企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ミエルカ 見える化

「見える化」とは、企業活動の現状、進捗状況、実績などをつねに見えるようにしておくこと。問題が発生してもすぐに解決できる環境を実現すると同時に、ビジネスの現場をそもそも問題が発生しにくい環境に変えるための、組織内の体質改善や業務改革の取り組み全般を指します。
(2009/11/20掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

見える化のケーススタディ

見えない問題は永遠に解決できない
「見える化」の成否は現場力にあり

コストの無駄、品質改善の余地、顧客や取引先の本音、部下の不満……ビジネスの現場は、見えているようで実は見えていないことだらけです。なんとかしたくても、漠然として客観的に把握できない問題は解決のしようがありません。そうした組織内に潜むさまざまな問題を明確にすることが、「見える化」の本質です。

強い企業や競争力の高い企業には、現場が主体的に問題の「見える化」を進め、それを解決するしくみがあります。わかりやすいのが、トヨタ自動車の「カイゼン活動」でしょう。トヨタの生産現場では、ラインの稼働に異常が起きると各工程の担当者が“あんどん”と呼ばれる表示を出して知らせ、現場全体がタイムリーに対応できるようになっています。また、必要な部品の種類や数を書いた札(かんばん)を生産工程で順次回していく“かんばん”方式によって、必要なときに、必要な部品を、必要な数量だけ調達できる、無駄のないJIT(ジャスト・イン・システム)生産を実現しています。

そして最も大切なのは、こうした「見える化」の手法がトップダウンではなく、現場の主体的な取り組みと工夫によって生み出されてきたという点です。

見える化」の重要性にいちはやく注目し、『見える化――強い企業をつくる「見える」仕組み』(東洋経済新報社)を上梓した、ローランド・ベルガー会長で早稲田大学大学院教授の遠藤功さんは、「見える化の根底には現場力がある」と指摘します。「見える化」のしくみを導入して、現場の問題が見えるようになっても、肝心の現場の人間にそれを解決しようという意識がなければ、実際は見えていないのと同じこと。むしろ「見えないほうがいい」とまで遠藤さんは言い切ります。

見える化」はあくまでも手段であり、そのしくみやITなどのツールが問題を解決してくれるわけではありません。「問題を解決するのはいつも人間。にもかかわらず、多くの企業は“見える化”自体を目的化する勘違いをしている」と、遠藤さんは警鐘を鳴らしています。自ら問題を発見し、自ら解決する「現場力」の醸成こそ、「見える化」の大前提といえるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

質問会議
「質問会議」とは、参加者らが意見を言い合うのではなく、問題に関する質問とその応答のみでやりとりを進め、問題の解決策を探っていく会議術のことです。実際の問題解決を通じて個人や組織の学習する力を養成する「アクションラーニング」の研究から生まれた、対話型コミュニケーションにもとづく手法で、ボトムアップ型...
ワークプレイスラーニング
ワークプレイスラーニングとは、「働く現場における学習」のことです。個人のスキル向上と組織パフォーマンスの改善を目的とした学習の仕組みをつくり、日々の実務のプロセスに組み込むことによって、高い学習効果を実現します。人材の能力開発に有効な手段として注目されています。
コーピング
コーピング(coping)とは、「問題に対処する、切り抜ける」という意味のcopeに由来するメンタルヘルス用語。特定のストレスフルな状況や問題に対して何らかの対処行動をとり、ストレスを適切にコントロールすること、あるいはその手法を指して「ストレス・コーピング」といいます。

関連する記事

遠藤功さん 企業をのばす現場力―人事部が変われば現場も変わる
「現場力」は本来、日本企業ならではのストロングポイントでした。それがいま大きく揺らぎはじめているといいます。現場再生に向けて――遠藤さんにじっくりとお話をうかがいました。
2008/10/27掲載キーパーソンが語る“人と組織”
「人口減少」と「団塊の世代の大量定年」は、企業の人事戦略にどのような影響を与えるか?
国立社会保障・人口問題研究所の2002年1月の推計では、日本の総人口は「2006年をピークに減少していく」と見込まれています。しかし昨年8月に発表された厚生労働省の「人口動態推計」(2005年上半期)では、統計開始以来、初めて減少を示し、もうすでに日本の人口が...
2006/03/13掲載人事・労務実態調査
9割近くの企業が「戦略人事」の重要性を認識しているが、実際に「戦略人事」として機能できている企業は約3割
9割近くが「戦略人事」の重要性を認識。市況よりも良い企業では、「当てはまる」が68.9%に。「戦略人事」を実践できている企業は31.6%にとどまる。戦略人事が機能していない理由は「人事部門のリソースの問題」が54.6%と過半数。
2018/07/12掲載人事白書 調査レポート

関連するキーワード

これからの組織・事業を担う若手・中堅を育てる!セミナー特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


これからの組織・事業を担う若手・中堅を育てる!セミナー特集

成果を出せる社員育成のために『日本の人事部』が厳選したセミナーをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


大前提はノーマライゼーション<br />
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む
new

大前提はノーマライゼーション
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む

2018年4月1日に施行された「改正障害者雇用促進法」で、法定雇用率の...


個の成長が企業の成長。そして、社会を変えていく力になる<br />
ニトリが全社員に「グロービス学び放題」永年プランを導入
new

個の成長が企業の成長。そして、社会を変えていく力になる
ニトリが全社員に「グロービス学び放題」永年プランを導入

日々の業務に熱心に取り組む社員の視野を広げ、より中長期的な目線でキャリ...