企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A
相談数15405件   回答数33288

転居拒否をした転勤者の取扱いについて

いつも大変お世話になっております。

今年9月に質問を投稿させて頂いた件(「転居を伴う異動について」)の延長線上の質問になります。
10月1日付で東京本社から名古屋営業所への転勤者がいるのですが、住宅を購入している理由から転居を拒み、かなり身勝手な理由を並べて結果的に転居無しの転勤となりました。
先生方にはいろいろなご意見を頂き、今後の為にも出来るだけ早く規程の見直し(「片道何キロ以上、あるいは何時間以上の通勤は転居を伴う」など)を行い、また今回の該当者については、健康状態や勤怠・成績等に影響がないかしっかりと管理監督して対応する事と致しました。
さて、この後が問題なのですが、、、今の当社のルール(内国旅費規程)では外出時間に応じて日当が発生します。営業職もなぜかこれに該当させておりまして(そもそも事業場外みなしで勤務する営業職に該当させること自体がおかしいのですが)今回引き継ぎが完了し、実際名古屋勤務者としての業務が開始されたのですが、本来ならば名古屋に転居するはずだったわけですから、名古屋を起点に外出時間を計算し、日当の請求になるはずなのですが、担当エリアは名古屋だけでなく、静岡県、愛知県、三重県と広範にわたり、実態として名古屋を起点に外出時間を計算するというのも難しい面がでてきそうです。
また、交通費等の考え方は以下のように取り扱っております。

・宿泊費(営業エリアでのホテル代なし)
・交通費(社有車を付与しており、高速・ガソリン代・駐車代以外は認めない。また営業エリアへの新幹線代なども認めない)

交通費の支給は認める事としておりますし、通常、外出時間の起点は自宅もしくは営業所ですので、やはり横浜の自宅から外出時間をカウントするべきなのか、一般常識から逸脱し本人都合で転居をしないわけなのだから、この特例に対し何か一定のルールを設け、実際の外出時間から例えば5時間を差し引くなどをする方が良いのか、またそうすべきなのか、ご教示頂きたく宜しくお願い致します。

  • HR motherさん
  • 東京都
  • 医療機器
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2016/11/11 11:48
  • ID:QA-0068134
プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2016/11/11 14:34
  • ID:QA-0068137

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

一般的には、勤務地を起点として、距離や時間をカウントするケースが多いでしょう。あるいは、勤務地と自宅で短い方とするケースもあります。
横浜の自宅から、カウントするのでは、毎日が出張扱いとなり日当が発生してしまいます。

また、本人が転居をしないから~といったことですと、報復的な意味にも取られる可能性がありますので、会社のルールとして規定しておいた方がよろしいでしょう。

  • 投稿日:2016/11/11 17:54
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答頂きましてありがとうございます。
先生の言われる通り、早期ルール化をしたいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2016/11/11 22:51
  • ID:QA-0068148

オフィス代表

お答えいたします

この度もご相談下さいまして有難うございます。

前回も申し上げましたように、このような転勤自体が非常に無謀な試みですので、自宅から外出時間を計算するという明確な規定がない限り、時間差し引き等で調整されるのが妥当な措置といえるでしょう。

あくまで特殊な転勤措置ですので、実務上思いがけない不合理が生じる可能性がございます。こうした件も含めまして、御社の分かる範囲内で特例としての取扱いルールを決められておかれるべきといえるでしょう。

  • 投稿日:2016/12/06 12:30
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。
規則の見直しを実施した上で、今回の特殊ケースにについてのみ運用ルールを定めておきたいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2016/11/11 23:42
  • ID:QA-0068152

人事・経営コンサルタント

公平性

対個人で規則が変わるというのは組織の否定になりますので避けなければなりません。今回そもそも会社の決定を社員が覆すという、一般的には相当特異な反抗を会社が公認したのですから、その責任は本人ではなく、会社側になります。これ以上のモラルハザードを起こさないためにも、その行動への対処はあくまで全社公平なものでなければなりません。
一般的には、昨今は直行直帰の方が少数ではないでしょうか。つまり起点は職場、勤務地とする方が多いように思いますので、今回もそうした一般的な決まりを定める必要があります。あくまで全社員に対して公平に適用されなければなりません。

  • 投稿日:2016/12/06 12:29
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。
過去よりこのような例外や特例を作る傾向にあるようです。そして今回はこの社員が言うようにこれまでも個別でルールを変えていたことが容認せざるを得ないことになり、転勤は受け入れるが転居はしない状況を認めざるを得なくなりました。
ルールに定めがない場合、転居しないと言う社員の申し出を認めない選択肢はあったのでしょうか?
ずいぶん長くなりましたが、もう一度ご教示頂けると幸いです。宜しくお願い致します。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 長時間通勤は採用の合否に影響する?
    採用選考の際に、居住地を合否の判断材料にはしないというのは、人事にとって基本だろう。しかし、長時間の通勤が業務に差し支えることが予想されるケースもないわけではない。家庭の事情で転居できないと最初から分かっている場合は、本人が通勤可能だと主張しても、企業側はどうしても気になってしまうものだ。特に郊外か...
  • 会社は社員の事情をどこまで考慮してくれる?「転勤」に関する取り扱いの最新実態を探る
    サラリーマンに「転勤」はつきものですが、それが転居を伴うものになると、ちょっとした一大事です。引っ越し先を探したり、子供の幼稚園や学校の心配をしたり。家族と離れて単身赴任する場合は自分の健康や経済的な負担も気になってきます。そんな「転勤」をめぐる個人の事情について、今の会社はどれくらい配慮してくれる...
  • 転勤に関する諸取り扱いの実態――回数、実施時期、本人事情の配慮など
    労務行政研究所が2005年以降、2年ぶりに「国内転勤に関する実態調査」を行いました。定期異動・転勤発令の回数、内示・赴任の日程のルール化、転勤者選定における本人事情の配慮といった転勤発令をめぐる取り扱いなどについて調べています。
あわせて読みたいキーワード
転勤プレミアム
「転勤プレミアム」とは、主に転勤のある正社員に対し、転勤のリスクを加味して上乗せされる賃金のことをいいます。転勤が決まれば、住居や家族の仕事、子どもの教育など、生活におよぶ影響はさまざまです。また、実際に転勤を命じられなかったとしても、「いつ転勤になるか分からない」という状態が続けば、人生の見通しを...
配偶者同行制度
配偶者が転勤になった場合、その随伴のための転勤を認める制度。夫の転勤に妻も「同行」することで、妻が退職せずに済む、というメリットがあります。妻の転勤に夫が同行するパターンは、今のところ、ほとんど見られません。
地域限定正社員
「地域限定正社員」とは雇用形態のひとつで、一定の地域内での配属・異動を条件に契約する正社員のことです。勤務地が通勤可能な範囲内に限られるため、地域限定正社員には転居を伴う転勤の発令がありません。「地域限定社員」や「エリア総合職」「エリア限定社員」とも呼ばれます。 (2011/6/27掲載)
定番のQ&Aをチェック
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:04/01~04/03
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代<br />
働くひとのための「眠り方改革」とは
new

企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代
働くひとのための「眠り方改革」とは

睡眠改善への取り組みが今、注目を集めています。健康への影響にとどまらず...


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...