企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

執行役員退任後の非常勤アドバイザー契約について

執行役員退任後に1年間の非常勤アドバイザー契約を締結するにあたっての
契約書文面の再考をしています。

今まで社内的には顧問契約や業務委託契約に近いニアンスで運営してきており、下記のとおり
簡易な契約書を取り交わしてきたのみなのですが、秘密保持や反社会的勢力の排除条項など
盛り込むべき条項が他にもあるのではないかと考えております。ご意見を頂戴できれば幸いで
ございます。

ちなみに、非常勤アドバイザー契約を締結することがあるのは執行役員以上の職位出身のもの
であり、当然ですが他の契約社員(嘱託、雇員、パートなど)は労働契約書という形式で締結しています。

<現在の契約書文面>

○○を甲とし、○○株式会社を乙とし,甲・乙間において次のとおり
業務委嘱契約を締結する。 

第1条 乙は甲に対し、甲が乙の非常勤アドバイザーとして、乙のために次の事項をなすことを委嘱し、甲はこれを承諾した。

     記

1.職務内容①
2.職務内容②

第2条 乙は甲の主となる執務場所を乙の    (     )内に設ける。

第3条 乙は甲に、業務委嘱に対する報酬として月額(税込み)    円を
支給する。7月、12月は別に  か月分支給する。

第4条 甲が委嘱業務に関連して関係事業所を訪問する時は、乙は、乙における
理事待遇と同等の旅費規程を適用する。通勤交通費は実費支給とする。

第5条 本契約の期間は、成立の日から平成  年 月  日までとする。

本書は2通作成し、甲・乙各自が一通宛保管する。


平成  年 月 日

甲   


    
乙   

投稿日:2014/09/18 15:04 ID:QA-0060279

*****さん
大阪府/医薬品

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、雇用・業務委託等の契約形式に関わらず、御社の重要な業務等に関わる者に関しましては、秘密保持や反社会的勢力の排除条項等コンプライアンスリスクに関わる内容を当然盛り込まれるべきといえます。

一般的な雛形であれば契約書等の文例集に掲載されていますので、ネット検索されるか大きな書店に行かれると容易に見つかるはずです。ちなみに、特定の書籍や文例サイト等をこちらで紹介する事は出来かねます件ご了承下さい。

投稿日:2014/09/18 19:31 ID:QA-0060285

相談者より

ご回答いただき、ありがとうございます。
形式的には委託でも、実際は週○日勤務、勤務時間○時~○時をお願いしている場合、やはり労働契約という形式で締結すべきでしょうか。

投稿日:2014/09/22 10:23 ID:QA-0060300参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

再度お答えいたします

ご返事下さいまして感謝しております。

「形式的には委託でも、実際は週○日勤務、勤務時間○時~○時をお願いしている場合、やはり労働契約という形式で締結すべきでしょうか。」
― ご認識の通りです。契約は形式ではなく実態で判断されますので、現状のままでは偽装委託(請負)ではと指摘されるリスクがございます。
従いまして、勤務日数や時間を会社側で一方的に指定して業務に従事させる場合ですと、原則として労働契約書を取り交わすべきといえます。

但し、そうなりますと一般の従業員同様労働法令が全て適用され、労働保険等会社側の負担も大きくなります。仮に業務内容について会社からの指揮命令が不要、つまりアドバイザーとしまして当人の自由裁量にて仕事をお願いする場合ですと、勤務日数や時間の指定ではなく、当人の都合を勘案し両者合意の上でおよその来社日数や時間予定(※「勤務」という言葉も使用しない)を決められ、業務委託契約を結ばれるのが妥当といえるでしょう。勿論、業務委託の場合には遅刻・早退・欠勤といった概念は生じませんので、そのような取扱いを行わない事にも注意が必要です。

投稿日:2014/09/22 10:46 ID:QA-0060301

相談者より

再度ご回答いただき、ありがとうございました。
非常に参考になりました。

投稿日:2014/09/22 13:49 ID:QA-0060319大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
社外取締役契約について
従来、社外取締役とは契約を締結していませんでしたが、本年度から契約する指示がありました。どのような内容で契約することが望ましいのでしょうか
26業務について
26号業務内で2つ以上の業務を行う契約書(○号業務と○号業務のような形式)は有効となるのでしょうか?
無期雇用の転換について
いつもありがとうございます。 来年の4月1日以降契約期間の定めが有る者の無期雇用の申し出ができることになりますが、採用日と契約期間が以下のような場合は、どの時点で無期雇用の申し込みができることになりますか。ご教示ください。 採用日 2013年9月1日 1回目の契約 2013年9月1日~2014年...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 5. 人材派遣が可能な業務と期間
    人材派遣は可能な業務や期間が法律で定められている。特に、受け入れ期間については細かい規制が設けられている。その背景には、恒常的に人員が必要な業務に携わる人材は、直接雇用すべきだという行政からのメッセージがあることを理解しておきたい。この原則を踏まえた上で、自社の業務がどういったもので派遣が可能な期間...
  • 5. 社宅代行サービスの一般的な業務内容
    整理しておきたい社宅代行サービスの業務範囲をまとめる。また、事業者による代行サービス内容の違いも解説する。
  • 6. 人材派遣会社の選び方と契約
    人材派遣サービスを利用する場合に企業は、派遣開始から終了までの期間、派遣会社と継続的に良い関係を保っていかなくてはならない。長期的な関係が前提となる人材派遣会社を選ぶ際には、細かい気配りをしてもらえそうかどうか、つきあいやすい会社かどうかなどを、じっくり見きわめていく必要がある。
あわせて読みたいキーワード
顧問
「顧問」とは、企業やその他の団体が行う業務について、意思決定を行う権限は持たないものの、求められて高度な意見を述べるために置かれる役職のこと、あるいはその役職に就いている者を指します。もともと名誉職的な性格が強く、引退した元役員などを内部の常勤ないし非常勤の顧問に充てるケースが一般的ですが、近年は...
製造業派遣の2009年問題
現在、労働者派遣法で定められている製造業への労働者派遣の契約期間は最長で3年。2009年中には、この派遣労働者の契約が多くの製造現場でいっせいに期限切れを迎えます。2008年後半からの経済不況とも相まって、派遣労働者の雇用の不安定化が進むなど、さまざまな混乱が予想されます。
業務請負
深刻な人材不足を解決する手段の一つとして、アウトソーシングを活用する企業が増えています。一連の業務を一括して外部の事業者に任せる「業務請負」を導入するケースも多いようです。ただし、法律や運用方法をよく理解せずに進めると、偽装請負と判断されることもあるため、注意が必要です。業務請負はアウトソーシングの...
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:08/01~08/12
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「短時間JOB」は組織に何をもたらすのか? iction! の取り組みから見えた兆しに迫る

「短時間JOB」は組織に何をもたらすのか? iction! の取り組みから見えた兆しに迫る

リクルートグループは2015年より、働く子育てを支援する「iction...


グローバル化、M&A……変化の激しい時代に<br />
「POSITIVE]が選ばれる理由とは タレントマネジメント機能を大幅拡充!

グローバル化、M&A……変化の激しい時代に
「POSITIVE]が選ばれる理由とは タレントマネジメント機能を大幅拡充!

1400社以上の導入実績を誇る電通国際情報サービスの統合人事パッケージ...