転任するのが現実的でしょう。その際の、「必要額の支弁」費用は、家族全員単位の同一居住先への帰国と、そこからの国内単身赴任に分けて必要な項目、金額を支給するのが妥当と考えます。
▼ 支給転勤費用は、支度金も含め、基本的には所要実費費用の補填ですので、今回の事案でも、その観点から、「合理的」であるか否かで判断されるべきでしょう。単身赴任の準備金なるものとの重複に疑問ありとの事ですが、準備金なるものが実費補填の性格である限りご懸念は不要だと思います。
▼ 机上の推定より、実際に海外赴任者が、帰国に際し、同時的に単身赴任せざるを得ない発令そのものは,帰国後の家族の安全な住居設営の責任を有する本人にとっては、可なり酷なやり方です。せめて、一旦、家族の落着先設営のために、必要な期間と必要な経費支弁をして上げるのが筋でしょう。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
単身赴任者の赴任先住居について
いつもお世話になります。 表題の件、お願い致します。 やむを得ず家族を離れ単身赴任をする場合に、一般的には赴任先の住居についてどのような待遇がされているのでしょうか。 現在賃貸に住んでいる場合に、赴任先でも家賃を払うと2重になってしまうので、どのようにすれば良いのか悩んでおります。 一般的な事例...
単身赴任先の住居について
単身赴任者が、会社側から借上げ社宅を用意されているにも関わらず、実家(赴任地より通勤所要時間、約2時間)に住む場合、そもそも単身赴任として認められるのでしょうか? ちなみに当該単身赴任者は、妻のみ子供なしで、妻は現職を継続するために帯同しないことになっています。
転勤、単身赴任に関する手当の処理について
転勤を命じる場合、単身者●万円、家族有者●万円といったように、赴任手当を支払うことにしようと思います。この手当の課税、社会保険料の取扱いはどのようにすればよいでしょうか? また、単身赴任者に月1回帰省旅費の実費を支払う場合についてもご教示下さい。 どうぞ宜しくお願い致します。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 海外駐在員の特別休暇、一時帰国制度等の実施状況
    『労政時報』では、1972年から毎年、海外駐在員の給与水準と給与制度の設定内容ほか駐在員管理にまつわる諸事項について実態調査を行っています。今年はこれに加え、(1)赴任(帰任・転任)時の特別有給休暇(2)一時帰国(休暇)制度(3)単身赴任者の国内残留家族の一時呼び寄せ(4)駐在員が帰任または転任した...
  • 会社は社員の事情をどこまで考慮してくれる?「転勤」に関する取り扱いの最新実態を探る
    サラリーマンに「転勤」はつきものですが、それが転居を伴うものになると、ちょっとした一大事です。引っ越し先を探したり、子供の幼稚園や学校の心配をしたり。家族と離れて単身赴任する場合は自分の健康や経済的な負担も気になってきます。そんな「転勤」をめぐる個人の事情について、今の会社はどれくらい配慮してくれる...
  • 転勤に関する諸取り扱いの実態 ――支度料、荷造運送費、別居手当など
    労務行政研究所が2007年以降、2年ぶりに「国内転勤に関する実態調査」を行いました。転勤は、社員の生活や家計に及ぼす影響が大きいため、企業としてもきちんとその取り扱いを整備しておく必要があります。

あわせて読みたいキーワード

ファミリーデー
「ファミリーデー」とは、企業のワーク・ライフ・バランス推進の一環として、会社が従業員の家族の職場訪問を受け入れる取り組みのこと。日々従業員を支える家族に職場への理解を深めてもらうとともに、従業員も同僚の家族との交流を通じて、それぞれに大切な家庭があるという事実を組織全体で再認識する機会とします。家...
転勤プレミアム
「転勤プレミアム」とは、主に転勤のある正社員に対し、転勤のリスクを加味して上乗せされる賃金のことをいいます。転勤が決まれば、住居や家族の仕事、子どもの教育など、生活におよぶ影響はさまざまです。また、実際に転勤を命じられなかったとしても、「いつ転勤になるか分からない」という状態が続けば、人生の見通しを...
ハードシップ手当
「ハードシップ手当」とは、海外赴任の際に起こりうる不安や負担を軽減するために支給される手当のことです。日本国内の転勤の場合、利便性に多少の差異はあれ、一定以上の治安やライフラインは保障されています。しかし、海外赴任の場合には必ずしも日本と同水準の快適な生活を送れるとは限りません。電気やガスの供給に食...

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング 研修費ゼロの人材育成
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:11/01~11/14
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。