企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>
相談数15209件   回答数32760

年休の6ヶ月継続勤務

いつもお世話になっております。

年休の付与要件として、6ヶ月間の継続勤務で8割以上出勤していれば10日付与するとなっています。

この6ヶ月ですが、暦の問題になろうかとは思いますが、例えば、8月31日入社で入社日基準から6ヶ月経つのは2月29日(今年)になり、3月1日に付与・権限発生になるようでしょうか。
または、9月1日入社で入社基準から6ヶ月経つのは2月29日なので3月1日となりますが、これを前提にすると、8月31日入社であれば入社日が1日早いので、6ヶ月経つ日も1日早くした2月28日となり、2月29日が付与・権限発生となるようでしょうか。

宜しくお願いします。

  • *****さん
  • 兵庫県
  • その他メーカー
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2011/12/15 13:58
  • ID:QA-0047416
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2011/12/15 20:22
  • ID:QA-0047420

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

御質問の件ですが、労働基準法条文上では「雇入れの日から起算して6ヶ月間継続勤務し全労働日の8割以上出勤した労働者」に対し年休を付与する義務が発生するとのみ定められています。つまり、月による暦日数の差異は問題とされていません。

従いまして、8月31日月末入社の場合であれば、通常ですと2月27日が6ヶ月間継続勤務完了の日となりますが、今年の場合は翌年が閏年の為2月28日になります。それ故、2月29日が年休付与を行う日となります。これを3月1日に付与するのでは、6ヶ月と1日経過時点で付与することになりますので、法定基準を満たさない事になります。

  • 投稿日:2011/12/19 09:46
  • 相談者の評価:参考になった

ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2011/12/15 20:57
  • ID:QA-0047423

代表者

労働者に不利にならない 「 月別応答日 」 方針が妥当では・・・

月による、1カ月の日数差に関する 《 雇入れの日から起算して6箇月間継続勤務 》 の実務上の取扱いの問題ですが、格別な法的基準を示した通達等は見当たりませんので、労働者に不利にならない 「 月別応答日 」 方針を採用するのがよいのではないかかと思います。ご引用事例の、8月31日の応答日として、翌年2月31日は存在しないので、直近の応答日、2月28日 ( 閏年は29日 ) を応答日、つまり、《 6箇月経過日 》 と看做し、付与日とする方法です、行使請求権は同時に発生することになります。

  • 投稿日:2011/12/19 09:46
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
入社式と入社日は違う日でもよいのか?
たとえば3/30に入社式を行い、しかし入社日は4/1としたいのです。 保険の適用等も4/1からにしたいです。 可能でしょうか?
年次有休休暇斉一付与
いつもお世話になっております。 年次有休休暇斉一付与についてお伺いします。入社日に10日を付与し4月1日を基準日とした場合、3月に入社した人は入社日に10日付与され4月1日にまた11日付与されるのでしょうか。 また、6ヶ月の継続勤務後に10日を付与するとした場合、その6ヶ月後が3月1日で10日付与さ...
有給休暇の付与について
お世話になります。 有給休暇に関しまして、弊社では6か月後ではなく、入社時に10日付与で運用していますが、 全員の入社日(付与日)が同じならば良いのですが、当然途中で入社される方もいらっしゃいます。 そこで、管理をし易くするため、例えば付与日を4月1日に統一しようとした場合、 初年度のみ入社月に...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 「今ならまだ引き返せる」入社前対応の難しさ
    4月は新入社員研修の季節。せっかく新人研修を行うなら、同時期に入社する中途採用人材の研修も併せて行いたいと考える企業は珍しくない。さらに一歩踏み込んで、「もうすぐ入社する人材」の研修まで一緒に行いたい、と考えるところもある。しかし、これが意外に大きな問題へと発展してしまうケースがある――
  • 人材紹介会社のフォロー範囲
    人生の大きな決断である転職。転職先で企業文化の違いに驚いた、場合によってはカルチャーショックさえ受けた、という話は珍しくない。早期退職を防ぐため、入社後も転職者をフォローする人材紹介会社は多いが、人事は採用した社員に人材紹介会社とつながりを持ってほしくない、という気持ちが強いようで――。
  • 配属先を意識して選考を行っている企業ほど、社員の活躍割合が高い
    人事担当者に「新卒の選考に際して、入社後の配属を意識しているか」「入社後の活躍割合」を聞いた。それらの相関関係を探ると、配属先を意識して選考を行っている企業ほど、社員の活躍割合が高いことがわかった。
あわせて読みたいキーワード
新卒切り
深刻な就職難をくぐりぬけて入社したばかりの新入社員が、上司からの理不尽な要求や、パワーハラスメントなどを受けた上で自主退職を迫られるケースが増加。「新卒切り」と呼ばれ、「派遣切り」「内定取り消し」に続く社会問題として注目されています。 (2011/2/14掲載)
配活
就職活動で内定を得た学生がそこで活動を終了せず、入社後希望通りに配属(職種や部署、勤務地など)されるよう企業研究を続けたり、さまざまな機会をとらえて内定先にアプローチしたりすることを配属活動、略して「配活」と呼びます。若者の労働観、就労観を反映した新しい動きとして注目されています。 (2013/8...
内定ブルー
「内定ブルー」とは、企業から内定を得て、就職活動に区切りがついた学生が、内定式の前後などに、「本当にこの会社でよかったのか」「この会社で活躍できるのか」といった不安や迷いに苦慮している状態を表す言葉です。結婚を控えた花嫁が漠然とした不安感に襲われる「マリッジブルー」になぞらえて、「内定ブルー」と呼ば...
定番のQ&Aをチェック
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
目標管理・人事評価システム導入のメリットとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:02/01~02/24
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


「目標管理・人事評価」に役立つソリューション特集

目標管理・人事評価システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...


Employee Experienceを企業競争力の源泉へ<br />
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

Employee Experienceを企業競争力の源泉へ
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

リクルートホールディングスでは2015年から、働き方変革を推進。グロー...