企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

社内情報共有について

弊社は約10,000名の従業員を抱えたことで、部署を分割し、業務の効率化を図りましたが、事業部を分割したことで、各セクションでの障壁が構築され、会社の考える方向性、戦略が従業員一人一人に浸透しない現状が御座います。
社内イントラ等を使用し、良い打開策はないでしょうか?
御意見を頂ければ幸いで御座います。

投稿日:2006/12/11 19:57 ID:QA-0006870

*****さん
東京都/通信

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

この回答者の情報は非公開になりました
 

風通しの良い職場

以前の日経産業新聞・・・11月中旬だったでしょうか?
NTT系の企業で、ブログを立ち上げそこに書き込み等々をさせてみたら、いろいろな意見の書き込みがあり、新規事業まで登場したようなことが書いてありました。
ブログの一つの利用方法でしょうか?
管理するほうも大変かもしれませんが、なかなか面白い記事と思い読んでいました。
日経産業新聞社に問い合わせてみるのも、一考かもしれません。

すみません、私の分野ではないので・・意見になっていないかもしれませんが、参考にと思い投稿させていただきました。

投稿日:2006/12/13 18:22 ID:QA-0006897

プロフェッショナルからの回答

坂本 章
坂本 章
Six Stars Consulting株式会社 取締役 コンサルタント

社内情報共有について

ご担当者様

 Six Stars Consulting(株) 坂本です。
 ご相談の件ですが、会社の考える方向性、戦略が従業員に浸透しない・・・ということですね。

 社内イントラ、とありますが、ご担当者様は、どのような方向でのご活用をお考えでしょうか?

 誰が、どのような役割を担い、どのような状況になることを、目指していらっしゃるか?

 その上で、現状、どのようなことをなさっていらっしゃるか?
 また、どのようなことをしていけるといい(イメージ)または、上位から求められている 

 など、もう少し詳しく教えていただけると、具体的な情報がご提供しやすいのですが。

 お差支えのない範囲で構いませんので、お知らせいただければと思います。

 坂本

投稿日:2006/12/13 18:37 ID:QA-0006898

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

坂本 章
坂本 章
Six Stars Consulting株式会社 取締役 コンサルタント

イントラネットの活用について

ご担当者様

 現状をお知らせいただきありがとうございます。
 あるIT系企業では、以下のような活用の仕方をしています。

 1.社長の定期的な情報発信
   例えば、月に一度、動画で情報発信を行い、
   繰り返し伝えるメッセージ、最新情報などを定期的に流す。
 2.社内専門家の情報発信
   社内専門家が動画で、最新ケースなどを情報発信。
 3.e-ラーニングとしての活用
 4.社内コミュニティサイトとしての活用

 恐らく、大手のIT企業様の営業担当者であれば、もっと詳細の活用事例などを
 もっていると思いますので、そういった分野の方にも投げかけてみるのも
 よろしいかと思います。
 
 仕組みを構築する際には、
 1.鮮度ある情報の発信(見ないと取り残される感)
 2.有用な情報の発信(見ないと損)
 3.参加でき、レスポンスがあるしかけ
 4.遊びごころ
 5.現場のキーマンの巻き込み

 こんなところがポイントのように思います。

 ご参考になるかわかりませんが、情報提供まで。
 
 面白そうなお仕事ですね。
 また、成果など、教えていただけるのを楽しみにしています。

 坂本

投稿日:2006/12/13 19:25 ID:QA-0006901

相談者より

御返信有難う御座います。

とても参考になりました。
従業員ひとり一人が能動的に情報を取りにくる仕組み。
従業員側の稼動状況、心理状態を再度把握することが必要になりそうです。
情報を取りに来ないと損、取り残される等、配信情報にもメスを入れ、見直していこうと思います。

有難う御座いました。

投稿日:2006/12/14 11:36 ID:QA-0032807大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
会社都合で休んでもらう場合について
いつもお世話になっております。 会社の業務が少ないため、従業員にその日は休んでもらおうと考えているのですが、その場合、従業員個人が持っている有給を使用してもらっても差し支えないのでしょうか? ご回答、宜しくお願い致します。
26業務について
26号業務内で2つ以上の業務を行う契約書(○号業務と○号業務のような形式)は有効となるのでしょうか?
従業員代表の選出について
当社は、労働組合がありません。 したがって、従業員の中での選出による 従業員代表との間で労使交渉を行うことになります。 従業員代表についてですが、 本社以外に、東京事業所と中部事業所があります。それぞれの事業所毎に従業員代表の選出が必要でしょうか。 従業員の過半数の承認が必要である従業員の中には、契...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第2回)
    「いま求められる“効率的”人事給与業務とは?」第1回では、株式会社サイゼリヤが取り組んでいる事例を見ていくことで、現在の人事給与業務のあり方について探っていった。特に印象に残ったのは、同社の「徹底した業務効率性の追求」。そのためには、人事給与システムの有効活用を始めとする、「業務改革」が不可欠である...
  • 5. 人材派遣が可能な業務と期間
    人材派遣は可能な業務や期間が法律で定められている。特に、受け入れ期間については細かい規制が設けられている。その背景には、恒常的に人員が必要な業務に携わる人材は、直接雇用すべきだという行政からのメッセージがあることを理解しておきたい。この原則を踏まえた上で、自社の業務がどういったもので派遣が可能な期間...
  • 自分の会社で自分の転職相談をすることを気にしない人材 知り合いがいる会社に転職することを気にしてしまう人材
    転職が「うしろめたいこと」や「ネガティブなこと」でなくなって、転職相談に来られる方の意識や態度もずいぶん変わった。堂々としてきたのは良いことだろうが、ときには「ここまで開き直っていいのかな?」というようなこともある。代表的なものが「メール」だろう。勤務先企業から割り振られている業務用メールアドレスで...
あわせて読みたいキーワード
インナーコミュニケーション
「インナーコミュニケーション」とは、社内における情報伝達のことをいいます。会議や打ち合わせ、通達、社内報、社内イベント、会話など、社内で繰り広げられるコミュニケーションを総称したもので、社内広報と呼ばれることもあります。近年、インナーコミュニケーションは従業員間で自然に起こるものではなく、組織が設計...
ノウフー(Know Who)
ノウフー(know who)とは、「誰が何を知っているのか」「どこにどんな業務の経験者やエキスパートがいるのか」といった組織内の人的資源情報を蓄積し、検索できるしくみのこと。専門的なスキルやノウハウを持つ人とそれを必要とする人を、部署間の壁を越えて結びつけることで知識の共有化と有効活用を図る、ナレ...
イントラプレナー
イントラプレナー(Intorepreneur)とは「社内起業家」のこと。企業内において新しいビジネスを立ち上げる際、その責務を担うリーダーとなる人材を一般の起業家を意味する「アントレプレナー」(entrepreneur)と区別してこう呼びます。起業家精神はもとより、経営管理能力や事業全般にかかわる...
定番のQ&Aをチェック
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

無料ウェビナー8/25コーナーストーン主催
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:08/01~08/09
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


グローバルビジネスの“インフラ”を守る!<br />
 米国ビザ取得をアウトソーシングするメリットとは?

グローバルビジネスの“インフラ”を守る!
米国ビザ取得をアウトソーシングするメリットとは?

取得に多大な労力を要すると言われる米国ビザ。
なぜ取得が難しいのでしょ...