企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数13075件   回答数27329

長期の出張と転勤との区別と扱い

顧客用件で、東京勤務の者が、数か月に(期間未定)わたり大阪で作業することになりました。
該当者は、独身者で親と同居なので身軽なのですが、それゆえバッグに衣類を詰め込んで行ける短期の出張とは違い処遇をどうするか検討中です。
色んな規定があると思いますが、社員も納得し効率のよいやり方があれば教えていただきたい。

  • コスモさん
  • 東京都
  • 情報処理・ソフトウェア
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:福利厚生
  • 投稿日:2013/09/03 15:11
  • ID:QA-0055998
専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2013/09/03 16:06
  • ID:QA-0056001

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

御相談の件ですが、文面を拝見する限りですと、「御社の指揮命令に基き、遠隔地の顧客先で作業」という状況になりますので、通常の出張と考えてよいでしょう。実際、数ヶ月の出張であれば、特に長期間というわけでもなくしばしば見受けられるものといえます。

従いまして、処遇としましては御社就業規則上の出張規定に基いて行う事になります。
出張中の取り扱いに具体的な規定がなければ、出張内容から御社判断で決めざるを得ませんが、その際は労働者の不利益とならないよう出張にかかる費用負担は原則会社側で行う必要があります。また、労働時間や休日等で現行条件よりも下がらないこと、仮に下がる場合は時間増分の賃金加算等の処遇改善を図られることにも留意しなければなりません。

  • 投稿日:2013/09/03 17:11
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございました。
長期出張の場合、休日への考え方や帰省費用(回数)に関する考え方もお教え願います。

この回答は参考になった
参考になった:1名
専門家より
  • 投稿日:2013/09/03 20:37
  • ID:QA-0056010

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

長期出張と転勤の違い

長期出張の場合には、自分の所属や上司は変わりませんが、

転勤の場合には所属が変わりますので、上司も変わります。

今回のケースは、基本的に旅費・出張規程にそって考える必要があります。
今まで、長期出張を想定していないようであれば、
今回を契機に、宿泊等長期の場合には、別扱いにするのか等検討するべきです。

部署間どうしの軋轢も発生するケースもありますので、調整が必要です。

  • 投稿日:2013/09/25 16:04
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございます。
参考にさせて頂きます。

この回答は参考になった
参考になった:1名
専門家より
  • 投稿日:2013/09/03 21:20
  • ID:QA-0056013

オフィス代表

再度お答えいたします

ご返事下さいまして感謝しております。

長期出張の場合の休日への考え方や帰省費用(回数)に関する考え方ということですが、基本的には先の回答で申し上げました通り、御社就業規則の内容に従う事、特に定めが無ければ御社で出張内容を検討し現行の労働条件より不利益とならないよう配慮される事といったところです。法律上は不利益変更にならない点(休日減や帰省費用の負担増)を注意すればよく、その他詳細については御社で検討して決められるべきという事になります。

  • 投稿日:2013/09/25 16:06
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございます。
結構、ルールにするには大変ですが、良いものを作りたいと思いますす。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
課題解決のノウハウが満載!『日本の人事部』注目のセミナー特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

HRコンソーシアム
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:08/01~08/20
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


課題解決のノウハウが満載!『日本の人事部』注目のセミナー特集

下期や来期に向けて、新たな人事ソリューション導入を検討されている企業様向けに、『日本の人事部』が厳選したセミナーをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。