企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数14905件   回答数31957

インターンシップ受入期間と労働性について

大学生へのリクルート活動の一環ではなく、美術館等の比較的長期間のインターンシップ受入れがあります(3ヶ月~1年程度)。
これには、ある一定の期間または頻度以上は労働と見なされるなどの線引きがあるのでしょうか。
例えば、3ヶ月は週3回以上で労働と見なされる、1年間でも週1回程度ならば労働制はないと見なされるなど、ケースによって異なるものなのでしょうか。

一般にインターンシップは労働性はないと見なされていますが、長期間ある組織の管理監督下でインターンシップで実習する場合も同様に考えてよいのか、ご教示ください。

  • *****さん
  • 東京都
  • 不動産
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:その他
  • 投稿日:2009/09/18 21:03
  • ID:QA-0017530

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2009/09/18 21:46
  • ID:QA-0017531

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

インターンシップにつきましては比較的新しい仕組みということもありまして、法令上特に定めはございません。

従いまして、インターンシップに関する労働者性の有無についても、その内容・実態に基く個別の判断となるものといえるでしょう。

つまり、会社の指揮命令の下決められた業務に従事し、対価として給与を支給するということになりますと実質は学生アルバイトと同様と考えられますので、労働法令の適用がなされるものといえます。

これに対し、例えば職場見学の色彩が濃い内容で、時間等に見合った給与ではなく手当として1日数千円程度迄しか渡されないようであれば、労働者性は通常無いものといえるでしょう。

また期間や回数による判断基準も特に定められていませんが、やはりそれらが多くなればなるほど通常業務との関連が強まりますので労働者性が高まる事は否定出来ないものと考えられます。

当然ながら内容的に判断が難しいケースもありえますので、そのような場合には念の為所轄労基署にもご相談された上で対応される事が賢明です。

  • 投稿日:2009/09/18 22:03
  • 相談者の評価:参考になった

さっそくアドバイスをくださり、ありがとうございます。
先ほど質問させていただいた際に説明が不足しておりました。

美術館等での長期インターンシップにおいては、「無給」というケースが多いようなのですが、これは問題ないのでしょうか。

たびたびの質問となり申し訳ございませんが、ご教示いただければ幸いです。よろしくお願い致します。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2009/09/19 09:15
  • ID:QA-0017533

ソフィアコンサルティング株式会社 コンサルティング本部 代表取締役社長

労働者性の有無がポイント

ご相談を拝見し、ご連絡差し上げます。

インターンシップについては、現在まだ法令および行政上のガイドラインのようなものは出されていない状況です。
したがって、受け入れ側としては、まず、業務を任せることが主眼なのか、実習や教育が主眼なのかを見極める必要があります。
業務が主眼であれば、それは実態として雇用契約であり、労災保険が適用になる上、一定の条件の下で雇用保険の適用も必要になります。
 ※もっとも、2つ目のご質問文にあるような「無給」の場合には、明らかに労働者性はありません。

したがって、受け入れに際しての契約書類には、必ずこの点(※業務主眼か実習目的か)を明記しておくことが不可欠となります。

ご参考まで。

  • 投稿日:2009/09/23 18:08
  • 相談者の評価:大変参考になった

非常に参考になりました。
アルバイトとインターンシップの法的な線引きはないのですね。
今回ご相談させていただいたのも、教育的な観点でのインターンシップでしたので、それを明記するようにしたいと思います。

お忙しいところご回答くださり、ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2009/09/19 11:23
  • ID:QA-0017534

オフィス代表

再度お答えいたします

こちらこそご返事頂き感謝しております。

御質問の件ですが、先の回答通り内容・実態が問題になります。

例えばインターンシップと称しましても、学生アルバイトと変わらない労働実態があれば労働者性があるものといえますので、無給では済まされず賃金の支払を行わなければなりませんし、労働関係法令も適用されます。

恐らくはそのような労働実態が存在しないことで無給にされているものとは思われますが、期間が長いとの事でご心配のようでしたらやはり所轄労基署のご相談し指示を仰がれるべきというのが私共の見解になります。

  • 投稿日:2009/09/19 11:23
  • 相談者の評価:大変参考になった

 

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
36協定
36協定は、時間外労働と休日労働を分けて協定するようになっていますが、休日労働の時間数は、時間外労働の時間数に算入しなくて良いのでしょうか?
徹夜労働について
休前日から翌日(休日)にかけて徹夜労働をさせた場合の質問です。 ①例えば翌日の朝9:00まで労働させた場合、夜中0:00から朝9:00までの間は、前日の労働時間とみなされると思うのですが、その時間分の時間単価は、休日労働の135%になるのでしょうか?それとも前の日からの労働時間として125%でよい...
時間外・休日労働時間について
長時間労働者への医師の面接指導に関する1ヶ月の時間外・休日労働時間を、36協定の1ヶ月の時間外労働・休日勤務時間として扱っても良いでしょうか。お手数ですがご教授下さい。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

エクスターンシップ
大学生に対するキャリア教育の一環として行われる短期就業体験プログラムのことを、アメリカでは「エクスターンシップ」(Externship)と呼びます。学生自身が関心のある分野に能動的に参加することによって、企業や業界に慣れ、実践的な職業スキルに触れる機会を提供するのがねらいです。同じく就業体験であるイ...
インターンシップ
少子化の影響を受け、採用市場では若年層の人材獲得が困難な状況が続いています。早期離職率の問題も顕在化するなか、ミスマッチを防ぐため、企業・学生の双方で入社前の活動が重要なポイントとなっています。こうした問題を解決する一つの手段となるのが「インターンシップ」です。ここでは、実施企業が増えている背景や実...
内定後インターンシップ
「内定後インターンシップ」とは、すでに就職活動を終え、就職先が内定した学生が卒業までの間に取り組むインターンシップのことです。就活後の残された学生生活を、学業や遊びに費やすのではなく、内定先企業とは異なる会社や団体での就業体験に活かすという選択肢が、若者の就労観をめぐる新しい動きとして注目されていま...

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング タレントパレット
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:12/01~12/09
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


会社の新しい挑戦を支えるために<br />
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

会社の新しい挑戦を支えるために
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

第一三共株式会社は2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グルーバル...


「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加<br />
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

急速に変化する市場環境の中で競争力を維持・向上させていくためには、人材...