企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数12431件   回答数25793

グループ内での「職業紹介」について

弊社はホールディングス制を敷き、数社のグループ会社を持っており、その中に障害者雇用特例子会社があります。

現在、その会社のほうで「障がい者就労支援事業」を行っておるのですが、その『卒業生』の就職先として、グループ内の会社へ『紹介』した際、しかるべき免許や手続きを踏まえたうえであれば『職業紹介事業』として成立させることは法的に問題ありますでしょうか。

問題が無ければ新規事業として『有料職業紹介』を特例子会社側の事業に加える方向で検討したいと考えており、問題があるようでしたらその際の留意事項や法的制約などがわかると非常に有り難いです。

宜しくお願いいたします。

  • 人事マン見習いさん
  • 東京都
  • ゲーム・アミューズメント・スポーツ施設
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:中途採用
  • 投稿日:2016/11/17 12:54
  • ID:QA-0068192

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2016/11/17 20:57
  • ID:QA-0068195

代表者

「障害者雇用機会の拡大」への法的阻害制限は見当らない

▼ 日本における職業紹介事業は、職業安定法(第4条)に依拠していますが、障害者雇用に特別の配慮をした子会社(特例子会社)であるが故の制限的要件は一切ありません。
▼ むしろ、社会的ニーズである、障害者の「雇用機会の拡大」「個々人の能力発揮」が図られる観点から、関係行政機関の支援も得やすくなると思います。
▼ 「職業紹介」、「障害者雇用機会の拡大」、何れも、厚労省の所管エリア故、具体的、実務的事項に就いては、各都道府県労働局、又は、最寄りのハローワークにお問合せ、ご相談されることをお薦めします。

  • 投稿日:2016/11/21 11:52
  • 相談者の評価:大変参考になった

早速のご回答有難うございました。
頂戴した内容を踏まえつつ、対応させて頂きます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2016/11/17 22:36
  • ID:QA-0068196

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、グループ会社へ紹介する事自体については法的制約が見当たりませんので、きちんと許可を受けた上での職業紹介事業を営んでいれば差し支えないものといえるでしょう。

但し、グループ会社間で所定の紹介手数料とは別の金銭収受が行われたりといった事が行われないよう、一般他社への紹介と全く変わりないルールに基づいて実施しなければならない点に留意が必要です。

  • 投稿日:2016/11/21 11:52
  • 相談者の評価:大変参考になった

早速のご回答有難うございました。
頂戴した内容を踏まえつつ、対応させて頂きます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
有料職業紹介事業における募集
お世話になります。 当社では、有料職業紹介事業による中途採用を予定しているのですが、職業紹介事業主が人材を募集する際に、紹介先となる当社名・業務内容等をオープンにして募集を行っても良いのでしょうか。 また、その後当社に紹介する人材を紹介事業主がある程度判断した上で選抜することは可能でしょうか。
登記の事業目的について
事業目的ですが、今後の事業拡張のために現在の事業内容だけでなく、見込まれるものも入れておきたいのですが、どのような文言がよいのでしょうか?文例のようなものがあれば教えてください。(できるだけ多くの事業内容を盛り込みたい)
社員紹介料について
質問です。 今回社員紹介料として、既存の社員に対して即戦力となる人材を紹介し、入社に至った場合に社員紹介料を支払うといったことを考えているのですが、法的に問題ないでしょうか? 人材紹介事業を不正に行っていると見られてもいけないので、可能か不可能なのか。 また可能であればどのような手続きをしなけれ...
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
女性活躍推進特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

マネジメント向け両立支援/カムバボス版!
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:02/01~02/23
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


組織活性化特集

本特集では、組織活性化をはかるためのセミナーやサービス、資料をご紹介いたします。ぜひ貴社の変革を促すヒントを見つけてください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


イノベーションを生み出せるのは“現場”<br />
ICTによるスピーディーな個の連携が“最上のバーチャルチーム”を作り出す

イノベーションを生み出せるのは“現場”
ICTによるスピーディーな個の連携が“最上のバーチャルチーム”を作り出す

変化の激しい現在、企業には、市場の変化にスピーディーに対応したビジネス...


顔と名前の一致”が組織を強くする<br />
 シンプルな仕掛けで人事・組織の課題を解決する「カオナビ」とは

顔と名前の一致”が組織を強くする
シンプルな仕掛けで人事・組織の課題を解決する「カオナビ」とは

企業は成長を目指すのが常ですが、成長するほど見えなくなってしまうものが...