無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

管理職の特別手当

お世話になります。
管理職が時間外に「ある特定の業務」を行ってもらうときに、
時間外手当としてではなく、一律の特別手当を支給することは
問題ないでしょうか?
当然、その管理職の時給単価×割増率を踏まえた手当を支給しますが、
「○○手当」として簡便な運用にしたいと思っています。
ご意見をうかがえればと思います。
よろしくお願いいたします。

投稿日:2021/10/12 18:36 ID:QA-0108548

hamatakさん
群馬県/機械

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
株式会社RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

管理職

法的な本来の管理監督者であり、残業対象外なのであればそもそも手当が必要ないので、勤怠管理対象の管理職だとしますと、非常に中途半端なイメージです。どのみち給与負担するのであれば、単に残業手当至急が一番明快で簡潔でしょう。
または職務分掌や雇用契約見直しですが、それは手間がかかりすぎるので、簡易な対応で良いのではないでしょうか。

投稿日:2021/10/13 11:54 ID:QA-0108595

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、労働基準法上で時間外労働の適用除外となる管理監督者ではないという前提で申し上げます。

そうしますと、たとえ時間外労働割増賃金に相当する支給額であるとしましても、全く別の名称でありかつ時間外割増に当たる旨の定めもなされていないという事であれば、別途時間外割増を請求されるリスクが生じるものといえます。

簡便な運用と言いましても、結局は時間外割増に沿った金額計算をしなければならず、かかる手間はさほど変わりませんので、そうであれば原則通りの時間外手当で対応されるのが妥当といえるでしょう。

投稿日:2021/10/13 00:41 ID:QA-0108568

相談者より

ご回答いただきありがとうございました。

投稿日:2021/10/13 10:15 ID:QA-0108584大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

毎月行うのではなく、時給単価×割増率を踏まえた手当とするのであれば、
時間外手当としたほうが、よろしいでしょう。

管理者の中でも特定の人だけ、行うのであれば、賃金規程に規定したうえで、
一律の特別業務手当として、毎月支給することは問題ありません。

投稿日:2021/10/13 09:03 ID:QA-0108573

相談者より

ご回答いただきありがとうございました。

投稿日:2021/10/13 10:25 ID:QA-0108587大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート
関連する資料
現場のパフォーマンスを高めるネガティブフィードバックとは?

「部下への指導がうまくいかない」「部下の成果が思うように上がらない」など、現場の管理職の悩みの原因のひとつは、管理職の「フィードバックスキル不足」にあります。
現場の活性化&パフォーマンス向上につながる手法のひとつ、「ネガティブフィードバック」の上手な実践方法について解説します。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード