企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数15054件   回答数32348

転勤命令後の社員処遇について

いつもお世話になっております。
転勤命令後の社員の処遇についてご教示願います。

介護等家族の都合で転勤を断った社員と同じ状況でも
転勤命令に従った社員について何かしらの処遇差を
設けたいと考えております。

どのような案がありますでしょうか。
弊社は従業員100人程度の中小企業です。

ご教示頂けると幸いです。
よろしくお願い致します。

  • *****さん
  • 東京都
  • その他業種
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:評価・考課
  • 投稿日:2014/04/08 17:02
  • ID:QA-0058411

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2014/04/08 17:40
  • ID:QA-0058412

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、特別な事情等がない限り就業規則で定められているはずの転勤命令に従うのは従業員としての義務になります。一方で、介護等により転勤を回避する措置に関しましても、相応の事情があれば適切な対応といえます。

従いまして、いずれの場合も妥当な範囲内での人事措置に過ぎませんので、公平性を欠くようなものではございません。それ故、こうした転勤有無に応じて処遇差を設ける必要性はなく、そのような措置は返って不合理な差別と受け取られかねませんので避けるべきというのが私共の見解になります。

  • 投稿日:2014/04/08 19:32
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答有難うございます。
処遇差を設けることは不合理な差別と受け取られかねない、とありますが具体的にどのような事でしょうか。
教えて頂けるとありがたいです。よろしくお願いたします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2014/04/08 17:52
  • ID:QA-0058413

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

転勤命令について

転勤命令については、そのことが就業規則に規定してあり、契約時に地域限定社員などの特約がなければ、判例でもよほどのことがない限り、転勤命令や転勤命令を断ったことによる懲戒解雇は有効とされています。

介護家族がいるケースであっても切迫した事態、すなわち命にかかわることがない限り、転勤命令は有効とされています。

処遇差ということであれば、業務命令に背いたわけですから、懲戒処分等が考えられます。

ただし、詳細は介護家族の状況や転勤命令の必要性等で判断すべきことです。

  • 投稿日:2014/04/09 09:08
  • 相談者の評価:大変参考になった

有難うございます。
懲戒もありなんですね。
参考にします。
有難うございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2014/04/08 20:09
  • ID:QA-0058416

オフィス代表

再度お答えいたします

こちらこそご返事下さいまして感謝しております。

「処遇差を設けることは不合理な差別と受け取られかねない、とありますが具体的にどのような事でしょうか。」
― 個別事情によって色々な局面が想像されますので確答は出来かねますが、例えば転勤命令を受けた社員だけ何らかの優遇措置を取られますと、介護事由等でやむなく転勤出来ない社員から不公平との指摘をされることになるでしょう。当該社員からすれば何もわがままで転勤拒否しているわけではないのに差別的な措置であると思われても仕方ないでしょう。あまり難しく考える必要はなく、当該社員の視点に立てば理解出来るはずです。
 従いまして、何らかの差を設けたいのであれば、文面のようなケースで処遇差を設けるのは避け、正当な理由なき転勤拒否のみに対して制裁を科する等で対応すべきと考えます。勿論、回答は私見に過ぎませんので、具体的にどのような対応を取られるかにつきましては、御社自身で十分検討して決めて頂ければ幸いです。

  • 投稿日:2014/04/09 09:12
  • 相談者の評価:大変参考になった

有難うございます。
確かにご指摘の通りですね。
社内で検討して決めて参ります。
有難うございました。

この回答は参考になった
参考になった:1名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2014/04/08 21:41
  • ID:QA-0058417

人事・経営コンサルタント

人事考課

転勤命令に従ったからプラス、従わないからマイナスのような一対一対応で評価を下すのは、そもそもどんな項目を挙げるべきかも判断が難しく、効率的ではありません。また同じ転勤命令に従わない場合でも、きわめて火急な状況の場合と、わがままとの差など、現実的には判断が難しいことが少なくありません。したがいまして、目標達成率以外にも、部下同僚への協力や間接的貢献のようなポイントも評価に設定し、それは決して大きなポイントではなくとも、積み重なれば差が出てくるようなものとするなどが現実的ではないでしょうか。

  • 投稿日:2014/04/09 09:16
  • 相談者の評価:大変参考になった

有難うございます。
評価制度の面でも考えて参ります。
今後ともよろしくお願い致します。

この回答は参考になった
参考になった:1名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
契約社員就業規則の同意をもらう社員の範囲について
質問いたします。弊社では現在社員300名、うち10名が契約社員です。このたび契約社員就業規則を改正するにあたり、同意をとろうと思います。その際同意をとる社員は契約社員だけでいいのでしょうか。もしくは全社員の方がいいのでしょうか。ちなみに、正社員を対象とした就業規則を改正する場合、全社員を対象に同意を...
派遣社員の契約取扱いについて
派遣社員を1名採用しており、指揮命令者を弊社社員Aとしております。 この度、社員Aが出向することとなりました。ただし、社員Aは出向後も派遣社員の指揮命令者となります。この場合、派遣社員の契約は、社員Aの出向先企業で改めて締結する必要が有りますでしょうか? (派遣社員の方には、社員Aを指揮命令者として...
社員さんがパート社員になりたいと申し出がありました。
現在正社員として雇用されている社員さんから、パート社員に変更してほしいとの申し出がありました。どのような手順を踏めばよいのか、ご指導お願いいたします。 社員は社会保険・雇用保険・厚生年金がかかっております。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

転勤プレミアム
「転勤プレミアム」とは、主に転勤のある正社員に対し、転勤のリスクを加味して上乗せされる賃金のことをいいます。転勤が決まれば、住居や家族の仕事、子どもの教育など、生活におよぶ影響はさまざまです。また、実際に転勤を命じられなかったとしても、「いつ転勤になるか分からない」という状態が続けば、人生の見通しを...
配偶者同行制度
配偶者が転勤になった場合、その随伴のための転勤を認める制度。夫の転勤に妻も「同行」することで、妻が退職せずに済む、というメリットがあります。妻の転勤に夫が同行するパターンは、今のところ、ほとんど見られません。
プロパー社員
「プロパー社員」とは、「正規の、本来の」などの意味をもつ英語のproperから転じた和製英語まじりの言い回しで、いわゆる“生え抜き”の社員や正社員のことを言う、日本の企業社会に特有の表現です。「プロパー」と略して使われることが多く、その意味するところは使う文脈や職場によって異なります。中途入社や出向...

定番のQ&Aをチェック

有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
勤怠管理システムを選ぶ6つのポイントとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

電車が遅延?間に合わない時はWeb会議で 高尾の森わくわくビレッジ
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/21
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


「勤怠管理」に役立つソリューション特集

勤怠管理システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く<br />
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

人工知能(AI)技術をはじめとする近年のITの発達は、人事業務のあり方...


異文化対応と自己表現を重視した「英語教育」が<br />
真のグローバル人材を生み出す

異文化対応と自己表現を重視した「英語教育」が
真のグローバル人材を生み出す

多くの日本企業がビジネスをグローバルに展開していますが、海外での日本企...