企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A
相談数15746件   回答数34232

セールスレップの契約について

アメリカでは一般的な個人のセールスレップも、日本では個人での業務請負委託契約になるのではないかと思います。そうした個人の委託契約を締結する際の注意点について教えていただけますでしょうか?

  • 投稿日:2010/10/05 10:45
  • ID:QA-0023246
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2010/10/05 19:33
  • ID:QA-0023258

この回答者の情報は非公開になりました

営業の請負関係

日本でも基本給を8万ほどに落として歩合制の営業をさせている業種は多いです。代表的なものは生保です。一方、損保は代理店、独立自営方式を取っています。
小額の固定給でも雇用関係を維持することは指示命令系統を維持することができ、コンプライアンスを維持できますが、完全な請け負いにすると、インセンティブ性は高いですが、コンプライアンスを維持できない可能性があります。
また、育成面からも固定給がないことは人材のロスを多く生みます。
さらに、社会保険がないことは人材の採用に不都合を生じます。
全体から考えて、雇用関係を基本にした営業部隊を作る方がよいと考えますが、業種によっては完全歩合方式ということもありうると考えます。

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2010/10/05 20:59
  • ID:QA-0023263

この回答者の情報は非公開になりました

代理店契約

レップシステムは「従業員」ではなく、ご指摘のように「代理店」という扱いになるでしょう。ですので従業員や雇用というような管理を敷くことが出来ません。
たとえば出勤義務や時間管理などが出来ませんので、そうした拘束を一切行わない、ゆえに完全歩合等の成果に対しての代金支払いという制度を取られればと思います。
メーカーの販社システムを個人に適用ということでしょう。もちろん法人を作っている個人をレップにする例もあることでしょう。

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2010/10/06 10:54
  • ID:QA-0023277

代表者

契約形態は 「業務委託契約」、ポイントは、高度な法的知識

.
■ 個人のセールスレップは、法的には、通常、個人事業主となります。新しいのは、呼称だけでなく、従来の単なる販売のみ追求とは違った機能が要求される存在です。それは兎も角、契約の形態は、現行の区分に従えば、目的が、仕事の完成 ( 成果物の引渡し ) である 「 請負契約 」 ( 民法632条 ) ではなく、業務の委託 ( 業務行為の遂行 ) である、「 業務委託契約 」 ( 民法656条 ) になると思います。

■ 個人の委託契約を締結する際の注意点としては、レップの立場からは、労働契約とは異なり、労務の提供そのものは目的とはならないこと、独立した事業主なので、労働基準法など労働者を保護するための法律外になること、税金の申告も自分でしなくてはならないことなどが一般的です。セールスレップであるが故に、特別に注意を払うべき点はないと思いますが、単なる、代理店業務ではない筈なので、次の最終部分の見極めが重要だと感じます。

■ セールスレップは、メーカーからの視点と販売先の双方の視点で「商品」、「販売」、「販売促進」、「技術」を理解し、助言が出来るといった高度なレベルに達しているのか、メーカーは、何処まで期待しているのかなど、不明な点も多く、市民権を得ているとは言いにくいと思います。ただ、業界知識や商品知識だけではなく、独占禁止法や商標法など、高度な法的知識も要求されることは確かです

  • 投稿日:2010/10/06 10:54
  • 相談者の評価:大変参考になった

 

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務委託契約について
ご質問させて頂きます。 業務委託契約を締結予定だったのですが、両社の契約の確認中に 委託予定の業務がなくなってしまいました。 契約がされてない状態で業務は、1ヶ月のみなので委託契約は無かった事にして問題はないでしょうか? 知識不足のため、ご教示頂ければと思います。 宜しくお願いします。
社外取締役契約について
従来、社外取締役とは契約を締結していませんでしたが、本年度から契約する指示がありました。どのような内容で契約することが望ましいのでしょうか
無期雇用の転換について
いつもありがとうございます。 来年の4月1日以降契約期間の定めが有る者の無期雇用の申し出ができることになりますが、採用日と契約期間が以下のような場合は、どの時点で無期雇用の申し込みができることになりますか。ご教示ください。 採用日 2013年9月1日 1回目の契約 2013年9月1日~2014年...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
製造業派遣の2009年問題
現在、労働者派遣法で定められている製造業への労働者派遣の契約期間は最長で3年。2009年中には、この派遣労働者の契約が多くの製造現場でいっせいに期限切れを迎えます。2008年後半からの経済不況とも相まって、派遣労働者の雇用の不安定化が進むなど、さまざまな混乱が予想されます。
インフルエンサー
「インフルエンサー」(influencer)とは、「Influence」(影響、感化、作用の意)を語源とする言葉で、他者や一般社会に大きな影響力を及ぼす人や事物のことを指します。近年では、とくにインターネットマーケティングの分野で使われ、ブログや動画サイト、ソーシャルネットワーキングサービスを始めと...
顧問
「顧問」とは、企業やその他の団体が行う業務について、意思決定を行う権限は持たないものの、求められて高度な意見を述べるために置かれる役職のこと、あるいはその役職に就いている者を指します。もともと名誉職的な性格が強く、引退した元役員などを内部の常勤ないし非常勤の顧問に充てるケースが一般的ですが、近年は...
定番のQ&Aをチェック
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

従業員の自律的なキャリア開発を支援する 事業戦略を支える人事の挑戦
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:06/01~06/05
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「処遇」から「目標達成」へ<br />
~人事考課における「目標管理」の重要性とは?

「処遇」から「目標達成」へ
~人事考課における「目標管理」の重要性とは?

人は、周囲から評価されて「有用感」を持つことで、働く意欲が高まっていく...


働きやすさだけでなく、働きがいも大切<br />
不調者が輝きを取り戻すメンタルヘルス対策とは

働きやすさだけでなく、働きがいも大切
不調者が輝きを取り戻すメンタルヘルス対策とは

2012年11月に独立行政法人「労働政策研究・研修機構」が実施した調査...