企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数14899件   回答数31934

消防団への社員派遣について

当社がプロジェクトを進めている地域において、地元消防団より人的協力を求められました。

地域貢献という意味でも社員を参加させる方針ですが、下記2点についてお聞かせいただけないでしょうか。

1.大きな額ではありませんが、特別職地方公務員という扱いで報酬が付与されます。これは就業規則で定められている「副業の禁止」に当たりますでしょうか。

2.消防団の訓練は、平日・土日を問わず行われるようですが、夜間や土日の訓練に参加させた場合、その社員に会社として残業手当を付与すべきでしょうか。

以上2点、アドバイスいただければ幸いです。よろしくお願い致します。

  • *****さん
  • 東京都
  • 不動産
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2009/01/09 19:32
  • ID:QA-0014741

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2009/01/09 21:21
  • ID:QA-0014742

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

非常勤の消防団員の招集につきましては、労働基準法第7条の「公の職務」には当たりませんので、会社として必ずしも要請に応じる必要はございません。

当然ながら、こうした任務につきまして受けるかどうかは本質的に個人の問題ですので、会社として強制する等関与する必要はないものといえます。(※消防団員の任命等につきましては各市町村の条例で決められているはずですので、詳細については市町村役場にてご確認下さい)

仮に会社に対して協力依頼が有るとしても、問題の性質上会社から強制する事柄ではなく、社員には主旨を伝えるにとどめ、あくまで参加するか否かは社員の意志に任せるべきというのが私共の見解になります。

仮に社員が自発的に訓練へ参加した場合でも、御社の労働時間とはなりませんので、残業手当を始め賃金を支払う必要はございません。

  • 投稿日:2009/01/13 21:22
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご教示くださり、ありがとうございます。
また、お礼を申し上げるのが遅れ、申し訳ありません。

念のため確認させていただきたいのですが、消防団員訓練への参加依頼が当該本人ではなく会社にあった場合でも、お答えいただいた内容は適用されると考えてよろしいでしょうか。
お手数ですが、確認をさせていただければ幸いです。どうぞよろしくお願い致します。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2009/01/13 22:21
  • ID:QA-0014763

オフィス代表

再度お答えいたします

こちらこそご返事頂き有難うございます。

ご質問の件ですが、先の回答は当然個人ではなく会社に依頼があった事実を前提にしております。

こうした依頼に関しましては、非常勤の消防団員の招集が「公の職務」として認められていない以上、特に強制力はないものといえます。

勿論、社会貢献という意味で参加に前向きな姿勢を取ること自体を否定するわけではありませんが、企業本来の活動ではない為強制までする事には問題が多く好ましくないというのが私共の見解になります。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
契約社員就業規則の同意をもらう社員の範囲について
質問いたします。弊社では現在社員300名、うち10名が契約社員です。このたび契約社員就業規則を改正するにあたり、同意をとろうと思います。その際同意をとる社員は契約社員だけでいいのでしょうか。もしくは全社員の方がいいのでしょうか。ちなみに、正社員を対象とした就業規則を改正する場合、全社員を対象に同意を...
就業規則の届出について
弊社は社員数300名強。全国に数十箇所の支店を持っていますが、それぞれの支店は社員が10名おりません。 このような場合でも、すべての事業所で就業規則の届出を行なわないといけないのでしょうか?
就業規則と服務規程
お尋ねします。 就業規則と服務規程の違いは何ですか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

プロパー社員
「プロパー社員」とは、「正規の、本来の」などの意味をもつ英語のproperから転じた和製英語まじりの言い回しで、いわゆる“生え抜き”の社員や正社員のことを言う、日本の企業社会に特有の表現です。「プロパー」と略して使われることが多く、その意味するところは使う文脈や職場によって異なります。中途入社や出向...
ぶら下がり社員
「ぶら下がり社員」とは、いわゆる問題社員の類型の一つで、仕事や組織へのコミットが弱く、指示された用件や与えられた仕事はこなす反面、求められる以上の役割はけっして果たそうとしないタイプの社員を指します。目的意識や成長への意欲に欠け、現状維持に安住したがる傾向が強いため、会社や上司には従順ですが、自らが...
制約社員
「制約社員」とは、働く場所や時間、従事する仕事内容などの労働条件について何らかの制約をもつ社員の総称です。伝統的な会社組織の基幹を成してきた正社員が、会社に言われれば「いつでも・どこでも・どんな仕事でも」働く無制約社員を前提とするのに対し、近年は特定の場所や時間での勤務を希望するパートタイマー・契...

定番のQ&Aをチェック

従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング タレントパレット
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:12/01~12/07
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現<br />
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

福岡市に本社を構える西部ガス株式会社は、「働き方改革」の一環としてテレ...


「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加<br />
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

急速に変化する市場環境の中で競争力を維持・向上させていくためには、人材...