無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

自社社員をコンサルタントとして契約させたい

自社の社員について、他社の業績向上を目的としてコンサルティング契約(準委任契約)を締結させたいと考えております。

報酬については業績向上の度合いによって変動するような成果報酬型を導入しようと思っております。

そこでご質問です
①自社社員の給与について、こちらからの負担は0とし、成果報酬の金額を自社社員の給与とすることは
 可能でしょうか。

②上記①が可能な場合、自社からの負担が0となってしまった場合、最低賃金法に抵触するという事は
 あるのでしょうか。

投稿日:2021/01/27 09:08 ID:QA-0100200

jindaさん
栃木県/情報サービス・インターネット関連

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答5
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、御社の社員であり他社の業務といえども御社が契約に関わるという事であれば、御社と他社の会社間で業務委託契約を結ばれるべきといえます。

これを直接社員個人と契約させる件につきましては、労働法令上の責任を回避する為のある種脱法的な措置と判断されかねませんので、そのような疑わしき措置は避けるべきです。

投稿日:2021/01/27 10:27 ID:QA-0100214

相談者より

早速のご連絡を頂きありがとうございます。

契約については会社間でしっかり締結をしたいと考えております。会社間で業務委託締結をした場合ですが②にあるように最低賃金に抵触するといった事象は起きうるのでしょうか。(自社からの負担が0となるため)

投稿日:2021/01/27 10:40 ID:QA-0100220大変参考になった

回答が参考になった 0

人事会員からの回答

オフィスみらいさん
大阪府/その他業種

①本人が同意するのであれば可能です。

②準委任契約は雇用契約ではありませんので労基法、最賃法等の労働関連法は適用されません。

投稿日:2021/01/27 10:34 ID:QA-0100217

相談者より

ありがとうございました。参考にいたします。

投稿日:2021/02/03 13:21 ID:QA-0100473大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

対応

①②完全歩合・フルコミッション制は「社員」ではなくなりますので不可能です。対象者と販売代理店契約のような契約となり、雇用ではなくなります。
また社員が直接顧客と個人で契約することは無理でしょう。

投稿日:2021/01/27 10:38 ID:QA-0100218

相談者より

ありがとうございました。参考にいたします。

投稿日:2021/02/03 13:22 ID:QA-0100474参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

雇用関係から抜け出すのは無理

▼構造的ゼロ賃金では、雇用関係は成立しません。成果報酬の金額を自社社員の給与とする為には、一旦、会社名義の収入とし、改めて、本人に賃金として支払うという仕組みが必要です。
▼純粋な独立フリーランサーとして会社名義を借りる場合も、労働関係は成立しません。自社社員をコンサルタントとして契約させると言っても、雇用関係が存在する限り、収入を、会社を通さず、直接、本人のポケットに入れる仕組みは成立しません。

投稿日:2021/01/27 10:42 ID:QA-0100221

相談者より

ありがとうございました。仕組みつくりを改めて検討します。

投稿日:2021/02/03 13:22 ID:QA-0100475大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

再度お答えいたします

ご返事下さいまして感謝しております。

「会社間で業務委託締結をした場合ですが②にあるように最低賃金に抵触するといった事象は起きうるのでしょうか。(自社からの負担が0となるため)」
― 会社間での契約であれば、従来通り御社就業規則上の賃金規程に沿った給与の支払をされている限り、負担内容に関わらず直ちに最低賃金法に抵触する事にはなりません。

投稿日:2021/01/27 11:14 ID:QA-0100226

相談者より

度々のご質問にお答えいただきありがとうございました。以後検討を続けたいと思います、。

投稿日:2021/02/03 13:23 ID:QA-0100476大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート
自社の魅力度(アピールポイント)チェックリスト

採用を成功させるためには、自社の魅力を充分に伝え、入社への意欲を高める必要があります。しかし「自社の魅力」が分からないケースや過小評価していることも少なくありません。
ここでは自社の魅力を簡単に見極められるチェックリストを用意しましたのでご活用ください。

ダウンロード
休職規定

自社に休職についてのルールを定める際は就業規則に規定を盛り込む必要があります。こちらを参考にして自社の休職に関するルールを定めましょう。

ダウンロード
育成型人事考課を目指すためのリスト

成果主義人事考課の目的は報酬決定のためであり、成果に対して報いる制度です。一方、育成型人事考課は「成果をあげられる社員の育成」を目的としており、仕事ぶりとこれから強化したい方向性を確認し、共有する人事考課です。
ここでは育成型人事考課を目指すための項目をリスト化しました。

ダウンロード

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード