企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14486件   回答数30776

新入社員フォローアップ研修について

当社はメーカーですが、今年春入社した社員に対してフォローアップ研修を行いたいと考えております。

今まで行ってきた研修は、
ビジネスマナー研修 3日間
部署ローテーション研修 2週間
生産現場研修 6ヶ月間
で、今現在は各部署に配属されています。

フォローアップ研修の目的としては、今までの上記の研修の効果確認、レビュー、職場での不満点等を聞き出し、考える機会を作りたいと思っております。

皆様の会社では、どのようなフォローアップ研修を行っているか、教えていただけないでしょうか?

当社では、今までこのような研修を行った実績が無く、今回が初めての為、実施に当たっての進め方なども教えていただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

  • *****さん
  • 京都府
  • 半導体・電子・電気部品
  • 回答数:5件
  • カテゴリ:育成・研修
  • 投稿日:2007/11/22 09:57
  • ID:QA-0010553

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
5件中 1~5件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2007/11/22 10:07
  • ID:QA-0010554

有限会社ライフデザイン研究所 代表取締役

新入社員のフォローアップ

新入社員は3年くらいで一人前のプロフェッショナルに育て上げることが重要だと思います。
会社のビジョン、各部門の業務を理解し、その中で個人の役割を明確にすることが大切です。
また、プロフェッショナルになるための「能力」としてはどのようなスキルが必要か。
企業文化(とくにチームビルディング)を醸成するには、どのような行動をとればよいのか。
といったことが課題としてあげられます。

この回答は参考になった
参考になった:1名
専門家より
  • 投稿日:2007/11/22 12:49
  • ID:QA-0010562

国際メンタリング&コーチングセンター 代表、株式会社スマートビジョン 代表取締役

現在の職場に、新入社員の悩みに対応出来るメンターがいますか?

 新入社員が定着するかどうかは、職場に自分の将来のことを真剣に考え、支援してくれるメンター(支援者)がいるかどうかになります。最初は、現場でどのような仕事を体験してみる機会は、非常に貴重なものです。しかし、現在の仕事が果たして自分に適しているのか、自分はこれからもやっていけるのかどうか、迷っているのが普通です。その悩みや不安に理解を示し、誠意を持って、支援出来るメンターが職場にいますか? そのためには、新入社員の将来のキャリアパスを明確にし、その達成を支援するメンターの存在が職場に必要になります。その役割を果たすメンター的な方が職場にいますか? また、このメンター的な方を中心に職場が新入社員を支援する仕組み(メンター制度)がありますか?
 これからは、人材育成は、職場の人が中心になり進めるものだと言う組織風土を育て、メンターの養成を進めることをお薦めします。この意識が職場に育てば、職場も活性化し、良い結果が期待できましょう。
まずは、メンターの役割とそのスキルを学び、そのやりがいを高めるメンター研修をフォローアップ研修として、メンター候補者に実施されては如何ですか?
 このような職場の育成に対する意識改革、メンターの養成、育成の「見える化」を進められ、職場に定着させては如何でしょうか? 
 新入社員が育つ職場への変革を含めて、多くの人材育成の指導・支援を長年実施しておりますので、ご相談をお待ちしております。

 

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2007/11/22 15:29
  • ID:QA-0010566

この回答者の情報は非公開になりました

新入社員フォローアップ研修 プログラム(案)

この時期は、会社や仕事に慣れてきて、入社当時の緊張感もやや薄れ、現状に対する不満や問題意識が芽生える頃です。また一方で、新たな部署への配属、社内外の人との接点も増えていく時期といえます。
そこでまず、ビジネスパーソンとして、現状の自己課題を整理し、新たな目標の設定させることで各自のモチベーションを高めることが必要です。そして、その目標を達成するためにも、円滑なコミュニケーションを図る力が求められます。
当社では、入社6ヶ月~1年目の社員を対象に、様々な業態のクライアント様に下記のようなプログラムをご提供しております。

1.「現状の課題を整理し、解決策を考える」と言うテーマでのグループディスカッション
  ・同僚の仕事上の課題を共有することで、自己の成長度に気づく。
  ・グループワークの過程で、論理的思考の手順も体得を図る

2.自分自身の仕事に対する興味・価値観を知り自社での将来の姿を描き、アクションプランを
  立てる
  ・目先の問題だけに捉われず、キャリア視点で自己の将来像(目標)が見えてくる

3.コミュニケーションの重要性とポイントを学び、対人スキルを身につける。
  ・社内外の人間関係が円滑になり、生産性の向上が図れる

  上記内容は1.5日~2日のプログラムとなりますが、内容、日数等はご要望に応じて企画提案させていただきますので、詳細につきましては、お問い合わせくだい。

            株式会社 ネットクエスト
            取締役 営業企画部部長 
           岩佐 香澄(渋谷区代々木)

専門家より
  • 投稿日:2007/11/26 21:47
  • ID:QA-0010591

この回答者の情報は非公開になりました

新入社員フォローアップ研修について

入社後~現在までの仕事と人間関係の両面から振り返りと整理をして、実戦的なビジネススキルの向上に結びつけるのが良いと考えます。
弊社では事前準備として人事部の方、所属部署の上司から個々のスタッフに関する事前ヒアリング(課題と期待値、リクエストなど)を行っています。研修終了後にはパーソナルカルテを作成し、入社後3年間のフォローを引き続き御社にてしていただくシステム作りのお手伝いをしております。
プログラムについては下記に一例を記しますので、詳細はお問い合わせください。

