企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A
相談数15219件   回答数32799

時間外手当の定義

いつもお世話になります。以下ご質問です。よろしくお願いします。

初歩的な質問なのですが、「時間外手当」というのは、1日8時間を超えた場合や週40時間を超えた場合に支払う残業代、および会社が定めた所定休日に出勤し、その労働が1日8時間、もしくは週40時間を超えた場合に支払われる残業代を指すという認識で良いのでしょうか?

それとも、「時間外手当」というのは上述の内容プラス法定休日に出勤した休日手当、深夜労働をした深夜手当、全てを含め、時間外手当と呼ぶのでしょうか。

というのは当社の就業規則では、「営業社員の給与の営業手当に含まれる固定残業代」と「営業社員以外の者の給与に含まれている固定残業代(超勤手当)」および「時間外手当、休日手当、深夜手当」について以下のように定め、

(営業手当)
営業社員に対して支払する手当で、1か月間の所定労働日数に対し、時間外労働を見込み、時間外手当として支払う額を含む。

(超勤手当)
営業社員以外の者に対して支払う手当で、1か月間の所定労働日数に対し、時間外労働を見込み、時間外手当として支払う手当をいう。

(時間外手当、休日手当、深夜手当)
社員が法定労働時間外又は所定休日に労働した場合は時間外手当を、法定休日に労働した場合は休日手当を、また深夜(22 時から翌朝5時まで)において労働した場合は深夜手当を支払う(なお、時間外手当、休日手当、深夜手当をまとめて超勤手当という)。但し営業手当並びに超勤手当の支給を受けている社員に対する時間外手当は、営業手当並びに超勤手当のうち時間外労働手当として支給される額を超えた部分を支払う。


つまり、超勤手当には時間外手当、休日手当、深夜手当を含みますので、これらの時間外手当、休日手当、深夜手当の額の合計が超勤手当の額を超えない限り、時間外手当は支給されません。
例えば、超勤手当に含まれる固定残業時間が30時間の社員が今月、すべて定時で退勤しており、今月のカレンダーの最終日が所定休日だったとし、その所定休日に8時間働いても、その労働時間分は超勤手当に含まれているため、時間外手当は支給されません。営業手当に関しても同じ考え方になります。

長年、この運用で社員に説明をし、コンピューターシステムもこのように計算されるようになっているのですが、総務の者より「これでは、就業規則の文言上は、営業手当についても、超勤手当についても、固定残業代に含まれるのは、1日8時間を超えた場合や週40時間を超えた場合に支払う残業代や会社が定めた所定休日に出勤した残業代のみになり、法定休日出勤に対する休日手当や深夜手当は対象外(含まれない)と解釈できるので、修正する必要があるのでは?」と指摘を受けました。


営業手当の『時間外労働』を見込み、時間外手当として支払う額を含む。」、超勤手当の「時間外労働を見込み、時間外手当として支払う手当をいう。」という文章の「時間外手当」というのは、世間一般的に『1日8時間を超えた場合や週40時間を超えた場合に支払う残業代、および会社が定めた所定休日に出勤し、その労働が1日8時間、もしくは週40時間を超えた場合に支払われる残業代』と『法定休日に出勤した休日手当』『深夜労働をした深夜手当』全てを指すとは解釈できないのでしょうか。

仮に解釈できるとしても、(時間外手当、休日手当、深夜手当)のところに、『社員が法定労働時間外又は所定休日に労働した場合は時間外手当を』と書いてあるので、当社の就業規則では解釈できないということになるのでしょか?

  • newyuiさん
  • 神奈川県
  • その他業種
  • 回答数:1件
  • カテゴリ:報酬・賃金
  • 投稿日:2016/12/01 10:37
  • ID:QA-0068315
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
1件中 1~1件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2016/12/01 11:41
  • ID:QA-0068320

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、時間外手当といえば、通常であれば最初に書かれました通り、「1日8時間を超えた場合や週40時間を超えた場合に支払う残業代、および会社が定めた所定休日(※但し、法定休日は除きます)に出勤し、その労働が1日8時間、もしくは週40時間を超えた場合に支払われる残業代を指す」ということになります。労働基準法でも「時間外」の労働についてはそのような定義となっています。それ故、法律にそぐわない休日や深夜手当もひっくるめて時間外手当とする定めや解釈は当然避けるべきです。

従いまして、御社の就業規則で修正するとなれば、法律で定めのない「超勤手当」の文言を明確にされるのが妥当といえます。つまり、「超勤手当」の該当する内容としまして、時間外手当に加えまして休日と深夜手当も追加すれば現行システムに沿った規定内容となります。

  • 投稿日:2016/12/01 13:12
  • 相談者の評価:大変参考になった

いつもお世話になります。
大変参考になりました。有難うございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
資格手当は基準外手当?
現在、弊社では、公的資格手当の導入を検討しておりますが、導入した場合、資格手当は基準内手当として扱うべきか、基準外手当とすべきなのか、よくわかりません。もしご存じの方がおりましたら、教えて下さい。よろしくお願いします。
深夜手当を別の手当で支払う場合について
弊社では、夜間(20:00~27:00ぐらい)に運転する運転手に、運転手当を支払っています。しかし、その手当を支給する代わりに、深夜手当を支払っていなかったので、今回給料改定を行うにあたり、改善しようか、考えています。 運転手当は、深夜手当で計算するよりかなり多くなるため、従業員の方からは不満はあ...
時間外手当の基礎額について
いつもお世話になります。 時間外手当の基礎算出額についての質問です。 弊社では、リーダーという役職者に対し、リーダー手当を支給しております。 原則として、この手当は時間外の基礎算出額に含まれるべきだと思うのですが、社内で確認した結果、この手当は役職手当ではなく、職務手当であり、みなし時間外労働手当...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
ハードシップ手当
「ハードシップ手当」とは、海外赴任の際に起こりうる不安や負担を軽減するために支給される手当のことです。日本国内の転勤の場合、利便性に多少の差異はあれ、一定以上の治安やライフラインは保障されています。しかし、海外赴任の場合には必ずしも日本と同水準の快適な生活を送れるとは限りません。電気やガスの供給に食...
みなし残業制度
「みなし残業制度」とは、あらかじめ一定の残業代を給与に入れておく制度で、固定残業制度とも呼ばれます。企業と従業員の双方にメリットがある仕組みですが、正しく運用しなければ、労使間のトラブルや法律違反に発展することがあるため、注意が必要です。
朝残業
「朝残業」とは、正規の勤務時間内に予定の業務を終えられなかった場合、残った仕事を深夜まで残業して終わらせるのではなく、翌朝の始業時前にその業務を行う働き方のことです。大手商社の伊藤忠商事では午後8時以降の残業を原則禁止し、代わりに午前5時から9時までの時間外手当の割増率を引き上げて朝残業を促す新制度...
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
目標管理・人事評価システム導入のメリットとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:02/01~02/25
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


「目標管理・人事評価」に役立つソリューション特集

目標管理・人事評価システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...


Employee Experienceを企業競争力の源泉へ<br />
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

Employee Experienceを企業競争力の源泉へ
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

リクルートホールディングスでは2015年から、働き方変革を推進。グロー...