企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数12859件   回答数26823

アルバイト要員確保について

 現在、当社は労働集約型事業として「コンビニエンスストア」、「駅売店」等の運営をしていますが、外部環境変化に伴い「コンビニエンスストア」事業の主力となっている“学生アルバイト”の採用確保困難、また高齢化に伴い「駅売店」事業で若年層を含む人員不足が慢性的に発生し、本来の営業時間短縮暫定措置(収益減)を取らざる得ない状況となっています。
 しかし、当社は駅構内で店舗を構えている性質上、鉄道運行時間帯の早朝から深夜時間帯での営業が必要条件である。上記人員不足の状況から社員(従業員)の時間外労働増加による重大な労働災害を事前に回避すること(アルバイト要員確保)も大きな課題となっているのが現状です。
 現状、各種採用媒体への求人情報掲出、店頭での募集ポスター掲示等の対応をしていますが、前述のとおり苦慮しております。
 効果的な採用チャネルは導入していく一方で、応募管理業務負荷軽減を目的に求人媒体掲載の多様化は極力避けたいと考えています。
 求人媒体以外でのアルバイト雇用確保強化“採用活動”策をご教示頂けますようお願いいたします。


 
 

  • 投稿日:2016/06/14 15:03
  • ID:QA-0066418
専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2016/06/14 19:42
  • ID:QA-0066425

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、単なる応募ルートの拡大のみでは社会状況が大きな原因である以上対応は困難といえます。

従いまして、応募に関し、他社と目に見える差別化を行うといった思い切った施策が必要といえるでしょう。

例えば、応募キャンペーン期間と称して他社より時給を幾らかアップさせたり、元気な定年退職者をターゲットとした募集強化に乗り出す等、これまでとは異なった視点から検討されるとよいと思われます。

但し、実際にどのような施策が有効であるかマーケテイングをきちんとされないと分からないものといえますので、単なる思いつきでなく全社的にしっかり論議・検討された上で決められる事が不可欠といえます。

  • 投稿日:2016/06/16 18:58
  • 相談者の評価:大変参考になった

早速のご回答誠にありがとうございます。
ご記載のターゲットを絞っての募集強化は未実施ですので、有効性を確認したうえで動いて行こうと思います。また、新たな視点等がございましたらご教示頂けますと助かります。
どうぞよろしくお願いいたします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2016/06/14 23:55
  • ID:QA-0066426

人事・経営コンサルタント

永遠のテーマ

人事課題に於いて「採用」は正社員であれ、パート・アルバイトであれ、一種の衛会陰の課題であり、テーマです。つまり決定的な正解は存在しません。これさえやれば求人に困らないというセールストークの仕組みや媒体、コンサル、セミナーなどいろいろありますが、本当に困らないのであれば絶対に普及するはずです。実際にそうした課題がいくらでもあふれているということは、地道に費用対効果で求人を行うしかありません。

収益性と直結しますので、当然経営判断になりますが、牛丼のすき家が超高効率経営で大躍進した結果、ワンオペによるバイト疲弊から多数の閉店に追い込まれました。このような短期的収益追求は無理で、結局逆に経営上のダメージになります。

むしろ時給の見直しを大胆に行い、同業のCVSより明らかに高く設定するなど、実験されてはいかがでしょうか。相場ではなく、貴社の収益性から出せる時給を設定する手があります。

媒体以外でも、大学など学校でバイト求人情報を掲載してくれるところや公共団体の告知など、手間を惜しむかコストを惜しむか決め、あらゆるメディアを試すことで貴社に適性のある媒体・手法が見つかるのではないでしょうか。

  • 投稿日:2016/06/16 19:07
  • 相談者の評価:大変参考になった

早速のご回答誠にありがとうございます。
手間を惜しむか、コストを惜しむかを決め、この永遠のテーマに取り組む。担当者冥利と言えるようメンバーと力を合わせ智恵を絞っていこうとコメントを拝見し再認識をいたしました。
また、新たな視点等がございましたらご教示頂けますと助かります。
どうぞよろしくお願いいたします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 人材派遣の「現状」
    進化・拡大の勢いは止まらず――。数字から読み解く人材派遣市場の動向
  • 中途採用の「現状」
    人材不足が叫ばれる中、中途採用の応募は「集めにくかった」が「集めやすかった」を大きく上回るーー。最近の中途採用の実績と見通しについて、実態調査をもとに分析する。
  • アルバイト・パート採用の「実務」【1】募集・採用
    採用難が進む中での人材確保のためのポイントを、採用計画策定から求人広告における表現方法まで実務の流れに沿って詳しく紹介する。

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
2020年度の新卒採用を見据える。注目の採用支援ソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

Indeedオンラインセミナー 人事向けの会議室HRスクエア
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:06/01~06/22
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


2020年度の新卒採用を見据える。注目の採用支援ソリューション特集

日本の人事部では、激戦の新卒市場をリードするための最新のサービスやソリューションをご紹介。御社にぴったりのパートナーを見つけてください。



管理職としての必須知識を獲得するサービス特集

本特集では、『日本の人事部』が注目する、管理職育成のための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーへの参加申込み、資料のダウンロードも可能ですので、 ぜひご利用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま考えるべき人事の「未来像」 <br />
~新しい時代における人事の存在意義とは~

いま考えるべき人事の「未来像」
~新しい時代における人事の存在意義とは~

グローバリゼーションやテクノロジーの急激な進化により、いま世界は大きく...