企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数13198件   回答数27625

女性採用の推進のための具体策

女性活躍推進法に則り、弊社では3割の女性を次期採用目標に設定しましたが、
現状は女性率1~2割弱で厳しい状況です。
応募者の割合も同等です。

効果的な対策を教えていただけないでしょうか。
ちなみに女性管理職はいません。

  • Chisさん
  • 東京都
  • 情報処理・ソフトウェア
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:新卒採用
  • 投稿日:2015/11/05 17:04
  • ID:QA-0064109

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2015/11/05 20:12
  • ID:QA-0064116

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、女性が応募しない、女性社員の採用に至らない理由というのは各会社の事情によって大きく異なるものといえます。女性活躍推進法でも示されている通り、漠然と考えるのではなく自社の女性の活躍に関する状況把握・課題分析をしっかりと行わなければなりません。そうでなければ、目標は絵に描いた餅で終わってしまいます。

御社で効果的対策が見えてこないのは、こうした状況把握・課題分析がうまくなされていないからといえるでしょう。これこそまさに人事管理担当部署の腕の見せ所であるはずです。まず言える事は、現場の管理職や女性社員の声を拾い上げる等、徹底的に現場の実情を広く調査される事が必要といえます。実際に現場を当たらなければポイントは見えてきませんので、大変な作業ではありますがそうした確認作業を全社的に進めていかれる事が重要といえます。

  • 投稿日:2015/12/11 17:04
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。
参考にいたします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2015/11/05 22:24
  • ID:QA-0064118

人事・経営コンサルタント

組織論

これは残念ながら国が何十年かかっても数値改善できないように、特効薬はありません。
海外で例があるように一定比率を女性登用する強制的な手法もありますが、公的組織などでなければ、民間企業にはあまりそぐわない手法です。

そうなれば地道に採用時の不利益をなくし、就業における女性の勤務環境、特に結婚出産にまつわる不利益を低減したり、子育て環境など、全体的な就業環境の見直しに、人事政策、組織論として取り組むかどうかだといえます。

一見コストがかかり、すぐにいろいろな意味で成果が見えない可能性があり、経営判断が必須な重大方針策定といえます。そこまでトップが本気で取り組み、なおかつ10年スパンで取り組むことで、徐々に組織変革をしていくのが正道であり、他の手法は定着が難しいでしょう。

ちなみに上記は女性だけでなく、社員全体の職場環境改善にもなり、長期的には定着率向上など、メリットは少なくありません。トップの決断が何より大事といえます。

この回答は参考になった
参考になった:1名
専門家より
  • 投稿日:2015/11/07 13:53
  • ID:QA-0064125

この回答者の情報は非公開になりました

女性の新卒採用における対策に関して

いただいたご相談は、組織の現状や人材の獲得計画等によって違いあがあるので、
「これが絶対に良い」という回答はできませんが、個人的な考えをお伝えします。

私がお伝えする部分は、採用シーンにおける企業の魅せ方に関してです。

企業の募集職種によって、職種イメージというものが存在します。
例えば、製造業の現場だと「作業服の男性のイメージが湧きやすい」といった具合です。

なので、まずは女性の職種イメージを描けるような募集方法を検討すべきです。
これは、採用に関わる人事部の判断でも検討可能かと思います。

ただし、下記のように、
どうしても職種イメージを変えられない職種で募集しなければいけない。
という場合もあるでしょう。

その際は、下記の方法を検討してみてください。
・その職種で活躍している女性を採用現場に連れ出す。
・その職種の中で、女性に対する配慮を全面的に出す。
・その職種の今後のあり方を大きく見直す考えがあること対象者も伝える。

どうしても、現状を変えることは難しいことも多いかと思います。
特に日本の人事部は人事部だけでの決定権が少ない企業も多いです。

なので、ますは魅せ方を大きく改善することが効果的な対策だと考えます。
その中で、女性の関心が少しずつ増えてこれば、抜本的な改革も検討すべきです。

製造業や建築業など、女性のイメージが湧きにくい職場でも、
女性を獲得できている事例は多々あります。

そのような企業は女性に対する優遇が強いイメージがあるかもしれませんが、
実際にはそうではないケースもあります。

女性の中でも、女性らしく働きたい人もいれば、男性と一緒に切磋琢磨したい。
そんな女性もたくさんいます。

一括りに女性を定義するより、どんな女性を求めているのかを明確にしましょう。

また、採用において性別を限定して採用することは禁止されています。
したがって、〇〇な人といった形で、求める人材を明記することが大切です。

少しでも参考になれば幸いです。

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
女性管理職の育児短時間勤務時間の取り扱い
女性管理職が育児短時間勤務制度を利用した場合、給与カットをしても良いのか?
中堅女性社員研修について
 中堅クラス(20代後半から30代前半)の女性社員向けに、研修を検討しています。今まで、全く研修というものを受けてこなかったクラスです。  人事部としては、現場の管理職と意思疎通を図りながら、事務職の女性たちのまとめ役(リーダー)としてきちんと立場を築いて欲しいと思っているクラスです。当社は、コース...
【2010年度入社】 新卒の採用単価について
2010年度新卒採用における一人当たりの採用単価の相場はどのくらいでしたでしょうか? また2名採用の場合、どんな採用手法が適切でしょうか? よろしくお願いいたします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
新しい働き方を実現するソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

管理者が成長するために必要なこと 表彰盾/記念品工房のアトリエグレイン
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:09/01~09/20
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


定着率を高め、自発的に行動する新入社員を育成するソリューション特集

本特集では、自発的に行動し、早期に戦力となる新入社員を育成するための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーや資料請求のお申込みも可能です。万全の体制で春を迎えるために、ぜひご活用ください。



新しい働き方を実現するソリューション特集

いま、『日本の人事部』が注目する『働き方改革』についての記事・セミナーやサービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


2020新卒採用の“傾向”と“対策”

2020新卒採用の“傾向”と“対策”

大卒求人倍率は7年連続して上昇、300名未満の中小企業の求人倍率は9....


もう時間と場所に囚われない!<br />
 日本マイクロソフトと先進企業に学ぶ ワークスタイル変革推進のためのポイントとは

もう時間と場所に囚われない!
日本マイクロソフトと先進企業に学ぶ ワークスタイル変革推進のためのポイントとは

仕事と介護の両立支援が喫緊の社会的課題といわれるなか、時間と場所の制約...