企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A
相談数15723件   回答数34159

勤務前の不採用通知について

いつもお世話になっております。

今回ある営業所で起きた採用に関する質問をさせて頂きます。


採用面接を行った営業所がありまして、そこでは面接担当者と採用担当者が分かれています。

面接担当者にもある程度権限がある為、面接の段階で採用を伝え、雇用契約書を渡した応募者がおりました。

ただ、その後採用担当者より応募者に連絡して、最終的に不採用を伝え、応募者よりクレームとなりました。

採用者の判断では、採用定員数を超えてしまい採用できなかったとの事です。

ここで、研修期間2週間ある為、期間内での解雇の為問題がないのか。

しかし勤務実績が無いままでの不採用の為、どういった問題が発生するのか。

以上の点をお聞きしたく質問させて頂きました。

よろしくお願い致します。

  • 投稿日:2013/06/27 13:17
  • ID:QA-0055094
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2013/06/27 14:07
  • ID:QA-0055097

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご質問の件ですが、採用を伝え雇用契約書を渡したとなりますと、原則として雇用契約は成立したことになるものといえます。

従いまして、応募者の不採用=解雇ということになりますし、文面のように応募者に責任の無い解雇となりますと、単なるクレームのみならず不当解雇としまして訴えられる可能性さえも生じるものといえるでしょう。

具体的事情によっては賃金補償等を求められる状況ともいえますので、まずは採用責任者が御社事情を丁寧に説明の上謝罪し、何とか合意退職といった方向で了解が得られるよう話されるのが妥当な対応といえます。それでも当人が納得がいかないようであれば、これ以上失態を繰り返さない為にも労務問題に精通した弁護士等の専門家に直接御相談されることをお勧めいたします。

本件の場合ですが、面接担当者と採用担当者が分かれているにも関わらず、面接担当者にもある程度権限があり採用を早々に伝えてしまった点に大きな問題がございます。当然ながら採用通知は採用事情に精通した採用担当者が行うべきであって、こうした不明瞭な権限配分は早急に見直されるべきといえます。

  • 投稿日:2013/07/12 13:18
  • 相談者の評価:大変参考になった

遅くなりまして申し訳ありません。
参考にさせて頂き、今回は解決致しました。
どうもありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2013/06/28 00:05
  • ID:QA-0055108

人事・経営コンサルタント

解雇

雇用契約後の破棄ですから、一義的に会社側の責任となるでしょう。試用期間中であれば解雇はしやすくはありますが、何の落ち度もない労働者を解雇することはできません。少なくとも法人として採用を伝えた以上、その責任は法人が負わなければなりません。さらにそうした会社側の瑕疵を伝えるという、デリケートな交渉がうまくいかず、クレームにエスカレーションしてしまったということは、訴訟リスクもあるということになります。落としどころとしては、礼を尽くした丁寧な謝罪くらいしかないのではないでしょうか。しかし採用担当と面接担当がバラバラで動けるという環境ならば、人員は流動化していませんか。今、瞬間的には充足していても、近い将来また人員が必要になるとうこともあり得るなら、雇ってしまうのも一つの手かもしれません。

  • 投稿日:2013/07/12 13:21
  • 相談者の評価:大変参考になった

遅くなりまして申し訳ありません。
ご指摘通りの環境下で起こってしまった問題となります。
参考の上解決致しました。
ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
【2010年度入社】 新卒の採用単価について
2010年度新卒採用における一人当たりの採用単価の相場はどのくらいでしたでしょうか? また2名採用の場合、どんな採用手法が適切でしょうか? よろしくお願いいたします。
採用時面接について
採用試験時の面接について、その手法を提供してくれる業者などはあるものでしょうか。
募集人数と採用人数について
新卒採用活動中です。 募集人数を50名程度とした際に、実際に採用した人数が10~20名とかけ離れていた場合は何か問題があるのでしょうか?採用したい学生が少なかった場合は、10名しか採用しなくても特に問題はないでしょしょうか。 ご教示いただければと思います。よろしくお願いいたします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
スクラム採用
「スクラム採用」とは、全社員が一丸となって取り組む採用方式のことをいいます。スクラムとは、ラグビーにおいて両チームのフォワード選手がボールを間に肩を組み押し合うこと。転じて、全員が共通のゴールに向かって力を発揮することを意味するようになりました。採用売り手市場が続く中で、人事だけでなく全社員で候補者...
採用広報
「採用広報」とは、Webサイトや動画・SNS、パンフレット、イベントなどを通じて求職者に自社の魅力をPRしていく広報活動を指します。
オンライン面接
「オンライン面接」とは、企業などが採用活動の際にオンラインで面接を行うことをいいます。応募者が企業に直接出向くのではなく、自宅のパソコンからウェブカメラを通じて採用担当者と面談したり、自分で撮影した動画を専用サイトに投稿したりするなど、場所や時間に拘束されない応募のしくみを構築することで、採用プロセ...
定番のQ&Aをチェック
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

あなたの会社の健康労務費見直しませんか? POSITIVEが選ばれる理由
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:05/01~05/31
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


学び慣れていない人に“考えるチカラ”を<br />
 サービスの現場にも転用できるアスリート向け教育プログラムとは

学び慣れていない人に“考えるチカラ”を
サービスの現場にも転用できるアスリート向け教育プログラムとは

“自分で考える力”や“自立・自律性”の不足は、人の能力に依存するサービ...


短期留学で新たな価値観や習慣と触れる<br />
~“変革的”リーダー育成術

短期留学で新たな価値観や習慣と触れる
~“変革的”リーダー育成術

グローバル化に伴う競争激化、さらにはリーマンショック後の世界同時不況な...