企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

貸付金残高のある従業員の転籍について。

このたび、社内厚生貸付金残高が残る従業員が子会社へ転籍となります。
子会社と弊社の従業員規則は同じであります。この場合、弊社から子会社への貸付金残高はどのような処理が最適ですか。

投稿日:2017/02/03 14:24 ID:QA-0069115

0012さん
三重県/ゲーム・アミューズメント・スポーツ施設

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

可児 俊信
可児 俊信
株式会社ベネフィット・ワン ヒューマン・キャピタル研究所 所長 千葉商科大学会計大学院 教授

転籍時の社内貸付の取り扱い

一般に社内貸付は、自己都合退職の退職金額を貸付限度額とすることが多いのですが、
転籍時に退職金を支払う場合は、その際に返済していただくのがよいとおもいます。
支払わない場合は、転籍元から転籍先へ債権譲渡し、返済を継続していただきます。

投稿日:2017/02/03 17:19 ID:QA-0069116

相談者より

ご回答ありがとうございました。

投稿日:2017/03/11 14:28 ID:QA-0069655参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、就業規則の内容が同じであっても、貸付を行ったのは御社ですので、転籍の際に従業員債務を子会社側が自動的に引き継ぐことにはなりません。

つまり、当人の債務は御社に対し残っているままですので、基本的にはまず転籍の際に御社から請求されることが必要です。その際、すぐに返済が困難の場合には当人とも相談の上、不利益とならないよう子会社へ引き継がれる等現実的な措置を取られるのが妥当といえます。

投稿日:2017/02/03 22:45 ID:QA-0069127

相談者より

ご回答ありがとうございました。

投稿日:2017/03/11 14:28 ID:QA-0069656参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

転籍の実態的に会社主導なら、不利益措置は避けるべき

▼ この「転籍」の《実態的》な主導権は、御社、本人いずれ側にあるかによって措置は変わり得ます。会社主導であれば、転籍に伴い、当該従業員に不利益を齎すような措置は避けるべきです。
▼ その場合、具体的は、幸い、転籍先の子会社に同じ貸付制度があるようですから、移籍時点での未済残を同じ条件で、転籍先制度に転移し、子会社から御社へ同残高を支払って貰っては如何がでしょうか。
▼ 労使協定が締結されていると思いますので、今回のような転籍による場合の残債の措置に関する取扱いの有無をチェックしてみて下さい。

投稿日:2017/02/05 20:44 ID:QA-0069136

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
転籍に伴う退職金について
お世話になります。 この度、初めて転籍を行うにあたり、退職金について 少々問題が出ています。 勤続3年で初めて支払われるのですが、勤続年数は転籍後、 通算しないことになっています。 しかし、転籍先を3年未満でやめた場合、会社命令で転籍したにも かかわらず、退職金は支払われなくなります。 細かい所...
転籍の実施について
いつもお世話になっております。 解雇をする際には30日前に予告が必要ですが、 転籍の場合にはそのような事前通達は必要あるのでしょうか。 また、転籍(関連会社への転籍)を実施するにあたり、 転籍先と弊社での転籍に関する協定書などは必要なのでしょうか。 転籍を実施するに当たって法的に必要なことを教え...
転籍②
グループ会社内での転籍処理についてです。転籍元での年休残日数を転籍先でも継続することとなっていますが、その際、転籍時に年休残日数分の日給換算して転籍先へ支払う方がよいのでしょうか?それとも、無償で年休残日数のみ転籍先で使用可能ということでも良いのでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
関連する書式・テンプレート
  • 辞令(転籍)
    辞令(転籍)
    従業員本人に「転籍」を通知する「辞令」のサンプルです。
    ダウンロード
  • 転籍通知書(サンプル1)
    転籍通知書(サンプル1)
    転籍通知書の書式文例です。
    転籍とは、移籍出向とも呼ばれ、雇用契約を原則合意の上、解消した後に新たに転籍先と労働契約関係を成立させることを指します。

    転籍通知書での通達を実施する前に、該当社員への真摯な事前説明が重要です。また、「転籍先企業と転籍元企業との協定書」「転籍同意書」も不可欠な書類です。
    ダウンロード
  • 転籍通知書(サンプル2)
    転籍通知書(サンプル2)
    転籍通知書の書式文例です。
    転籍とは、移籍出向とも呼ばれ、雇用契約を原則合意の上、解消した後に新たに転籍先と労働契約関係を成立させることを指します。

    転籍通知書での通達を実施する前に、該当社員への真摯な事前説明が重要です。また、「転籍先企業と転籍元企業との協定書」「転籍同意書」も不可欠な書類です。
    ダウンロード
  • 転籍同意書(サンプル2)
    転籍同意書(サンプル2)
    転籍同意書の書式文例です。
    転籍とは、移籍出向とも呼ばれ、雇用契約を原則合意の上、解消した後に新たに転籍先と労働契約関係を成立させることを指します。
    機微な契約になりますので「転籍同意書」は不可欠です。
    ダウンロード
この相談に関連する記事
  • 今求められる「福利厚生」施策とは
    現代の日本企業には新しい「福利厚生」施策が求められている。最近ではその実現をサポートするアウトソーシング企業も続々と登場してきた。そうした施策やアウトソーシング企業を紹介する前に、ここではまず、そもそも「福利厚生」とは何なのか、考えてみたい。
  • 人事管理制度の実際
    人事管理制度全般にかかわる「人事異動」「出向」「転籍」「退職」「定年制」「解雇」「昇進」「コース別人事管理」について紹介する
  • 「給与計算」とは
    企業と従業員は、労働に対して給与を支払うという労働契約で結ばれています。遅配や支給ミスなどがあれば、従業員の信頼は大きく損なわれてしまうでしょう。ここでは労働契約の根幹を支える業務である給与計算の仕組みを正しく解説し、効果的な給与計算システムの導入やアウトソーシングを活用するための情報を提供します。...
あわせて読みたいキーワード
配置転換
人事異動により、従業員の担当職務や勤務地などを変更することを「配置転換」、略して「配転(はいてん)」といいます。配置転換は大きく、企業内の配置転換と企業間の配置転換に分かれます。前者には昇進・昇格、職種変更、勤務地変更などが含まれ、後者には子会社や関連会社への転籍、出向などが該当します。狭義では、...
特例子会社
特例子会社とは、企業が障がい者の雇用を促進する目的でつくる子会社のこと。障がい者雇用促進法は従業員56名以上の民間企業に対して、全従業員の1.8%以上は障がい者を雇うよう義務づけていますが、特例として、事業者が障がい者のために特別に配慮した子会社を設立し、一定の要件を満たした上で厚生労働大臣の認可...
ジェンダーハラスメント
「ジェンダーハラスメント」とは、ジェンダーロール(性別によって期待される社会的役割)に基づいたハラスメント行為のことを指します。例えば、女性従業員にだけお茶くみをさせたり、来客者の接遇をさせたりすることなど。男性従業員を「男のくせに」といった言葉で罵ることなど、セクシュアルハラスメントが性的な嫌がら...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

Withコロナ時代は社内研修をオンライン化!
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:11/01~11/25
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現<br />
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

福岡市に本社を構える西部ガス株式会社は、「働き方改革」の一環としてテレ...