研修の進め方とポイント
1.自立型人材の育成を図る
 グループワーク/失敗や経験から学んだ自分の課題 と改善方法
2.ビジネスコミュニケーション力の育成
 コーチングスキルを活用し「聴く」「質問する」「話す」力を強化します。
3.自己啓発計画書を作成する
 「自分で決めた」目標を、責任を持って実現するモチベーションの維持を目的とした計画書を作成し、発表することで研修効果の持続を狙います。

株式会社オフィスムーブ
代表取締役 浜田美雪(大阪市)

専門家より
  • 投稿日:2007/12/01 13:07
  • ID:QA-0010646

日本カンファリスト(R)協会 代表理事

新入社員フォローアップ研修について

入社したてのころは、盛りだくさんのことをいろいろ詰め込まされてきて、緊張もあり実際は、なかなか吸収できておりません。
やっと時間もたち社会人として、また、会社にも慣れてきたところです。既に部署に配属され、各自の求められるものは違います。
そこでのフォローアップ研修として、
共通して必要な基礎となるコミュニケーション能力を磨くことで、職場で何が求められているか等を自分で気づいて行動するように成長させることが重要だと考えております。
弊社では、基礎となる伝え方、聴き方、訊き方、観察力、対人対応力を自ら気づいて行動できるようなカリキュラムでさらに伸ばしていく事をおすすめしております。

株式会社CHEERFUL
研修事業部 沖本るり子 (東京都千代田区)

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
研修について
当社では、様々な研修を行う機会を設けています。そして、かなり口うるさい従業員がいる為、就業時間内に研修を行うようにしています。しかしながら、従業員を就業時間内に研修させるとエステサービス業の為、直接「売上減」に繋がってしまいます。そもそも、「タイムカードを切ってから研修しろ」なんてものは、昔ながらの...
新入社員の研修について
現在新入社員向けの研修制度を策定しています。 内定者研修、新入社員研修、フォローアップ研修と考えておりますが 企業様やその研修内容も多種多様です。 そこで平均的な金額や日程についてお教え頂けませんか。
研修中の労災について
研修予定者から質問を受けました。 弊社では研修期間中は社員としてはみなしておらず、正式に配属された日を入社日としています。 そのため、研修中はアルバイト的に給与を支払っています。 質問は研修期間中に事故にあった場合に労災がおりるのか、という質問です。 弊社は販売職で、研修は実際に販売を行うプログラム...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • マネジメント・管理職研修をどう企画・実施するか
    現在、変革期を迎えているマネジメント・管理職研修だが、研修を企画・実施する場合、どのような点を重視し、自社に合った内容を作成していけばいいのか。以下では、そのステップと留意点を整理していく。
  • 研修の準備と段取り
    研修の実施に当たり、事前準備や研修当日の運営において行うべきことは多い。これら研修の準備と段取りについて、ポイントを整理してみたい。
  • 研修会社の選び方
    自社だけで、全ての研修を実施するのは難しい。社内に人材育成や研修実務に長けた人材が数多くいるわけではないからだ。また、研修計画を立案するための時間をなかなか捻出するできないケースも多い。そこで、外部の研修会社を利用していくことになる。以下、研修会社を選ぶ際のポイントを整理していく。

あわせて読みたいキーワード

研修内製化
近年では研修を外部に委託せず、自社で内製化する企業が増えています。研修内製化することで、どのような効果が期待できるのでしょうか。また、どのように研修を内製化すればよいのでしょうか。研修スタイルの変遷を追いながら、今、求められる研修のあり方を考えます。
シェア研修
「シェア研修」とは、複数の企業のコラボレーションにより、新入社員研修などを合同で企画・実施する研修スタイルのことです。研修プログラムや講師、会議場など各社の育成リソースを共有し、所属の異なる参加者が企業の枠を超えて同じ研修を受けるのが特徴。自社内に閉じていた従来の新人研修と違い、“社外同期”ともいう...
新入社員研修
「新入社員研修」は、特に新卒入社者を対象とした研修を指す場合が多く、学生から社会人となった新入社員に、仕事を遂行する上で求められる知識・スキルや礼儀・ビジネスマナーなど、ビジネスパーソンとしての基礎を身に付けてもらうために実施されます。近年、企業間の競争が激化する中で、新入社員には早期戦力化が期待さ...

定番のQ&Aをチェック

規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
健康経営を戦略的に推進するステップとは?取り組み事例と外部サービスの選び方

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:08/01~08/22
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


健康経営の実践に必要なステップ、外部サービスを選ぶ際のポイント

健康経営を戦略的に推進するための必要なステップや取り組み事例、外部サービスを選ぶ際のポイントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「日本一いい会社」を目指すために<br />
社内で「産業カウンセラー」を育成するメリットとは

「日本一いい会社」を目指すために
社内で「産業カウンセラー」を育成するメリットとは

健全な職場環境づくりのプロフェッショナルとして、あるいは社内外の信頼関...