無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了!
※登録内容はマイページで確認・変更できます。

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

既に会員の方はこちら

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

成果主義・賃金システムの改定

現在、弊社(不動産業)の営業部員の給与制度は、「固定給+歩合給」ですが、毎月の歩合給の計算が非常に煩雑且つ矛盾点もある事から、今後は「固定+ボーナス給」への見直しを考えています。但し、今後の給与制度概略は、同じ成果主義ながら、例年並の売上成果の場合、実質的減俸につながるのは、大方の部員にとって必至の状況です。目標未達成の場合は、固定給ダウン及び身分降格(正社員から契約社員)もあり、スタート時の固定給こそ、現行制度よりアップするものの、目標未達成につき、ボーナス・ゼロ社員も相当出てくるものと予想してます。営業社員の不安、反発は当然考えられ、営業部員の士気低下も懸念されます。厳しい数値目標ながらも、法的指導も考慮の上、社員が納得せざるを得ない、完成度の高い「賃金システム」を構築したいと考えます。外部のコンサルタント会社に依頼するのが、手っ取り早いとも思っていますが、どこか専門会社はあるのでしょうか?
他に良い解決方法があれば、併せてアドバイスをお願いします。

投稿日:2005/04/19 23:30 ID:QA-0000428

*****さん
東京都/住宅・インテリア(企業規模 31~50人)

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答1

プロフェッショナルからの回答

この回答者の情報は非公開になりました
 

成果主義・賃金システムの改定

  現行の歩合給の問題を解決するのに、なぜ質問のような改定方法を考えられたのかが理解できません。何か「成果主義」に対して、どんな問題でも解決できる優秀な経営システムといった印象を抱かれているとしたら、それは幻想です。
 実際は、コスト削減が目的なのでしょうか。弊所のように賃金コンサルタントを行っている会社はたくさんありますが、コスト削減が目的なら会計事務所系の会社が良いでしょう。コスト管理は徹底しています。
 しかし、多くの事例が実証しているように、やはりコスト削減と社員の納得は両立しません。懸念されているような反発、士気低下は必至です。私なら、外部のコンサルタントに高いお金を払って賃金制度を見直す前に、歩合給だけの見直しや、コスト削減策を社内で話し合うことを選択します。
 
 コンサルタント会社を選ぶ際は、書店でコンサルタントが書いた本を探し、その中で貴社の考えに合ったところに依頼するのが良いでしょう。大きな会社ほどコンサルタント量は高くなりますが、大抵の場合、見積りは無料ですから、気軽に問い合わせてみてください。

投稿日:2005/04/20 09:56 ID:QA-0000431

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。



問題が解決していない方はこちら
この相談に関連するQ&Aを見る
無料・匿名で相談できます。
お気軽にご利用ください。
社労士などの専門家がお答えします。
関連する書式・テンプレート
人事担当者が使う主要賃金関連データ

人事担当者が使う主要賃金関連データのリストです。
賃金制度や賃金テーブルの策定や見直しの際は、社会全体の賃金相場を把握し、反映することが不可欠です。
ここでは知っておくべき各省庁や団体が発表してる賃金調査をまとめました。

ダウンロード
関連する資料