企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

試用期間の延長にあたっての通知時期について

試用期間の延長するにあたり、本人に対し何日ぐらい前に通知すればよろしいものでしょうか。
恥ずかしながら就業規則には定めていません。合理的に許される範囲が、何か判例や通達等であれば教えていただきたくよろしくお願いします。

投稿日:2008/04/08 23:19 ID:QA-0012022

*****さん
東京都/保険

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

試用期間の件ですが、通知というよりは延長自体が合理的であるかがまず問われるものといえます。

この点につきまして、判例上で合理的な延長とは、

・現時点では社員として不適格と判断されるが、今後の本人の態度によっては正採用を考えてもよいものとして行う延長
・社員として即時不適格とは判断できないが、適格性に疑問があり正採用することにためらう相当な事由が認められる場合に行う延長

とされています(S45.7.10 大阪高裁判決・大阪読売新聞社事件)。

上記に該当するか否かにつきましては、個別の事情により判断されるものといえるでしょう。

また、通知日に関して特に基準となる目安はないですし、試用期間の長さやその内容にもよりますので確答は出来ません。

但し、仮に延長理由に合理性が認められる場合でも、せめて1週間前位には通知しておくのが妥当ではないでしょうか‥

投稿日:2008/04/09 01:17 ID:QA-0012027

相談者より

回答いただきましてありがとうございます。
早速参考にさせていただきます。

投稿日:2008/04/09 22:18 ID:QA-0034819大変参考になった

回答が参考になった 1

プロフェッショナルからの回答

この回答者の情報は非公開になりました
 

実例です

服部先生のご指摘のような法的側面は重要です。ぜひ当該社員の意思確認を徹底して下さい。

過去に延長を実施した弊社のクライアント企業の例では1ヶ月前でした。私もその試用期間延長の相談を受けた際はいろいろ考えましたが、やはり当人にとって通常であれば非常に厳しい措置と考えられます。退職を含めたチャンスをしっかりと付与することで、御社の企業姿勢が表せると思います。
逆に社員の側から見れば、人によっては解雇通知とも受け止められる可能性があります。そんな事態でも十分猶予を持てる期間として、1ヶ月はいかがでしょうか。

投稿日:2008/04/11 22:55 ID:QA-0012081

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
休職届、試用期間延長通知について
弊社では、試用期間中にうつ病で近々休職予定の社員がおります。 弊社では、過去に休職した社員がおらず、社内では特に休職届、試用期間延長通知などはないのですが、書面で残しておいた方が良いのではと思うのですが、書面はなくても良いのでしょうか。 試用期間は、残り1か月なのですが試用期間の延長にもなります。...
試用期間の延長
弊社では新規採用にあたり3ヶ月の試用期間を設けております。今回、この試用期間中に病気により1ヶ月の休職をした社員がいるのですが、この社員の試用期間を病気により休業していた日数分だけ延長したいと思っておりますが、問題はありますでしょうか。 就業規則には「新たに採用した者について、3ヶ月間の試用期間で採...
試用期間中の職務変更
6ヶ月の試用期間中に会社・従業員同意の上で、職務内容を変更した場合、試用期間の取扱はどのようになるのでしょうか。1)残存試用期間、新たな職務での適性を確認する 2)新たな職務に対する試用期間を設ける(試用期間の延長)等が考えられますが、法的に問題はありますでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 資格取得は一種のギャンブル 試用期間に利用される紹介予定派遣
    専門的な資格を取得すれば転職や就職に有利ではないだろうか…。誰もが一度は考えることだろう。特に1990年代以降、就職難が続いたため、資格取得を目指した人も多かったはずだ。たしかに、司法試験や公認会計士、弁理士などの試験は超難関だが、合格すれば専門家として高い評価が得られるのは間違いない。ただ、同時に...
  • 「個人情報」を隠したまま転職活動したい人 「転職回数」を少なくして経歴を書きたい人
    転職活動に欠かせない履歴書や職務経歴書。考えてみれば、これほど「個人情報」のかたまりのような書類もないだろう。個人情報保護法などの施行にともなって、企業も人も、また人材紹介会社も、これら個人情報の取り扱いには細心の注意を払うようになっている。しかし、どこまで保護すれば十分なのかという点など、まだまだ...
  • ミドル層採用時の情報収集・経歴詐称・ミスマッチ等への対応
    人材不足で売り手市場の現在、転職市場では、豊富なキャリアやビジネススキルを持つミドル層の転職者割合も上昇しています。そんなミドル層の中途採用をめぐるトラブルを踏まえ、採用時から退職までの実務上の留意点と対策を詳しく解説します。
あわせて読みたいキーワード
試用期間
試用期間とは、新たに雇用した従業員を正式に採用するかどうか、判断するために設ける一定期間のことをいいます。
就業規則
賃金、労働時間、休日・休暇などの労働条件や、服務に関する事項など、労働者が守るべき規律について、定めた規則の総称をいいます。
降格人事
降格人事とは、一般に従業員の地位や役職を引き下げることを言います。職能資格制度における資格の引き下げや、職務等級制度の等級の引き下げにも、「降格」の言葉が使われることがあります。
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

POSITIVEが選ばれる理由
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:07/01~07/04
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


ビジネス界の重鎮が提言!<br />
 語学力偏重にモノ申す~日本人のグローバルリーダーはまず日本語から育てよ~

ビジネス界の重鎮が提言!
語学力偏重にモノ申す~日本人のグローバルリーダーはまず日本語から育てよ~

日本のビジネスパーソンが海外で活躍するためには、何が必要なのでしょうか...