企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数13191件   回答数27609

社員親睦会の親睦会費の天引きについて

いつも大変参考にさせていただいています。
親睦会費の天引きについてです。

このたび、親睦会費として社員の給与から天引きを考えています。
(金額は2000円くらいを予定しています)

その使途としては、社員の懇親会費や誕生日の記念品を贈ったりを考えています。
その場合の、社員への通知や契約内容はどのようにしたら良いでしょうか。

また、そもそもそのような天引きは(金額等を含め)難しいのでしょうか。


以上、どうぞ宜しくお願いいたします。

  • *****さん
  • 東京都
  • 美容・理容
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:雇用管理
  • 投稿日:2011/04/27 17:19
  • ID:QA-0043693

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2011/04/27 20:51
  • ID:QA-0043702

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

労働基準法第24条におきまして、賃金は全額を支払わなければならないとされていますので、単に通知をするだけで親睦会費の天引きを行いますと違法な措置となってしまいます。

天引き実施の為には、同条に定められている通り「当該事業場の労働者の過半数で組織する労働組合があるときはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がないときは労働者の過半数を代表する者との書面による協定」、つまり労使協定において天引きを定めることが必要となります。加えて、協定内容を全ての社員に周知させておくことは当然必要ですが、特に個別の通知書作成までは不要です。尚、この労使協定に関しまして労働基準監督署への届出は必要ございません。

一方、この度の親睦費が全く新設の内容であれば、賃金に関する労働条件の不利益変更になりますので、上記の手続き以前に社員の個別同意を得ておくことも原則として必要になります。

  • 投稿日:2011/05/02 11:37
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。参考になりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2011/04/27 20:56
  • ID:QA-0043703

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

親睦会費の天引きについて

▲税金や社会保険料など法令に定めがあるものを除き、
給与から親睦会費などを天引きする場合には、「労使の書面協定」が必要です。

  • 投稿日:2011/05/02 11:47
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。参考になりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2011/04/28 11:15
  • ID:QA-0043720

代表者

従業員の自主管理に任せるべき

労働法では、書面による労使協定による天引きは合法ですが、本来の趣旨は、労働組合費や共済掛金など、労働の本質に近い、法令外の項目に限定されるべき事項です。ご相談の事案は、違法ではありませんが、従業員の自主管理に任せるべきでしょう。「出来る」ことと「すべき」ことは別の問題です。

  • 投稿日:2011/05/02 11:36
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。参考になりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2011/04/30 18:34
  • ID:QA-0043732

社会保険労務士法人SRグループ 代表

お答えいたします。

賃金の支払いについては、労基法第24条に定めがあり、この中に「控除して支払うことができる」ための条件が挙げられています。具体的には、次のいずれかに該当した場合に限定されます。
・法令に定めがある[例 健康保険や厚生年金などの保険料、所得税]
・労働協約に書いてある
・労使書面協定を結んでいる

つまり、親睦会費を給与から天引きする場合は、労働組合と労働協約を締結するか労使協定を締結する必要があります。労働協約もしくは労使協定を締結し、全員の賛同を得なければ、給与からの天引きはできません。
もし、これから親睦会を設立されるということでしたら、賃金控除協定を締結し、親睦会規程を作成されることをおすすめします。

親睦会はあくまで社員の方の組織になりますので、天引きではなく、親睦会にて徴収されるようにするのが望ましいかと存じます。
個別で会費を徴収し、経理部にて管理し、退職時には返還する等の方法をご検討されてはいかがでしょうか。また、1年に一度収支報告を行い、会費の使途を明確にしてクリアな運営をされるのがよいかと存じます。

  • 投稿日:2011/05/02 11:36
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。参考になりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
契約社員就業規則の同意をもらう社員の範囲について
質問いたします。弊社では現在社員300名、うち10名が契約社員です。このたび契約社員就業規則を改正するにあたり、同意をとろうと思います。その際同意をとる社員は契約社員だけでいいのでしょうか。もしくは全社員の方がいいのでしょうか。ちなみに、正社員を対象とした就業規則を改正する場合、全社員を対象に同意を...
親睦会の会費について
いつも大変参考にさせて頂いております。 親睦会の会費についてお尋ねします。 弊社では、親睦会の会費について、等級に基づき二種類の会費を設定しております。(1~5等級:1,000円、6~10等級:1,500円などといった形) 会費の設定については、様々な設定方法(例:全社員一律、等級に応じる)があると...
社内の親睦会の整理について
社内の親睦会についてお尋ねします。 現在弊社では、社内の親睦会を整理することを考えております。 理由としましては、活動がないものの毎月会費だけ給与天引きで徴収されている親睦会が数多く存在しているからです。 これまで弊社では親睦会を創設したいと申請してきた親睦会には無条件で受け入れてきました。で...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
新しい働き方を実現するソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

管理者が成長するために必要なこと リクナビHRTech
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:09/01~09/18
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


新しい働き方を実現するソリューション特集

いま、『日本の人事部』が注目する『働き方改革』についての記事・セミナーやサービスをご紹介します。



定着率を高め、自発的に行動する新入社員を育成するソリューション特集

本特集では、自発的に行動し、早期に戦力となる新入社員を育成するための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーや資料請求のお申込みも可能です。万全の体制で春を迎えるために、ぜひご活用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


2020新卒採用の“傾向”と“対策”

2020新卒採用の“傾向”と“対策”

大卒求人倍率は7年連続して上昇、300名未満の中小企業の求人倍率は9....