企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

人事と労務の定義

人事と労務の区分け基準はありますか?

投稿日:2005/10/04 17:21 ID:QA-0002126

*****さん
千葉県/輸送機器・自動車

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答1
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

人事と労務の定義

■法的区分のないのは当然として、慣習的にも確立されていると言うほど明確な区分もありません。然し、何もないといえばこれは、嘘になります。つまり、人の参加によって構成されている組織があるところでは、人事や労務の組織機能が存在し且つ活動している現実があるからです。
■米国では、HRM(Human Resouces Management 人的資源管理)という大きな<ククリ>の下に、日本の人事、労務、厚生の3領域の各機能が「並列的に」位置づけられている感じがします。最近は少なくなりましたが、大企業では、管理本部の下に、(総務部、審査部、財務部、経理部などの他に)人事部・労務部・福利厚生部といった独立部署が見受けられます。これらの部署は、通常、「職務分掌規程」によって、それぞれの遂行すべき職務が決められていますので、参考になるかかも知れません。
■弊職の経験・記憶によりますと、「人事」は、採用・配置・異動・任解命・考課・研修・退職といった、いわば、人的資源を「個体」レベルで、調達から退社までの全プロセスを通じて生涯管理することと言えるのではないでしょうか。他方、「労務」では、労働の円滑な提供を可能にするための労働条件(労使関係を含む)及び労働環境を「集合」レベルで設営・維持・保全することが、主な職務領域ではないでしょうか?
■参考文献は見当たらないと思いますので、経験と勘に頼った回答になりました。実務面では、人事と労務の区分のつきにくい業務も数多くあると思います。各社各様の区分けをされていると思いますが、あまり区分付けに拘って、人事担当、労務担当の双方が見落とすような「ポテンヒット」だけは避けなければなりません。

投稿日:2005/10/04 20:11 ID:QA-0002128

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
人事・労務 について(2)
NO I000066 にてご相談しました件でご回答をいただきありがとうございました。 改めてなのですが、「人事」と「労務」を分けた場合、その個々の領域についてご教示いただけませんでしょうか? 宜しくお願いいたします。
リスク管理に関して
人事・労務に関することでリスク管理項目に該当することを抽出することになりましたが、人事・労務においてのリスクと考えられることにはどんなことが挙げられるのか教えていただけますでしょうか?
人事について
掲題について人事の先輩の皆様へご相談です。 企業における人事の存在って何でしょうか? 人事の大義って何でしょうか? 勤務してから約1年たっただけですが..まだまだ半人前の私です。 この意味を少しでもいいのでご教授頂けないでしょうか。 宜しくお願い致します。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
戦略人事
「戦略人事」とは、企業経営において、経営戦略と人材マネジメントを連携・連動させることで競争優位を目指そうとする考え方、およびそれを実現するための人事部門の機能や役割などを包括的に示す用語です。今までも人事部門には、事務処理や労務管理などの定型的なオペレーション業務だけでなく、人的リソースの適正配置や...
データドリブン(data driven)
「データドリブン」(data driven)とは、ビジネスなどにおいて得られたさまざまなデータを総合的に分析し、意思決定の判断材料として役立てることをいいます。特にビッグデータを活用し、データによって現状を正しく可視化することで課題解決に結びつける考え方です。近年、データ分析技術が進歩する中で、マー...
人事システム
人事システムとは、ITによって個々の従業員に関する人事情報を一元的に記録・管理し、人材の計画的な配置や異動、育成、能力開発など、人事管理業務全般の最適化、円滑化に活用する経営情報システムのことです。近年は自社開発よりも、一般的に短期間かつ安価でシステムを構築できる利点から、製品化されたパッケージソ...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/26
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。