企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数12431件   回答数25793

派遣社員の直接雇用について

いつも参考にさせていただいております。

当社では数名の派遣スタッフさんと一緒に働いているのですが、
この度、本人の意思のもと、一般派遣さんを直接雇用として、採用することと致しました。
紹介予定派遣さんではありません。また、採用は数名いる派遣スタッフさんの中の1名のみです)
以下の状況下で注意すべき点や、法的なリスクがあれば教えてください。

派遣満了日「翌日」より、当社で働いていただくにあたり
翌日にはもちろん当社と派遣スタッフさんの契約が切れている状況ですが、派遣スタッフさんと派遣会社がまだ繋がっている状況です。(登録状態の為)
この場合、派遣スタッフさんは、派遣会社との登録解除をすべきなのでしょうか?
個人的には、当社はWワークOKの為、派遣スタッフさんが当社で平日社員として、土日に働きたい場合は派遣スタッフとして働くことを考えたらそのままにしてあげたいのですが。。。
また、前提としてこの件については、派遣会社には伝えておりません。

色々調べた中で、以下の派遣法?が記載されていたので問題ないかと思ったのですが、
「派遣会社と派遣スタッフの関係性部分」が曖昧だったので質問させていただきました。

・派遣元事業主は、派遣先事業主との間で、原則として派遣社員の雇用期間終了後に派遣先事業主が派遣社員を直接雇用することを禁止する契約を結んではならない
・派遣先事業主が派遣終了後に、派遣元事業主を介さずに、派遣社員を直接雇用した場合には、紹介手数料を派遣元事業主に支払う必要はない

  • 投稿日:2017/06/06 12:10
  • ID:QA-0070902

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/06/06 23:13
  • ID:QA-0070916

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、まずご文面に記載された労働者派遣法の定めの通り、派遣期間終了後に派遣先と派遣社員として勤務されていたスタッフの方が直接雇用契約を締結されることについて制約はございませんし、紹介手数料を支払う義務もございません。

一方、直接雇用後の派遣スタッフの方の派遣元登録については、御社の関与する領域ではございませんので、全く当人の自由となります。但し、その結果他の会社で派遣勤務されることとなる場合には、当然ながら御社業務への影響が懸念されますので注意が必要です。通常であればこうした二重就業は禁止されているはずですので、就労を認める場合は当人に就業内容を確認の上、影響が生じないと判断された上で許可されるべきといえます。

  • 投稿日:2017/06/07 10:45
  • 相談者の評価:大変参考になった

教えていただきありがとうございます。
派遣会社に登録し続けることでの当社への影響部分は全く考えておりませんでしたので、勉強不足でした。ご指摘ありがとうございます。慎重に判断したいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/06/07 00:11
  • ID:QA-0070921

人事・経営コンサルタント

商道徳

法的には派遣社員を引き抜くことは可能です。ただし派遣会社にしてみれば、せっかくコストをかけて登録させたスタッフを、こっそり抜け駆けして引き抜かれるのは困るでしょう。派遣契約に採用についての取決めがあるのではないかと思いますので、一般的な商道徳上は派遣会社に採用したい旨伝え、三者合意で進めるのが一番理想と思います。
例えば「買って袖を通した商品を何回返品しても良い」ともいえる訳で、あくまで法律だけで解釈するなら強行突破は可能と思います。ただこうした評判はどこからともなく伝わることもあり、今後派遣会社も取引があるならまずは派遣会社に相談の上進める方が無難です。

  • 投稿日:2017/06/07 10:51
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。
確かに仰るとおりだと思います。法的部分と商道徳部分に関して、当社のモラル部分の問題になるかと思いますので、再度進め方を検討していきたいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
常用型派遣について
いつも利用させていただいております。 派遣には、登録型派遣と常用型派遣があるかと思いますが、常用型派遣は派遣元会社と無期雇用あるいは有期雇用で契約し、派遣先へ派遣をおこなうことになるかと思います。 この場合、派遣元会社で正社員(無期雇用者)を派遣先へ派遣することは、法的に問題となるのでしょうか。...
派遣者正規雇用について
派遣者正規雇用に必要な派遣元と派遣先の必要な書類
職場での派遣料公開について
スタッフより相談があったのですが、派遣先で派遣先社員が「あなたの派遣料知ってる?」「凄く高いんだよ」と具体的な数字は出していませんが、スタッフとしては「高い派遣料を払っている分、働け」と言っているように捉えています。 このような派遣先の行動は、そもそも許される事なのでしょうか。 派遣先へ、そのような...
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
女性活躍推進特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

高尾の森わくわくビレッジ
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:02/01~02/23
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


組織活性化特集

本特集では、組織活性化をはかるためのセミナーやサービス、資料をご紹介いたします。ぜひ貴社の変革を促すヒントを見つけてください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。<br />
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

日本企業の海外売上比率が高まっているが、一方でグローバル人材の育成やマ...


新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -

新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -

タレントデータの一元管理や活用はもとより、いま、企業人事にも、社員一人...