企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ショウカイヨテイハケン 紹介予定派遣

労働者派遣事業と職業紹介事業を組み合わせたもので、派遣先と労働者との雇用関係斡旋(職業紹介)を予定した派遣です。派遣期間中に派遣先企業は労働者の能力を見きわめ、労働者は自分に合う仕事かどうかを判断して就職できるメリットがあります。
(2004/11/22掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介予定派遣のケーススタディ

臨時の派遣社員ではなく
採用・就職を前提に働く

1999年の労働者派遣法改正で、それまで専門的分野に限定されていた派遣事業は原則自由化され、2002年度の派遣労働者は前年度の2割増の213万人になりました。

派遣事業には派遣会社が常用雇用する社員だけを派遣する特定派遣と、登録された多くの人を派遣する一般派遣があります。これらは派遣期間だけの臨時の就業ですが、2000年から導入された紹介予定派遣は、派遣先企業と派遣された人が同意すれば派遣先に就職することを前提にした派遣です。前者が、いわばお付き合いだけなのに比べ、後者は結婚を前提にした交際といえましょうか。

紹介予定派遣は職業紹介を含むため、派遣会社は労働者派遣事業と有料職業紹介業の免許が必要です。派遣期間は6カ月以内とされ、事務系職員の派遣が多いようですが、2004年春から紹介予定派遣に限り、病院など医療機関にも派遣できることになりました。

派遣先企業が採用しない場合には、理由を明示しなければなりませんが、採用は必ずしも正社員とは限らず、契約社員やアルバイトでの雇用もあります。このため、派遣先企業は事前に就業条件を示すことでトラブルを防ぐことになっています。

学生が卒業前の一定期間、就職希望企業で働いてみるインターンシップがありますが、紹介予定派遣はいわば社会人版のインターンシップでしょうか。就職環境の厳しい最近では、社会人経験のない新卒者に派遣会社が新人教育を施し、派遣社員として紹介予定派遣するケースが増えてきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

労働契約申込みみなし制度
「労働契約申込みみなし制度」とは、派遣先企業が違法派遣と知りながら派遣労働者を受け入れている場合、違法状態が発生した時点から、派遣先が派遣労働者に対して直接雇用を申し込んだものとみなす制度のことで、「みなし雇用制度」ともいわれます。申込みの実体がなくても、自動的に派遣先が派遣労働者に対して労働契約の...
グループ内派遣
「グループ内派遣」とは、人件費の節約などを目的に、大手企業が人材派遣会社を子会社として設立し、同社が親会社およびそのグループ企業各社に労働者派遣を行うことをいいます。2012年10月に施行された改正労働者派遣法(同年4月に成立)が、派遣会社に対して、系列企業への派遣割合を8割以下に抑えることを義務...
特定目的行為
「特定目的行為」とは、労働者派遣契約の締結に際して、派遣先企業が派遣労働者を特定することを目的とする行為のことで、労働者派遣法26条7項により禁止されている違反行為です。具体的には、労働者派遣に先立つ事前面接や履歴書の送付要求、性別や年齢による派遣労働者の限定などが、これに含まれます。派遣法が特定目...

関連する記事

人材派遣の「現状」
進化・拡大の勢いは止まらず――。数字から読み解く人材派遣市場の動向
2016/10/31掲載よくわかる講座
人材派遣とは
人材派遣の基礎知識から最新の人材派遣事情まで
2016/10/31掲載よくわかる講座
派遣の終了・更新・解除の実務
スタッフの雇用安定措置にかかわる法律を把握した上で、講ずべき対応とは
2016/10/31掲載よくわかる講座

関連するQ&A

派遣者正規雇用について
派遣者正規雇用に必要な派遣元と派遣先の必要な書類
常用型派遣について
いつも利用させていただいております。 派遣には、登録型派遣と常用型派遣があるかと思いますが、常用型派遣は派遣元会社と無期雇用あるいは有期雇用で契約し、派遣先へ派遣をおこなうことになるかと思います。 この場合、派遣元会社で正社員(無期雇用者)を派遣先へ派遣することは、法的に問題となるのでしょうか。...
紹介予定派遣から一般派遣への切替について
紹介予定派遣で派遣されている方が、6ヶ月以内の間で まだ正社員としてやっていくには自信がない為 できれば一般派遣で続けていきたいとの報告がありました。 当社としてはそれでも全く問題はございませんが、 派遣会社にその旨を伝えたところ、特定派遣に あたるのでそれはできない、とのことでした。 本人の意...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 雇用 ]
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

タレントパレット ジョブ・カード制度 総合サイト

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


会社の新しい挑戦を支えるために<br />
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

会社の新しい挑戦を支えるために
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

第一三共株式会社は2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グルーバル...


「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現<br />
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

福岡市に本社を構える西部ガス株式会社は、「働き方改革」の一環としてテレ...