企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数14468件   回答数30730

健康保険の傷病手当金と雇用保険の傷病手当

いつも大変参考にさせて頂いております。ありがとうございます。

当社の社員で心の病のために休職中の者がおります。
今月から給与が支給停止となり、健康保険の傷病手当金の申請手続きをするところです。

本人は退職して治療に専念することも考えております。
この者は特定理由離職者に当たるとは思うのですが、離職時に病気治療中ということは、下記のハローワークのホームページの記載から求職の申込ができないと判断し、離職時に即、雇用保険の傷病手当を申請することはできない、という理解でよろしいでしょうか。

<ハローワークのホームページの記載>
・・・傷病手当とは、受給資格者が離職後、公共職業安定所に来所し、求職の申込みをした後に15日以上引き続いて疾病又は負傷のために職業に就くことができない場合に、その疾病又は負傷のために基本給付の支給を受けることができない日の生活の安定を図るために支給されるものです。
(14日以内の疾病又は負傷の場合には基本手当が支給されます。)
傷病手当の日額は基本手当の日額と同額です。・・・

またこの者が、健康保険の傷病手当金の受給期間中に退職した場合、雇用保険の傷病手当(どこかのタイミングで治癒した場合には、基本手当)は、健康保険の傷病手当金とは併給できないとのことで、健康保険の傷病手当金の受給終了後に、雇用保険の傷病手当(又は基本手当)を受給できるようにするとよい、とのことですが、具体的には、どのような手続きをすればよいのでしょうか。ご教示いただければ幸いです。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

  • アカルイミライさん
  • 東京都
  • 公共団体・政府機関
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2014/09/22 04:01
  • ID:QA-0060299

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2014/09/22 12:24
  • ID:QA-0060308

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

健康保険の傷病手当金と雇用保険の傷病手当

健康保険の傷病手当金受給期間の残期間が長いようでしたら、
雇用保険については、受給期間延長手続きをしておく必要があります。
最大4年間まで延長できます。

その後、傷病手当金の受給が終了すれば、雇用保険の傷病手当を
開始することになります。
一定期間経過後に、所定の申請書に医師の診断欄がありますので、
医師の診断をもらって、提出します。

失業給付の基本手当と違い、特に認定日はありませんので、
1ヵ月ぐらい経過毎に、申請するのが通常です。

  • 投稿日:2014/09/22 22:05
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答いただき,誠にありがとうございました.

 健康保険の傷病手当金受給期間の残期間が長い場合には、雇用保険について、受給期間延長手続きをすること、了解いたしました。
 この受給期間延長手続きとは、今は病気のため就労できず求職できないため、(最大4年)、回復するまで雇用保険による基本手当又は傷病手当の受給期間を延長する手続きを取る、という理解でよろしいでしょうか。

 そして、健康保険の傷病手当金の受給が終了後に求職の申込をし、その後疾病又は負傷のために職業に就くことができない場合に、雇用保険の傷病手当の支給を受けられる、ということですよね。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2014/09/22 12:25
  • ID:QA-0060309

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、前段につきましてはご認識の通り、傷病手当金の受給のみが可能で雇用保険の傷病手当は受給出来ません。労務不能で休職している以上求職の申し込みも出来ませんので、傷病手当の支給要件を満たさない事になります。

そして、後段に関しましては、病気が回復し就労可能となった段階で当人がハローワークへ求職申し込みをされる事になります。その後失業が認定されますと、基本手当の受給が可能になります。その後再度働けない状態になれば基本手当に代わり傷病手当が支給されます。

  • 投稿日:2014/09/22 22:17
  • 相談者の評価:大変参考になった

 ご回答誠にありがとうございました。

 雇用保険の傷病手当は、あくまでも求職活動中にケガ、病気をした場合に、それによって基本手当が受けられなくなった日々の生活の安定を図るためのものであることがよくわかりました。
 健康保険の傷病手当金の考え方との違いをはっきり感じることができました。

 どうもありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
資格手当は基準外手当?
現在、弊社では、公的資格手当の導入を検討しておりますが、導入した場合、資格手当は基準内手当として扱うべきか、基準外手当とすべきなのか、よくわかりません。もしご存じの方がおりましたら、教えて下さい。よろしくお願いします。
深夜手当を別の手当で支払う場合について
弊社では、夜間(20:00~27:00ぐらい)に運転する運転手に、運転手当を支払っています。しかし、その手当を支給する代わりに、深夜手当を支払っていなかったので、今回給料改定を行うにあたり、改善しようか、考えています。 運転手当は、深夜手当で計算するよりかなり多くなるため、従業員の方からは不満はあ...
時間外手当の基礎額について
いつもお世話になります。 時間外手当の基礎算出額についての質問です。 弊社では、リーダーという役職者に対し、リーダー手当を支給しております。 原則として、この手当は時間外の基礎算出額に含まれるべきだと思うのですが、社内で確認した結果、この手当は役職手当ではなく、職務手当であり、みなし時間外労働手当...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 燃料手当、寒冷地手当の設定内容と改定状況――支給状況、改定頻度、手当額の決定方法など
    原油価格高騰に伴い灯油、ガソリンなど石油製品価格が値上がりを続けていることを受けて、労務行政研究所では、2007年12月に「灯油、ガソリン高騰下における燃料手当、マイカー通勤手当の対応アンケート」としてウェブによる調査を実施しました。本記事では、同アンケートで調べた燃料手当、寒冷地手当に関する設定内...
  • 「残業手当」100%支給にこだわる求職者
    裁量の範囲が大きいオフィスワーカーや開発職などで、「みなし労働時間制」を導入している企業は多くあります。ところが最近、残業手当の有無や支給状況を気にする人が現れてくるようになりました。勤務時間が長くなりがちなIT業界、特にエンジニアなどにその傾向が目立つといいますが、その理由とは――。
  • 報酬制度の実際
    大きく「月例給与」「賞与」「退職金」の三つに分類される報酬制度。人材の流動化とともに進む変化とは?

あわせて読みたいキーワード

ハードシップ手当
「ハードシップ手当」とは、海外赴任の際に起こりうる不安や負担を軽減するために支給される手当のことです。日本国内の転勤の場合、利便性に多少の差異はあれ、一定以上の治安やライフラインは保障されています。しかし、海外赴任の場合には必ずしも日本と同水準の快適な生活を送れるとは限りません。電気やガスの供給に食...
打切補償
業務上の事由で従業員が負傷したり病気になったりした場合、使用者は従業員に対して全治するまで必要な補償(療養補償)を行う責任を有します。「打切補償」とはこれに対し、労働基準法81条が、使用者負担を軽減する趣旨で規定している免責措置。療養開始後3年を経過しても、負傷または疾病が治らない場合に限り、使用...
コラボヘルス
「コラボヘルス」とは、健康保険組合などの保険者と企業が積極的に協力し合い、労働者やその家族の健康増進を効果的および効率的に行うことを言います。現在国が進めている健康に関するデータを活用し、健康増進を図る「データヘルス計画」では、個人の健康診断の結果などを疾病予防や健康増進に有効に安全に活用する、保険...

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:08/01~08/20
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


働きやすさだけでなく、働きがいも大切<br />
不調者が輝きを取り戻すメンタルヘルス対策とは

働きやすさだけでなく、働きがいも大切
不調者が輝きを取り戻すメンタルヘルス対策とは

2012年11月に独立行政法人「労働政策研究・研修機構」が実施した調査...