企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>
相談数15375件   回答数33191

休日出勤を行う月の法定休日について

お世話になります。

毎週日曜日を法定休日と定めている会社にて、休日出勤をさせた際に、
割増賃金を支払って代休を取得させないとすると、
4週の休日が3日となり、4週に4日以上休日を取得することができなくなりますが、
割増賃金を支払っている場合には労基法違反とはならないのでしょうか。

よろしくお願い致します。

  • hirooさん
  • 東京都
  • コンサルタント・シンクタンク
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2012/11/22 13:13
  • ID:QA-0052251
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2012/11/22 14:46
  • ID:QA-0052254

代表者

休日賃金支払い面では法違反ではないが、法定休日遵守の方策も検討

毎週1日、又は、4週間に4日以上という法定休日を避ける究極の方法はありません。 法定休日の労働に対する法定割増賃金の支払いも、所詮、当日の労働対価支払いに就いて法違反とならないということに過ぎません。 とは言っても、業務は生き物、休日振替に利用や、変形休日制の採用で、ある程度柔軟な対応が可能です。 但し、それぞれの対応策も、法定休日の意義、目的を維持、確保するために、厳しい条件が課せられていますので、確認して下さい。

  • 投稿日:2012/11/25 17:03
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。
ご指摘の事項についても確認させて頂きます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2012/11/22 16:08
  • ID:QA-0052255

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

休日出勤について

休日労働に関して36協定を締結して労基署に届出ていれば、その届出の範囲での休日出勤は例外となりますので、労基法違反とはなりません。

例えば、月4回の届出、全て法定休日労働した月は、休日0となりますが、労基法違反とはなりません。

  • 投稿日:2012/11/25 17:03
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
非常に参考になりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2012/11/22 23:28
  • ID:QA-0052261

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

御相談の件ですが、休日労働割増賃金(×1.35)を支払えば週1日または4週4日といった法定休日に満たなくとも法令違反とはなりません(※勿論、休日労働に関する36協定の締結は不可欠です)。また代休付与の有無につきましても会社が決める事柄ですので、取得させなくとも労働基準法上での問題はございませんが、仮に代休を与えたとしても割増部分の賃金支払義務は残る点に注意が必要です。

しかしながら、こうした状況が継続しますと、労働者の疲労蓄積による健康面の悪化や、そこまで行かなくとも休日が取れない事に対する労働者の不満が高まる事が懸念されます。加えて、当然ですが会社の人件費コストも多くなります。

従いまして、極力事前に振替休日を定めて実施するか、或いは事後に代休を与えることで対応されるのが望ましいといえるでしょう。

  • 投稿日:2012/11/25 17:04
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
大変参考になりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
代休について
いつもお世話になっております。 休日出勤をさせた際の『代休』の取扱いについて教えて頂きたく、 ご相談をさせていただきます。 休日出勤をさせた分の割増賃金は当然支払うのですが、 『代休』は必ず与えなければならないものなのでしょうか?
4週4日を取得できない場合の対応
休日については労基法で4週4日が定められていますが、例えば4週で2日しか休日を取得できなかった場合、残りの2日は休日勤務として割増賃金(35%)を支払うというのは問題ないのでしょうか? それとも何が何でも4週4日を取得しないといけないのでしょうか? 初歩的な質問ですみません。
派遣労働者の法定休日・時間外労働の割増賃金率
お世話になります。 ①当社では法定休日を土曜日、派遣元では日曜日としております。 個別契約書では就業日については当社のカレンダーを適用することとしておりますが、 この場合、法定休日も当社にならって土曜日としてよいのでしょうか。 ②当社では法定休日と法定外休日における割増賃金率が同一ですが、 派遣...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
現物支給
「現物支給」とは、賃金などを、金銭(通貨)で支払う代わりに、物品や物品に相当する金券・證券、自社商品を値引き購入できるなどの権利、その他の経済的利益をもって支給することをいいます。労働基準法では原則として、賃金の現物支給を認めていませんが、労働協約などで特にその旨が定められていれば、例外的に賃金の現...
出生時両立支援助成金
「出生時両立支援助成金」とは、男性従業員が育児休業を取得しやすい制度の導入や職場風土醸成の取り組みを行い、実際に男性従業員がその制度を利用して育児休業を取得した企業に支給される助成金で、「イクメン助成金」とも呼ばれています。仕事と育児の両立を望む男性と両立支援に取り組む事業主を後押しするために、20...
振替休日
「振替休日」には、大きく分けて労働基準法上の振替休日と、カレンダー上の振替休日があります。このうち、労働基準法上の振替休日の意味を理解していないと、給与計算を間違えたり、トラブルになったりすることがあります。また、休日の割増賃金が発生する「代休」との違いについての理解も欠かせません。これらは賃金の増...
定番のQ&Aをチェック
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
待ったなしの「ハラスメント対策」。防止と早期解決に役立つサービスと選び方をご紹介。

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

QUICK REPLY 最短1営業日で従業員代表を選出しませんか
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:03/01~03/29
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


「ハラスメント対策」に役立つソリューション特集

「ハラスメント対策」の早期解決とおすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


メンタルヘルス・健康経営セミナー<br />
職場の活力アップを考える

メンタルヘルス・健康経営セミナー
職場の活力アップを考える

人材不足、多様性、働き方改革など、近年は人材に関する環境が大きく変化。...


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!
new

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...